【3つの方法で分かる】マーケティングで新規顧客を獲得する方法

最終更新日: 2021/08/26 公開日: 2021/06/12

「新規顧客を増やしたいけれど、具体的なやり方がわからない」

「新規顧客を増やして売上アップをめざしていたい」

新規顧客を集めるのに苦労している方は多いのではないでしょうか。新規顧客の獲得については正しい知識を学べば、獲得が可能です。この記事では、新規顧客を獲得し売上をアップする方法を学べます。

今回は、新規顧客を増やすための具体的な方法についてご紹介します。新規顧客を増やす手法にもいくつかの方法がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

新規流入を増やす3つの方法

新規流入を増やしたい場合に、どのようなアプローチ方法を思い浮かべるでしょうか。とにかく多くの人にアプローチするという方法を考える方が多いと思います。

具体的に新規流入を増やす方法には、3つの種類があります。具体的な例とともに、ご紹介しますのでぜひご覧ください。

そしてご自身でどの手法を使って、具体的にどんなアプローチができそうかを考えてみてください。(【新規顧客を取り込む】セールスファネルを簡単に作成する方法を事前に読んだ方は、内容が重複します。復習の意味でお読みください。)

新規流入を増やす3つの方法

宣伝広告や通常営業活動による新規(信頼ゼロからの新規獲得)
既存顧客からの紹介による新規(信頼が高い状態からの受注)
信頼のてこによる他社顧客の新規流入(他社の信頼を活用)

1.宣伝広告や通常営業活動による新規(信頼ゼロからの新規獲得)

一般的に広く知られている方法になります。宣伝広告や通常の営業活動によって新規顧客の獲得をしていきます。

会社に対するお客様の信頼がゼロの状態から、新規顧客の獲得を目指します。顧客を集めるのに、費用や時間を多く要するでしょう。

宣伝広告や通常営業活動による新規獲得の例

web広告
ポスティングチラシ
訪問営業
テレビCM

2.既存顧客からの紹介による新規(信頼が高い状態からの受注)

自社のサービスを利用している既存顧客から、新たな顧客を紹介してもらう方法。新規顧客は企業に対して、ある程度信頼が高い状態からの受注になります。そのため、企業側は顧客側への交渉や取引がスムーズに進んでいくでしょう。

また、既存顧客から新規顧客へ紹介をいただけることは、既存顧客が商品に満足している証拠です。紹介によって新規顧客が獲得できるようになったら、満足度の高い商品やサービスを提供できている指標になるでしょう。長くビジネスを続けていくためには、紹介による方法で新規顧客を獲得できるかがポイントです。

また、既存顧客からの紹介による新規獲得の方法は、「1.宣伝広告や通常営業活動による新規」と比較して、集客に集める費用や時間がかかりません。

3.信頼のてこによる他社顧客の新規流入(他社の信頼を活用)

他社に協力してもらって「信頼のてこ」による他社顧客の新規流入を目指す方法。他社に信頼を置いている顧客を、他社の信頼を活用して自社の新規顧客獲得を目指します。

信頼のてこによる他社顧客の新規流入を目指す際のポイントについては、以下の2点を参考にしてください。

信頼のてこによる他社顧客の新規流入のポイント

①自社の商品を必要としている人を考えること。
②どのような企業に協力してもらえば、新規顧客にアプローチできるかを考えること。

具体的な例を上げてご紹介します。あなたが健康推進のためのサプリメントを売っているとしましょう。サプリメントの新規顧客を取り込みたいと考えています。

あなたならどのようなアプローチ方法を考えるでしょうか。先ほどの信頼のてこによる新規流入を目指す際のポイントに従って、下記のように当てはめました。

信頼のてこによる他社顧客の新規流入のポイントの例

①自社の商品を必要としている人
→健康増進をしたいと思っている人
②どのような企業に協力してもらえば、新規顧客にアプローチできるか
→健康増進に励む人が行くであろうスポーツジムに協力を依頼する

例えばスポーツジムの企業に掛け合い、スポーツジム会員に向けてサプリメントを紹介してもらいましょう。お客様とサプリメントの会社に信頼はありませんが、お客さまとスポーツジムの間には信頼があります。そこから「信頼のてこ」により、新規顧客の獲得につながっていくでしょう。

新規流入を増やす3つの方法の事例紹介

実際に新規流入を増やす3つの方法を利用して、新規顧客を増やすことに成功した事例を2つご紹介します。

特に「3.信頼のてこによる他社顧客の新規流入について」は、異業種の企業との協力によって、成功すれば多くの新規顧客を取り込めます。

  • 【事例1】各団体へのセミナーを行ったホームページ制作会社の例
  • 【事例2】コーヒー会社と提携した印刷会社の例

【事例1】各団体へのセミナーを行ったホームページ制作会社の例

実際にラーニングエッジのセミナーで学ばれた方の例をご紹介しましょう。web系の会社を営む方の例です。セミナーで学んだマーケティングに従い、さまざまな組織や会員を持つ団体とコラボをしました。

具体的には、いろいろな団体にセミナーを行ったとのことです。その中である団体でのセミナーがうまく行き、セミナー講師としての定期的な集客に成功しました。

また各団体にセミナーを行うことによって得られる恩恵は、講演料をもらうだけではありません。セミナーに参加した方が、直接その方にホームページの制作依頼を頼むこともあるでしょう。セミナー後にweb制作などの直接の依頼をもらい、新規顧客の受注につながっていきます。セミナー講演をしながら講演費をもらい、新規顧客の受注にもつながっていくという素晴らしい例でしょう。

このセールスファネル(販売プロセス)を強固にし繰り返していった結果、大きな売り上げにつながったそうです。新しいセールスファネルができたことによって、費用をかけずに集客が可能になりました。

【事例2】コーヒー会社と提携した印刷会社の例

印刷会社がコーヒー会社に協力してもらい、「信頼のてこ」によって新規顧客の集客に成功した実例をご紹介します。

あるコーヒー店で会計の際に、印刷会社の割り引きクーポン券を配ってもらうようにしました。内容は、その印刷会社の利用時に200円が割り引きされるというもの。またクーポン券の裏にはQRコードが載っていて、会社情報を見ることができます。

例えば、ある人が仕事の昼休みにコーヒーを買いに来たとしましょう。コーヒーと印刷会社の割引クーポンを会社に持ち帰った人は、社内の必要そうな人にクーポン券を渡すことになるでしょう。

そして渡された人は仕事での印刷の案件を思い出し、印刷会社に頼んでみようと考えるかもしれません。そして、印刷会社の新規顧客になるでしょう。このようにコーヒー店の顧客が、信頼のてこによって、印刷会社の顧客に流入していきます。

まとめ

今回ご紹介したポイントを以下にまとめます。新規流入を増やす3つの方法は以下の通りです。

  • 宣伝広告や通常営業活動による新規(信頼ゼロからの新規獲得) 
  • 既存顧客からの紹介による新規(信頼が高い状態からの受注)
  • 信頼のてこによる他社顧客の新規流入(他社の信頼を活用)

3つの新規流入を増やす方法を知って、自分でどんなアプローチができそうか、具体的に考えてみてください。特に信頼のてこによる他社顧客の新規流入については、成功すると大きな顧客獲得につながります。

自社のマーケティング集中講座無料体験会では、さまざま理論を実例をあげながら学んでいくため、すぐに実践できるでしょう。マーケティングに必要な多くの理論を学び、活用できるようになりましょう。

最終更新日: 2021/08/26 公開日: 2021/06/12
UPW202207 UPW202207