初心者におすすめ!マーケティングが学べる漫画7選

最終更新日: 2021/12/16 公開日: 2021/12/16

ビジネスを効率よく展開させるには、マーケティング戦略は欠かせないと言われています。

しかし起業したばかりの経営者や個人事業主の中には「マーケティングについて何から勉強し始めていいか分からない」といった悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

またマーケティングの基本についての参考書や入門本は沢山ありますが、どれを選べばいいか迷ったり、忙しくなかなか読む時間が取れないという方も多いことでしょう。

そこで、独学でマーケティングを学ぼうと考えている経営者や個人事業主の皆さまには、イラストや漫画で分かりやすく書かれている本などいかがでしょうか。

こちらの記事では

  • 漫画でマーケティングを学ぶメリットや注意点
  • 初心者におすすめのマーケティングが学べるビジネス漫画

についてご紹介します。

マーケティングを漫画で学ぶメリット

難しいマーケティングの知識を本当に漫画で理解できるのか、少々心配になりますよね。情報量の多さでは本にはかないませんが、漫画化されたもので学ぶことには数々のメリットがあります。

活字よりも長期記憶に残りやすい

記憶には、短期記憶と長期記憶の2種類があります。短期記憶は一時的な情報の置き場のため、何度か繰り返さないとその情報は短期間で破棄されると言われています。

それに対して長期記憶は、短期記憶が頭の中で感情を含んで何度も繰り返す行為によって、比較的長い期間保持されるということです。

漫画は起承転結のあるストーリー展開で、イラストを交えながらシーンに合ったセリフを読みます。

つまり「ストーリー・イラスト・セリフ」で構成されている漫画は、活字だけの本とは違いほぼ完璧な情景を作り上げることできます。

それゆえ通常であれば、すぐに忘れてしまうような内容でも長期記憶として残りやすいので、マーケティングに活用しやすいです。

情報伝達力も高い

記憶効果が高いことに加えて、漫画は情報の伝達効果も本に比べて高いと言われています。活字が多い文章は、頭の中で想像しながら理解することになります。

漫画は「読む」というより「見る」ことで情報を受け取るため、著者が伝えたいことがビジュアルで伝わりやすく、早く理解できるというメリットがあります。

時短で概要を理解できる

漫画は文字数に制限があるため、要点がまとめて書かれていることもあり、活字の本を読むより短い時間で概要を理解しやすいです。

難しい内容や活字の量が多い本は、集中力と根気に加えて読むための時間の確保も必要となります。

漫画ではストーリー仕立てで具体的なイメージも持ちやすいので、忙しいビジネスパーソンでも短い時間で概要を把握できることも利点の一つです。

マーケティングが学べる漫画おすすめ7選

マンガ形式のストーリーを交えたビジネス書シリーズはいくつか存在します。

ご紹介するどの作品も、イラストだけでなく文章での解説や図も用いられている構成となっていて、マーケティングを学ぶ初心者でも分かりやすい内容が魅力です。

『マンガでわかる 新しいマーケティング 一人の顧客分析からアイデアをつくる方法』

「顧客起点」の基本的な考え方と実践方法が、初心者でも分かりやすい解説文付きで学べる漫画です。

業界の第一線で活躍する著者の経験や、誰もが陥りがちな失敗事例とアドバイスなども書かれているため、実用書としても役立つでしょう。

「いいアイデアが思い浮かばない」「売れない理由がわからない」という人はとても勉強になるはずです。発売は2021年9月で、マーケティングが学べる漫画の中では最も新しいです。

  • 出版社:池田書店
  • 著者:西口 一希
  • 総ページ数:207ページ
  • 定価:1,430円(税込)
  • 出版年月日:2021/09/13

『マンガでわかる デジタルマーケティング』

インターネットを使った情報収集が日常の現代では、デジタルマーケティングの理解を深めることも大切ですよね。

知っているようで知らないデジタルマーケティングについて、概要から実践するためのノウハウまで学べる1冊。現役マーケターによる、すぐに使える知識が満載です。

デジタルマーケティング初心者だけでなく、企業のWeb担当者やスキルアップを目指すマーケターにもおすすめです。

  • 出版社:池田書店
  • 著者:西井 敏恭
  • 総ページ数:206ページ
  • 定価:1,320円(税込)
  • 出版年月日:2020/09/28

『マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 ―Webマーケッター瞳の挑戦!』

最新のデジタルマーケに対応した改訂版としておすすめしたいのがこの『マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 ―Webマーケッター瞳の挑戦!』です。

2011年の初版からの漫画とストーリーに沿ったもので、内容を近年のデジタルマーケティングに対応してあります。

Webマーケティングの本質が丁寧な説明で書かれていて、基本用語の解説や、著者の実体験やインタビュー取材に基づく実践的なノウハウまで分かります。

Webマーケティングの入門書として、読みやすく非常に優れていると口コミの評価も好評です。

  • 出版社:インプレス
  • 著者:村上 佳代
  • 総ページ数:296ページ
  • 定価:1,980円(税込)
  • 出版年月日:2017/02/17

『マンガ これ、いったいどうやったら売れるんですか?』

10万部突破のロングセラー著書『これ、いったいどうやったら売れるんですか?』が漫画化されたものです。

伝説のカリスママーケターの元に弟子入りしたOLが、数々の難題を解決しながら、ヒット商品を生み出していくストーリーになっております。

マーケティングの知識を使ってモノがどう売れるのかが分かりやすく描かれています。

本では理解しにくい部分も、漫画化されたことでイメージができ読みやすいため、本と漫画をダブルで活用している人もいるそうです。

「コモディティ化とは?」「顧客生涯価値ってなに?」など漫画だけでなく用語の解説なども多く盛り込まれています。

  • 出版社:SBクリエイティブ
  • 著者:汐田まくら・永井孝尚
  • 総ページ数:144ページ
  • 定価:1,430円(税込)
  • 出版年月日:2018/02/21

『マンガでやさしくわかるマーケティング』

主人公の女性が実家の饅頭屋を立て直すために、マーケティングを駆使しながら奮闘していくあらすじです。

マーケティングの基本ともいえる戦略の立て方、4Pの組み立て方などが1冊にまとめられているため社内でも紹介しやすいです。

すでにマーケティングを理解している人には、新しい学びというより整理をするために活用できるでしょう。

これからマーケティングを体系的に学びたい初心者には、入門書として最適な1冊となるはずです。

  • 出版社:日本能率協会マネジメントセンター
  • 著者:安田貴志
  • 総ページ数:207ページ
  • 定価:1,650円(税込)
  • 出版年月日:2014/03/19

『マンガでやさしくわかるコトラー』

フィリップ・コトラーはマーケティング界の第一人者で、マーケティング戦略構築の基本は彼の理論と言われています。

また「マーケティングの神様」、「近代マーケティングの父」とも呼ばれ、著書である『マーケティング・マネジメント』は多くのビジネスパーソンのバイブルと言っても過言ではないでしょう。

コトラーの功績の1つは、「マーケティング」を体系化したことですこの1冊は、コトラーのマーケティング理論の本質について、電動バイクベンチャー企業を舞台にしたストーリー仕立ての漫画で分かりやすく学べます。

マーケティングの基本だけでなくコトラー理論についても知識を深めたい人には特におすすめです。

  • 出版社:日本能率協会マネジメントセンター
  • 著者:安部 徹也
  • 総ページ数:252ページ
  • 定価:1,650円(税込)
  • 出版年月日:2015/02/27

マーケティングを漫画風ストーリーにした『沈黙のWebマーケティング』も人気

完全に漫画化はされていませんが、Webマーケティングの極意を「マンガ風ストーリー」で学ぶことができる『沈黙のWebマーケティング』も人気です。

こちらも初心者向けにWebマーケティングの考え方やノウハウを解説しています。Webマーケッター「ボーン・片桐」が活躍する、ユーモアあふれるマンガ風のストーリーと、理解を深めるための解説記事を交えた構成になっています。

2015年の初刊から、5年の時を経て解説部分の内容が最新の情報にアップデートされています。どのようにして商品の「価値」を「人」に伝えていくか、適切な導線づくりを学ぶことができることでしょう。

  • 出版社:エムディエヌコーポレーション
  • 著者:松尾 茂起・上野 高史
  • 総ページ数:496ページ
  • 定価:2,420円(税込)
  • 出版年月日:2020/09/24

電子書籍を利用する際の注意点

ご紹介した漫画のほとんどが電子書籍でも購入できます。電子書籍はすぐに購入できますし、持ち歩いたり保管するスペースも不要という利点があります。

しかし、マーケティングのビジネス漫画は解説の部分など文字が小さめのものが多く、電子書籍リーダーによってはスマートフォンでは読みにくいという口コミもあります。

「タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適している」という注意書きがある漫画もありますので、電子書籍で購入をされる際はご注意ください。

最後に

ご紹介したおすすめの漫画に共通しているのは、マーケティングを学び始めた初心者には分かりやすく漫画と文章、図を使って解説してあることです。

すでにマーケティングを勉強している人がより知識を深めるために使うよりは、初心者向けの入門書、基本知識の整理のための本、としてとらえるのが無難でしょう。

弊社でもマーケティングの本質を学べる無料の講座をご用意しております。オンラインで参加できるため、ビジネスの拡大に向けてマーケティングを学びたい方はぜひお気軽にお声がけください。

最終更新日: 2021/12/16 公開日: 2021/12/16