Image

ジミーウェールズ

ウィキペディアを創った男

Image

ジミーウェールズ
フォローするにはログインが必要です。

アメリカ合衆国のアラバマ州ハンツビルに生まれる。アラバマ州オーバーン大学卒業後、シカゴにある先物オプション企業にディーラーとして勤務。退社後、ティム・シェルとBomisを創業。その後、インターネットのウェブ上で展開する百科事典プロジェクト「ヌーペディア」を始める。

しかし、ヌーペディアが厳しい査読制度をとっていて発展速度が遅かったこともあり、ヌーペディアの査読者であったラリー・サンガーの勧めに従い、ウィキを使って自由な執筆を可能にした新たな百科事典プロジェクト「ウィキペディア」を創設した。

2004年には、ウィキア社をアンジェラ・ビーズリーと設立、ウィキを使った商用コミュニティサイトの経営にも乗り出す。同年、ウィキメディア財団の運営により重心を置くことに決め、同年6月、Bomis CEO の座をティム・シェルに譲る。財団の理事が定足5名に達すると、理事会議長を兼任。その後2006年10月に退任し、名誉理事長となる。

2004年夏に、講演などのため、初めてヨーロッパを訪問。以後、世界各地で講演活動や第三世界での教育に関わるシンポジウム出席などを行っている。また現在はハーヴァード大学バークマンセンター客員研究員、クリエイティヴ・コモンズ理事など、フリーカルチャーに関係する他の機関にも名を連ねている。

2007年3月に来日し、公開インタビューや、ウィキアのプロモーションを行った。

Cancel Cancel black

ログイン

新規登録