Image

ロバートキヨサキ

"金持ち父さん貧乏父さん"著者

Image

ロバートキヨサキ
フォローするにはログインが必要です。

アメリカの投資家、実業家、セルフヘルプ著者、モチベーショナル・スピーカー、金融リテラシー活動家、時折金融コメンテーター。日系4世。

1997年に著書『金持ち父さん 貧乏父さん』を執筆。『金持ち父さん 貧乏父さん』は全世界で51カ国語に翻訳され、109カ国で紹介されている。『金持ち父さん』シリーズは、日本で累計300万部、全世界では累計2800万部を突破した。(2008年11月現在)多くの経営者、ビジネスマンからの評価も高く、若い内に読んでおいた方が良い書籍として推薦されている。

『金持ち父さんの投資ガイド 上級編 - 起業家精神から富が生まれる』でアメリカの経済はバブルであると警告し、日本のバブルやITバブルなどの事例を紹介、さらに電脳投資家集団の存在を上げ情報化時代には暴落は短期間のうちに起こると語っていた。そのあとも『金持ち父さんの予言 - 嵐の時代を乗り切るための方舟の造り方』やそのほかの本でも何度となくバブル経済、大暴落について著述している。しかし、キヨサキが借金までしてハワイの不動産投資で儲けたのは、日本のバブルマネーが1980年代後半にハワイに流入し、ハワイの不動産価格がバブルを迎えたからである。また、バブル崩壊に伴う情勢不安で戦争が起きることを示唆し、己の資産を守るためには銃器で武装することが一番であると語っている

『金持ち父さん』シリーズに範を取る「レガシー教育アライアンス」(Legacy Education Alliance [26])が、英語諸国・地域(米国、カナダ、英国、南アフリカ、香港など)の各地で大衆の個人財産管理に関する教育セミナーを行なっている。セミナーは無料であるが、詳しくはアライアンスが行なう各種の有料のコースがある。

Cancel Cancel black

ログイン

新規登録