Image

ハワードビーハー

スターバックスコーヒー元社長

Image

ハワードビーハー
フォローするにはログインが必要です。

スターバックスコーヒーカンパニーインターナショナルの元社長であり、「スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則」の著者です。

スターバックスで働き始めたのは、会社がアメリカ北西部地域の外で事業を始めたばかりの1989年のことです。当時はたった28店舗しかない小さな企業でした。

1995年にスターバックスコーヒーインターナショナルの社長に指名されたとき、当初は販売および業務担当副社長を務めていた小売業を28店舗から400店舗以上に拡大しました。

彼の指揮の下、スターバックスは1996年に東京に最初の店舗をオープンしました。この歴史的なオープニングに続き、その後3年間でアジアとイギリスにスターバックスブランドを導入しました。

彼は2年間の活動休止の後、2007年3月に引退するまで、スターバックスノースアメリカの社長としてスターバックスに戻りました。1996年から2008年まで同社の取締役を務めていました。

シアトル在住。

Cancel Cancel black

ログイン

新規登録