キャンペーンで集客率を上げる!すぐにできる集客キャンペーン7選

最終更新日: 2021/11/30 公開日: 2021/11/30

「集客率を上げるための施策は何をすればいい?」
「簡単にできる集客キャンペーンはある?」
とお悩みの方も多いでしょう。

集客キャンペーンは適切に行えばメリットが多いですが、方法を間違えると売上が下がってしまうこともあるので注意が必要。

そこで今回はすぐにできて効果が期待できる集客キャンペーンを7つ紹介します。

キャンペーンを行う際の注意点もあわせて解説しているので、お店の集客に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

集客キャンペーンを行うメリットとは?

キャンペーンで集客率を上げる!すぐにできる集客キャンペーン7選-2

集客キャンペーンは一般的に売上アップを目的に行われますが、ほかにも下記のようなメリットがあるでしょう。

  • 新規開拓に役立つ
  • リピーター獲得に役立つ

では2つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

新規開拓に役立つ

キャンペーンを行うことで、新規顧客の獲得に役立つでしょう。

たとえば、魅力的なキャンペーンを開催すれば競合の顧客がブランドを乗り換える可能性があります。

また、商品やサービスに魅力は感じていても価格的に躊躇していた顧客の獲得も見込めるでしょう。

さらにキャンペーンをキッカケにプロモーションの範囲を拡大することで、ブランドの認知度を大きく広げることも可能です。

リピーター獲得に役立つ

定期的なキャンペーンの開催は、商品やサービスのリピーター獲得に役立ちます。

新規顧客獲得も重要ですが、すでにいる顧客に何度も商品やサービスを購入してもらうことは、経営の安定化につながるでしょう。

そのため、キャンペーンを行う際は初回キャンペーンなど新規顧客獲得を目的としたものだけでなく、既存顧客向けのクーポンやイベントもあわせて行うのがおすすめです。

すぐにできる!集客キャンペーン7選

キャンペーンで集客率を上げる!すぐにできる集客キャンペーン7選-3

集客キャンペーンはコストをかけすぎず、すぐに行うことができるものを選ぶのがおすすめ。

今回は7つのキャンペーンを紹介します。

  • 割引やセール
  • ノベルティなどのプレゼント
  • ポイントアップやくじ引き
  • 体験キャンペーン
  • SNSキャンペーン
  • 期間・数量限定キャンペーン
  • 初回キャンペーン

複数のキャンペーンを組み合わせたり、タイミングを見計ったりして、キャンペーンを有効に活用してみてください。

割引やセール

商品の割引やセールの開催はもっとも一般的なキャンペーンの一つで、集客率がアップしやすいと言えるでしょう。

割引などのセール開催は新規顧客はもちろん、既存顧客にも来店を促すことができます。

頻繁に開催するとお得感も少なくなるだけでなく、コストもかかるので、季節の変わり目やイベントなどの時期に合わせて行うのがおすすめです。

ノベルティなどのプレゼント

ショップのオリジナルグッズなど、お店では購入できないノベルティのプレゼントは希少性を高めることができるでしょう。

たとえば「◯円以上の購入でノベルティをプレゼント」などのキャンペーンは集客だけでなく客単価アップも見込めるのでおすすめ。

また「シールやポイントを集めるとプレゼントがもらえる」というキャンペーンは、収集欲を掻き立てるので有効です。

何度も来店を促すことでリピーター獲得にもつながるでしょう。

抽選カードやくじ引き

抽選カードやくじ引きなどのキャンペーンは「豪華な景品が当たるかもしれない」というワクワク感につながるので、集客アップにつながるでしょう。

抽選カードの場合、ある一定の期間に来店した顧客に番号の書かれたカードを配布し、後日当選番号を発表するのが一般的です。

ビンゴカードを渡して、後日複数の数字を発表するという方法もあります。

くじ引きの場合は当たりが入ったくじを引いてもらう方法や、ガラガラと回す抽選器を使用するのがおすすめ。

ただし頻繁に開催するとコストがかかるので、周年記念など特別な時期のみに行うようにしましょう。

体験キャンペーン

体験キャンペーンは商品のサンプルを配布したり、サービスを体験してもらう方法です。

とくに化粧品や食品の場合は「試してから購入したい」と考える方も多いはず。

無料サンプルは実際の商品を試せるので、商品購入への障壁を取り除くことができます。

またサービスを提供している場合は、初回無料体験や一定期間無料などのキャンペーンを行うと新規顧客を獲得しやすいでしょう。

SNSキャンペーン

商品やサービスのターゲット層にもよりますが、SNSを活用したキャンペーンは新規顧客獲得とともにプロモーションも行うことができるでしょう。

「特定のハッシュタグをつけて投稿すると抽選に参加できる」「SNSに口コミを投稿するとプレゼントがもらえる」などのキャンペーンを行う企業や店舗も増えています。

10代〜30代のほとんどがSNSを利用しているなか、SNSを活用して口コミを探すユーザーも増加。

商品やサービスを実際に利用した方の意見を見て、購入を考える方も多いのです。

期間・数量限定キャンペーン

期間や数量を限定したキャンペーンは顧客の購買意欲を高めることができるでしょう。

たとえば「先着◯名様限定」「限定◯個販売」など、期間や数量を限定すれば購入を迷っていた顧客の背中を押してあげられます。

ただし「買わないと損!」「すぐに購入してください!」と煽りすぎないよう注意。

かえって顧客の購買意欲を下げてしまったり、ブランドイメージに傷がついたりする可能性があるため、気をつけてください。

初回キャンペーン

初回キャンペーンは商品を初めて購入する方、サービスを初めて利用する方を対象にしたキャンペーンです。

「初回◯%オフ」「初回◯円引き」など、商品やサービスへの敷居を低くすることで、新規顧客獲得に役立ちます。

初回キャンペーンは商品やサービスを知り、満足してもらうのが目的なので、試しやすい価格設定にするのがおすすめです。

集客キャンペーンの注意点

キャンペーンで集客率を上げる!すぐにできる集客キャンペーン7選-4

集客キャンペーンを行うときは、下記の2つのポイントに気をつけましょう。

  • 値引きのしすぎはイメージダウンにつながるので注意!
  • スタッフの業務量にも気をつける

ではそれぞれの注意点について詳しく解説します。

値引きのしすぎはイメージダウンにつながるので注意!

集客キャンペーンは敷居を低くするために行われますが、低くしすぎてはいけません。

というのも頻繁にキャンペーンを行うと、ブランドに対して「安っぽい」というイメージを持たれてしまう可能性があるからです。

また通常価格で購入した顧客が頻繁にセールキャンペーンを見ると「通常価格で購入して損した」と思われるケースもあります。

するとセールやキャンペーンの期間しか商品やサービスが売れない、という結果になることも。

ブランドの品位を保つためにも、キャンペーンを打ち出しすぎないよう気をつけましょう。

スタッフの業務量にも気をつける

集客キャンペーンにはコストがかかると同時に、スタッフの業務量も増えてしまいます。

たとえばセールを開催すればセールの準備をはじめ、セール期間中に増えた来店客の対応など、普段よりも業務量が増加することが考えられるでしょう。

キャンペーンを開催する頻度が増えれば、その分スタッフの負担が増えるため、スタッフに無理をさせていないかチェックする必要があります。

また「セール期間中は時給をアップする」「手当を支給する」などの対応をすれば、不満が生まれにくいでしょう。

集客を行うならマーケティングの本質を知る必要がある

キャンペーンで集客率を上げる!すぐにできる集客キャンペーン7選-5

経営を安定させるためには、集客キャンペーンだけでなく、課題を分析して施策を行いPDCAを回していくことが重要です。

そのため経営者が自らマーケティングの知識を学び、常に正しい判断をできるようにしておく必要があるでしょう。

「マーケティングを一から学習する時間がない」という方も多いかもしれません。

そういった場合はマーケティングの本質を重点的に学ぶのがおすすめです。

ラーニングエッジ株式会社が開催している「三方よし」マーケティング特別セミナーは、たった3時間でマーケティングの本質を学ぶことができます。

無料で参加できるので、ぜひ申し込んでみてください!

まとめ

キャンペーンで集客率を上げる!すぐにできる集客キャンペーン7選-6

集客キャンペーンは手軽に行える集客法です。

プロモーションの幅を広げたり、魅力的なキャンペーンを開催したりすることによって、新規顧客やリピーターの獲得に役立ちます。

ただし値引きのしすぎはコストが増えるだけでなく、ブランドのイメージを傷つけてしまう可能性があるので注意してください。

マーケティングの基礎知識を身につければ、的確な判断ができるようになるため、ぜひ無料体験セミナーに参加してみましょう。

最終更新日: 2021/11/30 公開日: 2021/11/30
UPW202207 UPW202207