Image

ビズストーン

Twitter共同創業者

Image

ビズストーン
フォローするにはログインが必要です。

2006年にエヴァン・ウィリアムズらと共にObvious Corpを設立し、行き詰まっていたOdeoを投資家らから買い戻す。その後、Odeoはソニックマウンテンに売却され、エヴァン・ウィリアムズやジャック・ドーシーと共にObvious Corpからスピンオフする形でTwitterを立ち上げる。ストーンの持分はわずか2%ほどだったが彼の人の良さを気に入っていたエヴァン・ウィリアムズは彼に共同創業者の肩書きを与えた。ストーンはTwitterの初期のデザインを手掛けている。

2011年6月、前年にTwitterのCEOを退いたエヴァン・ウィリアムズから新しいプロジェクトの誘いを受けTwitterを退社。

2017年5月、共同創業者で現Twitter社CEOのジャック・ドーシーから復帰を打診されフルタイムの社員として退社した2011年以来、6年ぶりの復帰が発表された。

2014年にエヴァン・ウィリアムズから誘われベンチャー・キャピタルのObvious Venturesに共同創業者として参加、俳優のレオナドルド・ディカプリオやセグウェイ創業者のディーン・カメンらと共にアドバイザーとなる。

熱心な慈善活動家として知られ特に動物福祉、環境保護、貧困、健康、教育などの問題を妻のリビアと共に設立したビズ&リビア・ストーン財団を通じて取り組んでいる。

資産は推定2億5000万ドル(約287億円)で、2007年に結婚した妻のリビア・ストーンと息子のジェイコブと共にカリフォルニア州 のマリン群に住んでいる。

Cancel Cancel black

ログイン

新規登録