ポリヴェーガル理論とは?なぜ人は挑戦ができなくなってしまうのか?

最終更新日: 2021/11/29 公開日: 2021/09/20
  • 「新しいことに挑戦したいという意欲が湧かない」
  • 「新しいことにチャレンジするのが怖い」
  • 「ポリヴェーガル理論が腑に落ちない...」

このように思っていませんか?

今回の記事をお読みいただくと、ポリヴェーガル理論のことを深く理解でき、また「挑戦しない自分はダメ」「生まれつきコミュニケーション能力が低いんだ」と思っている方はとくに、その思い込みがなくなります。

ポリヴェーガル理論は、3つの神経系があると提唱された理論のことで、どの神経系が優位になるかで人間は、コミュニケーション能力や挑戦意欲が変わってきます。

ポリヴェーガル理論とは?

ポリヴェーガル理論とは、生物などの研究を行っているアメリカのスティーブン・ポージェス博士が1995年にアメリカの学会で提唱した理論で、自律神経系の発達について、人間の自律神経は3つの神経枝に分かれているといわれています。

図:ポリヴェーガル理論

副交感神経の迷走神経には、「腹側迷走神経」「背側迷走神経」の二つの枝があります。また、この二種類は生命の進化でまったく違う段階で出現し、まったく違う役割を担っていると提唱されています。

ポリヴェーガル理論は、「多重(ポリ)迷走(ヴェーガル)神経理論」ともいわれており、よくトラウマの治療やPTSD(心的外傷後ストレス障害)の患者の療法などに用いられる理論です。

セラピー業界や欧米で旋風を巻き起こしたとも言われています。

つまり、トラウマを解消して神経系のバランスを取り戻し、心身ともに健康になり安心して生きていくことを目的とした理論です。

腹側迷走神経

腹側迷走神経は、交感神経系と副交感神経系のバランスを整えている重要な神経ともいわれており、お腹側かつ横隔膜の周辺に位置している副交感神経です。

人間は、ストレスを感じると人との繋がりを求めたり、誰かに助けを求めたり、相手と交渉をしたりします。人と人が繋がりを持つ時は、表情や声のトーンをコントロールする際に、この腹側迷走神経が優位になっているということになります。人間が古来から進化していく段階で獲得した最も新しい神経です。

この神経が優位になることで、リラックスした状態をもたらしています。つまり、この腹側迷走神経が優位になると、心拍数が安定し、呼吸も穏やかになり、人間関係が良好になっていきます。

このことから、社会交流神経系(Social Engagement Neuro Platform)とも呼ばれています。

交感神経→背側迷走神経

上記のように人との繋がりがうまくいかなかったり、問題が解決しない出来事が続くと、次は“交感神経”が優位になってしまい、このストレスと「闘う?逃げる?」と興奮した状態へと神経モードが切り替わってしまいます。

普段、イライラしたり不安なことを感じている時は、この“交感神経”が優位になってしまっているということです。

このイライラや不安が続くと“交感神経”が更に、優位になってしまい次は「背側迷走神経」が優位になってしまう状態になります。

背側迷走神経は、普段の睡眠や身体の休息に関する神経で、日常では心と身体のエネルギーを回復する際に優位になります。iPhoneなどで、充電が少なくなってくると“省エネモード”に切り替わるようなものです。

しかし、普段仕事を頑張り過ぎたり、睡眠時間が足りていなかったり、身体の危機や絶体絶命の危機に置かれた場合は、この神経が過剰になり過ぎてしまいます。過剰になり過ぎてしまうと「無表情・無感情」といった状態に陥ってしまいます。

「頭がぼーっとする」「何もしたくない」「何も感じない(楽しくない)」といった“省エネモード”が過剰に働いてしまっている状態です。

人はなぜ挑戦できなくなるのか?

上記の項目で解説したように、ストレスなどを感じたり、ビジネスで交渉した時にうまくいかなかった場合「逃げる?戦う?」という交感神経モードになってしまいます。

更にうまくいかなくなると「背側迷走神経」が優位になり、人間は動けなくなってしまい、これを「不動化」といいます。

人間だけではなく、生物も同じような神経の働きをします。例えば、自然界で生きている生物達は、生命の危機(絶体絶命の場面)に遭遇した時に“死んだふり”をする生物がいます。

これは、人間と同じでビジネスの交渉場面で逃げることも戦うこともできない時と同じで生存戦略の「不動化」モードに切り替わり動けなくなってしまうのです。

この状態になってしまうと思考力も低下してしまうと言われており、人間は「挑戦」ができなくなります。

各生物の生存戦略

生物は、それぞれの進化過程によって適切な神経が働くので、持っている生存戦略を使い分けます。

主な神経系生存戦略
爬虫類(ワニ・トカゲ)副交感神経系
(背側迷走神経)
死んだふり
硬直
哺乳類(ウマ・キツネ・ゾウ)交感神経戦闘・迷走
高等哺乳類(ヒト)
霊長類(サル)
社会交流神経系
(腹側迷走神経)
シャットダウン
硬直
不動化
図:各生物の生存戦略

※高等哺乳類とは、進化の程度がより進んでいる生物のこと。

必ず、生物は表に記載している生存戦略を使うということではありません。生物は適応力が優れているので失敗したときは、別の神経を利用して生き延びる方法を選定しています。

ビジネスで活かす方法

ポリヴェーガル理論を理解したうえで、ビジネスで活かす方法を解説していきます。

コミュニケーション力

腹側迷走神経を優位な状態を保つことができると、人間は顔の表情や声のトーン(抑揚)に現れます。

そのため営業の方や接客業の方など、コミュニケーション力、プレゼンテーション力を求められている人にとっては、腹側迷走神経を優位にすることが重要になってきます。

普段コミュニケーションが苦手な方や、上司に伝達がうまくできない自分は「ダメな人間だ」と落ち込むことはありません。

ポリヴェーガル理論のように、腹側迷走神経が優位になっていれば誰でも可能ということです。この神経系の働きを知り、活かすことができるとコミュニケーション力が求められるビジネス界において成功する鍵となります。

社員を「不動化」させていないか

経営者の方や、上司の方で会社全体で「不動化」は起こっていないか確認してみましょう。

例えば、社員の関係で部下が意見を伝えても、受け止めてくれなかったり(交渉)または、そもそも聞いてもくれない人間関係ではないでしょうか。

部下は上記の場面があると、「上司は変えられない(逃げる)、意見を言ってみたが潰される(戦う)」となり「何をしてもダメだ、何をしても変えられない(背側迷走神経が優位)」となってしまい「不動化」が始まってしまいます。

職場で“背側迷走神経”が優位になってしまう関係があると、社員は思うような成果が発揮できなくなり、優秀な営業マンさえも不動化モードに入ってしまう可能性があります。

  • 不合理な頼みごと(とりあえずこれをやれ!)
  • 新人に高すぎる目標設定
  • 社員全体でコミュニケーションを取る場面が極端に少ない(交流が全くない)

上記のような関係が続いてしまうと、不動化が進んでしまい「挑戦できない社員」「動けない社員」が増えてしまうということです。

神経科学からわかるように、“背側迷走神経”ではなく“腹側迷走神経”を優位にすることで、社員を挑戦する神経を刺激して新しいことへのチャレンジを促すことができます。

まとめ

ポリヴェーガル理論とは、自律神経系の発達について、従来は「交感神経」「副交感神経」の2つだといわれていたところ、スティーブン・ポージェス博士人間の自律神経は3つの神経枝に分かれていると提唱しました。

  • 腹側迷走神経
  • 交感神経
  • 背側迷走神経

この3つの神経のなかで、どの神経が優位になるかでビジネスにおいてのパフォーマンス力や「挑戦したい」という思考が湧いてくるかが変わってきます。

「挑戦ができない社員が多い」「自分はコミュニケーション能力が低い」と思っている方は、腹側迷走神経が優位になっていないことで不動化(硬直)してしまっているだけです。

背側迷走神経を優位にしない働き方を取り入れて、ビジネスで最も重要なコミュニケーション力を活かすことができれば、自社の売り上げはもちろん、新しいことへチャレンジしている自分になれます。

最終更新日: 2021/11/29 公開日: 2021/09/20
UPW202207 UPW202207