Image

ローレンスサマーズ

第71代アメリカ合衆国財務長官

Image

ローレンスサマーズ
フォローするにはログインが必要です。

ローレンス・ヘンリー・サマーズ(Lawrence Henry Summers)はアメリカ合衆国の経済学者、政治家。

16歳でマサチューセッツ工科大学(MIT)に入学、当初は物理学を専攻するが、1975年に経済学部に移る。また、MITディベートチームの会員として活動した。MIT卒業後、ハーバード大学大学院に進み、マーティン・フェルドシュタインの下で学び、1982年博士号を取得する。

28歳にしてハーバード大学教授に就任した俊秀として早くから名望が高く、当初は世界銀行チーフエコノミストとして活躍した。クリントン政権の第71代アメリカ合衆国財務長官(1999年 - 2001年)、オバマ政権の国家経済会議(NEC)委員長(2009年−2010年)などを歴任。

1970年16歳でマサチューセッツ工科大学(MIT)に入学する。当初は物理学を専攻するが、1975年に経済学部に移る。また、MITディベートチームの会員として活動した。MIT卒業後、ハーバード大学大学院に進み、マーティン・フェルドシュタインの下で学び、1982年博士号を取得する。かくして、MIT、ハーバード双方で教壇に立つ資格を得たサマーズは、1983年に、28歳の若さでハーバード大学史上最年少の教授となった。

Cancel Cancel black

ログイン

新規登録