ワーケーションの持ち物10選!快適な仕事環境は自分で作る!

最終更新日: 2021/09/25 公開日: 2021/09/25

リモートワークやテレワークが普及している現在、ワーケーションに興味を持つ人が増えてきています。

旅行しながら働くなんて理想のような働き方のように思います。

でも、いつもとは違う場所で働くと別の悩みも出てくるのも事実。

「ワーケーションに来たは良いが、仕事で必要なものを持ってきていなかった。」

「ワーケーションはどんなものを持って行けばよいのだろうか。」

初めてワーケーションを予定している人やワーケーションに興味がある人が一度は持つ悩みですね。

この記事では、ワーケーションをする際に必要な持ち物を10個に絞って紹介します。

ワーケーションは普段の旅行よりも荷物が増えると予想されるので、荷物を減らすコツも解説します。

人によって使いやすさの違いや、仕事内容、ワーケーションの場所や期間が異なりますが、基本部分は同じなのでぜひ参考にしてください。

ワーケーションに必須の持ち物

white gadget

ワーケーションの持ち物で必須のものは、仕事上確実に使用し、無い場合は仕事の遂行に支障が出るものを5つ集めました。

会社や自宅で使用しているものをそのまま持って行くことは難しいこともあるので、持ち運びしやすく、使いやすいものを選びましょう。

ノートパソコン

ワーケーションではオンラインで仕事をするので、ノートパソコンは欠かせません。

持ち運びをするので、軽くて丈夫なもの、そして自分が使いやすいノートパソコンを選ぶと良いでしょう。

具体的にワーケーションにおすすめのパソコンの条件は、以下の6点です。

  • 重量は1.2kgまで
  • CPUはCore i5以上
  • メモリは8GB以上
  • SSDは256GB以上
  • バッテリーは10時間以上
  • スクリーンは13~14インチ

これらの条件を満たすパソコンでは、Microsoft Surface Laptop GoApple Mac Book Pro (13インチ)が代表的です。

重いと持ち運びづらいですが、軽くてもスペックが悪ければ仕事ができません。

また、画面の大きさやキーの位置などの変化で使い心地が変わります。もし新しく購入するなら家電量販店で自分に合っているかを試すと安心です。

マウスとマウスパッド

マウスとマウスパッドは作業効率を上げるために必要なものです。

ノートパソコンにはタッチパッドがついていますが、少し使い勝手が悪いですね。

どうしても荷物を減らしたいと思わなければ、重くないものなので持っていきましょう。

マウスも家電量販店で自分の手にフィットするものを選ぶのがおすすめです。

充電ケーブル

カフェで1日のみ仕事をするなら充電ケーブルは必要ありませんが、ワーケーションは何日かホテルなどで滞在するなら充電ケーブルが必要です。

パソコンの充電がなくなると仕事になりませんので、荷物に入れることをおすすめします。

スマホの充電器は、貸し出しをしているホテルもあります。

あらかじめホテルに問い合わせておくと安心です。

モバイルバッテリー

普段から持っている人も多いですが、モバイルバッテリーはスマホ用に持っておきます。

メールの確認、電話、オンラインミーティングなど、パソコンよりも使用頻度が高くなることが多いからです。

スマホのバッテリーはすぐに減ってしまい、必要な時に使えなくなる不安を解消しましょう。

バッテリーの容量が多いと重く大きくなりかさばる可能性があるので1日の使用頻度を鑑みて選ぶ必要があります。

ノイズキャンセリングイヤホン

ノイズキャンセリングイヤホンはオンラインミーティングをする時や周りの雑音が気になる時に使います。

最近はヘッドフォンタイプでもコンパクトに収められるものも売られているので、自分の使いやすいものを選ぶと良いですね。

ワーケーションにあると便利な持ち物

red gadget

この章では、ワーケーションにあると便利ですが、無くても困らないものを5つ紹介します。

ちょっとしたことで集中がそがれないように事前準備をしておきましょう。

ポケットwifi

たいていのホテルには無料のwifiが通っていますが、電波が弱いこともあります。

また、一部のホテルやカフェではセキュリティのないwifiもあり、機密事項を扱うには危ないです。

自分が仕事をする場所にはどのようなwifiが通っているか事前に確認し、必要ならば持って行きましょう。

短期のワーケーションなら、ポケットwifiをレンタルすることも可能です。

2週間程度までのワーケーションのみで使用するなら月額契約よりもレンタルの方が安くなることが多いですので、各社の料金を比較して選んでください。

どんなときもwifi for レンタル」のデイリータイプなら月の上限金額も決まっているので使いすぎを防げますし、「Wifiレンタルドットコム」であれば宿泊先への発送も可能なので便利です。

パソコンスタンド

パソコンスタンドには、ノートパソコンを置いて姿勢を正しくする効果があります。

長時間ノートパソコンを使うと猫背になりやすく、肩こりにつながりますので、快適に仕事をするならあると便利なグッズです。

ディスプレイが高くなるので目線が上がり、楽にタイピングができます。

軽く薄めのスタンドが多いので、持っていてもかさばらないのも良いですね。

スマホスタンド

オンラインミーティングをする時にスマホを使うと、ずっと手で支えなければならなかったり、イヤフォンを付けるともたれかけさせることができなくなったりしますが、それを解消するのがスマホスタンドです。

両手が空くため、メモも取りやすいですね。

これから購入するなら、折り畳み式で充電しながら使えるスマホスタンドがおすすめです。

名刺

ステイ先で一緒にビジネスができる人と出会うかもしれないので、念のため名刺を持って行くことをおすすめします。

いつどこで仕事のチャンスが転がっているかわかりません。

チャンスを見つけたら逃さず掴みたいですね。

ミーティング用の服

ワーケーションは休日でもあるわけですが、ミーティングであまりにもラフな格好をするのは、他の勤務中の人たちにあまり良く思われない可能性があります。

ジャケットを1枚羽織るだけで印象が変わるので、荷物に入れておきましょう。

また、ホテルやカフェなどは夏場にクーラーが効きすぎることもあるので、長袖の上着があると体温調節がしやすいですね。

ワーケーションで荷物を減らすコツ

suitcase , laptop, camera, etc.

ワーケーションは旅行と仕事がセットになっているので、荷物が多くなりがちです。

そこで少しでも荷物を減らすためのコツを3点紹介します。

プリント類は全てクラウドサービスに保存する

仕事をするとプリント類がかさばりますので、紙類は極力持たないようにします。

社外秘など、他の人に見られたくない書類は持ち歩きたくないですね。

そこで、dropboxやGoogle Driveなどに保存をしておくことで書類の持ち運びを減らせます。

他の人とのデータ共有もできるので、提出物のやり取りも簡単です。

仕事をする場所のwifiの有無や強さを確認する

ホテルや仕事をする場所(カフェなど)によってはwifiがなかったり、セキュリティのないwifiだったりするので、必ずどのようなwifiが通っているか確認しましょう。

強さに関しては、zoom公式サイトによると、画質によって600kbpsから3.0mbpsの回線速度が必要です。

ただ、ホテルに回線速度を聞いても答えられる人は少ないので、確認するなら「zoomミーティングにwifiは使えますか?」のように聞くと良いですね。

ホテルのアメニティや貸し出し備品を確認する

ホテルのアメニティは公式サイトや予約サイトを見ると掲載されていることが多いですが、貸し出し備品も必要であれば問い合わせましょう。

ホテルによってはデザイン重視でデスクのない部屋もあります。

予約サイトなどの写真や口コミを見れば、ある程度の情報を得られますが、先にデスクの有無の確認、もしくは貸し出しの予約をしておくと安心です。

他にもスマホの充電ケーブルや延長コードなど、これらを借りることで荷物を減らすことができます。

服は必要最低限のみ持って行く

ワーケーションは仕事道具も持って行くので、荷物がかさばりがちです。

荷物の中で容量を占めるのが洋服になりますね。

1泊2日なら洋服も少なくてすみますが、期間が長くなるにつれ、洋服がどんどん増えていきます。

長期滞在型のホテルを選ぶと館内にコインランドリーもあるので、積極的に活用しましょう。

ホテル内の洗濯機は洗剤が自動投入されることが多く、洗剤を買う必要はありません。

もし館内になくてもたいていのホテルは近くのコインランドリーを案内してくれますよ。

ワーケーションの荷物は小さくまとめて快適な作業環境をつくりましょう!

旅行を楽しんで仕事もしてとなると荷物はどうしても多くなってしまいます。

何が必要で、どれが不要かよく吟味して荷造りをすることで、荷物を減らすことは可能です。

せっかくのワーケーション、効率的に業務を行い、あとは身軽に楽しみましょう。

最終更新日: 2021/09/25 公開日: 2021/09/25