不動産実務検定で軽減される不動産投資10のデメリット

不動産投資には様々なリスクがあります。ここでは、不動産実務検定で習得できる実務知識により軽減される不動産投資デメリットを紹介します。

不動産投資のデメリット

  1. 空室リスク(収入の減少)
  2. 家賃下落リスク(収入の減少)
  3. 金利上昇リスク(支出の増加)
  4. 火災・地震のリスク(資産価格減少)
  5. 老朽化に伴うリスク(支出の増加)
  6. 賃貸管理上のリスク(支出の増加)
  7. 不動産価格の下落リスク(資産価格減少)
  8. 換金性のリスク(現金化に時間が掛かる)
  9. 法的・制度的リスク(支出の増加・資産価格の減少)
  10. 企画リスク(支出の増加・資産価格の減少)

不動産実務検定で習得できる実務検定でリスク軽減!!

  1. 空室リスク(収入の減少)→ 満室経営ノウハウでリスクを軽減します。
  2. 家賃下落リスク(収入の減少)→ 入居者満足度を向上させるノウハウでリスクを軽減します。
  3. 金利上昇リスク(支出の増加)→ 金利上昇を事前にシミュレーションをして万が一に備えます。
  4. 火災・地震のリスク(資産価格減少)→ 損害保険の実務知識で必要十分な保険に加入して万が一に備えます。
  5. 老朽化に伴うリスク(支出の増加)→ 計画的な大規模修繕でリスクを軽減します。
  6. 賃貸管理上のリスク(支出の増加)→ 賃貸管理ノウハウや管理会社とのコミュニケーションの向上でリスクを軽減します。
  7. 不動産価格の下落リスク(資産価格減少)→ 満室経営を続けることで資産価格の減少リスクを軽減します。
  8. 換金性のリスク(現金化に時間が掛かる)→ 満室経営を続けることで早期売却できる状態を維持します。
  9. 法的・制度的リスク(支出の増加・資産価格の減少)→ J-RECのネットワークで最新情報を手に入れてリスクに備えます。
  10. 企画リスク(支出の増加・資産価格の減少)→ 不動産会社との関係を強化して時代に求めれるサービスを提供することでリスクに備えます。

 


まずはホームスタディー講座オンライン版を手に入れよう!!

不動産実務検定2級ホームスタディー講座

不動産実務検定2級ホームスタディー講座

東京大家塾を主宰する大友も講師として登場します。オンライン版はDVD版より価格が安く、しかもテキストの改定に合わせて動画も撮り直しになるのですが、最新動画も無料で視聴できます。その他、合格保証などの詳細はこちらです。

詳細はこちら

フォローするにはログインが必要です。
Cancel Cancel black

ログイン

新規登録

Emailで新規登録