企業必見!Youtube集客の方法|見込み客に視聴してもらうコツ

最終更新日: 2022/11/23 公開日: 2022/11/23

「YouTubeで集客するにはどうすればよい?」
「すでに動画をアップしているけれど、再生回数が少ない」
「集客に効果的な動画を作るポイントは?」

このようなお悩みを抱える経営者、担当者の方は多いのではないでしょうか。

自社製品やサービスの魅力は、テキストや写真だけでは伝わりにくいものです。YouTubeなら、動画と音声でわかりやすく伝えることが可能です。

しかし思うように動画が視聴されず、集客に難しさを感じる企業もあるでしょう。

とくにまだ知名度が低く、チャンネル登録者が少ないうちは、ユーザーが有益だと感じる情報でなければ、視聴してもらえません。

YouTube集客には見込み客に視聴してもらうための工夫、ユーザーが満足するコンテンツが必要不可欠です。

今回はYouTube集客で意識すべきポイント、成功のコツを解説します。この記事が、御社の集客成功の糸口になれば幸いです。

YouTube集客の心得

集客としてYouTube動画を活用するのなら、以下の2点を心掛けましょう。

  • 誰に向けた動画なのか明確にする
  • ユーザーのニーズを満たす情報を提供する

どのような人に向けた動画を投稿するのか明確にしましょう。ターゲットが曖昧な動画は、誰の心にも響きません。

YouTube集客では、アクセス数を増やすよりも、見込み客に視聴してもらうことが重要です。同時に、「視聴する価値がある」と感じてもらう必要があります。

「次の動画が気になる!」
「この企業はどのような商品、サービスを提供しているのだろう?」

視聴者をこのように惹きつけるよう意識してみましょう。

誰に向けた動画なのか明確にする

YouTubeに限らず、効率的に集客するにはターゲット選定が重要です。動画が誰に向けたものなのか、明確にする必要があります。

性別や年齢だけでなく、視聴する動機にも目を向けることが大切です。どのような経緯で動画の視聴にいたるのかまで設定すると、ターゲットに刺さりやすくなるでしょう。

ターゲットをこまかくを想定するのなら、ペルソナ設定が有効です。ペルソナとは、いわば架空の視聴者のこと。ターゲットよりも詳細に設定した1人の人物像を指します。

ペルソナの設定方法に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

ユーザーのニーズを満たす情報を提供する

YouTube集客を目的とした動画では、ユーザーのニーズに合った情報を提供しましょう。ユーザーが求めている情報が盛り込まれていなければ、最後まで視聴してもらえません。

「この動画は有益だ」と感じたユーザーは、SNSで拡散することもあります。ユーザーが求めている情報が得られる動画こそ、集客につながるのです。

YouTube集客の方法|見込み客に視聴してもらう4つのコツ

YouTube動画で集客効果を得るには、見込み客に視聴してもらうための工夫が必要です。

意識すべきポイントは、以下の4点です。

  • 動画タイトルに検索キーワードを盛り込む
  • 目を引くサムネイル画像の設定
  • 動画の長さを5~10分以内にする
  • 定期的に動画を投稿する

さっそく見ていきましょう。

動画タイトルに検索キーワードを盛り込む

YouTube動画は、内容だけでなくタイトルも重要。ユーザーは動画検索の際、YouTube上だけでなくGoogle、Yahoo!などの検索エンジンも利用するからです。

ユーザーが疑問を解決するために、どのようなキーワードを検索欄に入力するのか考えを巡らせ、タイトルを作成しましょう。

ユーザーが選ぶキーワードを意図的に使用することで、検索結果画面に表示されやすくなります。結果として自社の動画が目立ち、視聴されやすくなるのです。SEOに関しては後述します。

動画のタイトル付けのコツは以下のとおりです。

  • 検索キーワードを左側に寄せる
  • 動画の内容が伝わりやすいタイトルにする
  • 他の動画との違いを伝える

くわしく解説します。

検索キーワードを左側に寄せる

視聴者が検索欄に打ち込むキーワードを、動画タイトルに盛り込みましょう。これはSEO対策の一環です。

検索エンジンもYouTubeも横書きになっているため、キーワードを左側に寄せることでユーザーの目に留まりやすくなるでしょう。この方法はSEO対策として効果が期待できます。

SEO(検索エンジン最適化)とは、Googleなどの検索結果画面に上位表示させるための施策です。

タイトルだけでなく、概要欄にキーワードを入れることもSEO対策として有効です。

SEOに関しては、こちらの記事で紹介しています。ぜひご参照ください。

動画の内容が伝わりやすいタイトルにする

動画の内容が伝わりやすいタイトルも効果的です。タイトルを読むだけで内容がわかる動画は、視聴されやすくなります

動画タイトルには、ユーザーの「くわしく知りたい」という気持ちを後押しするような言葉を選びましょう。

他の動画との違いを伝える

自社の動画を選んで視聴してもらうためには、他の動画との差別化が大切です。

似たような動画があっても、「自分が観たい動画はこれだ!」と思ったユーザーは自社の動画をクリックしてくれるでしょう。

目を引くサムネイル画像の設定

YouTubeの動画を視聴してもらうために、ユーザーの目に留まりやすいサムネイル画像を設定しましょう。

サムネイル画像作成のポイントは、以下の2点です。

  • タイトル・動画内容に関連する画像を使う
  • 視聴者に伝わりやすい表情・表現を意識する
  • 視聴者の興味を引く画像・言葉を使用する

タイトル・動画内容に関連する画像を使う

ユーザーはタイトル、サムネイルから、動画の内容を予想して視聴するかどうか判断するもの。サムネイルには、タイトルと動画内容に関連する画像を使用しましょう。

もしタイトル、サムネイルと関連性の低い動画内容だった場合、視聴者は裏切られたような気持ちになります。動画から離脱し、以降の配信動画も見てもらえなくなるかもしれません。

視聴者に伝わりやすい表情・表現を意識する

人物の写真を入れる際は、わかりやすい表情がおすすめです。

たとえば驚いた表情の写真は、ユーザーの思い込みを訂正するような、意外性をつく動画内容に有効です。

失敗しないように注意喚起する動画内容であれば、泣き顔の写真などはいかがでしょうか。

視聴者の興味を引く言葉を使用する

サムネイルに使用する言葉は、できる限り簡潔にまとめましょう。

短い文章にすることで、読む速度と理解する速度が同じになり、伝わりやすくなります。動画を視聴するべきか判断しやすくなるため、ユーザーが期待する

結果、サムネイルのクリック率が高まります。

ユーザーの関心を惹きつける、キャッチーなコピーも有効です。

5~10分以内で見終わる動画を作る

YouTube集客には、動画の長さも重要です。関心のある内容がいつまで経っても紹介されない動画は、離脱される確率が高まります。

内容を詰め込みすぎると、何を伝えたいのかわからない動画になってしまいます。長く引き延ばすのではなく、ユーザーが求めている情報を早めに伝えることが大切です。

動画は1本につき、1つのテーマに絞りましょう。もし再生時間が長くなるのであれば、別の動画を作成して誘導する方法がおすすめです。

定期的に動画を投稿する

動画は定期的に投稿しましょう。自社の動画を気に入ってくれた視聴者は、次回の動画も楽しみにしてくれます。チャンネル登録してもらえます。

投稿頻度の目安は、少なくとも週1本。テレビ番組のように、同じ曜日や時間帯を揃えて投稿すると視聴者がチェックしやすくなります。

チャンネル登録者・再生回数を増やすための施策

YouTube集客においては、ユーザビリティ重視のコンテンツを提供することが最優先です。

チャンネル登録者、再生回数を増やすよりも、ユーザーが満足するような動画を投稿することに注力した方がよいでしょう。

とはいえ、まったく視聴してもらえない動画では集客できません。

ここでは集客を念頭に置いた上で、チャンネル登録者数、再生回数を増やすための施策を紹介します。

  • YouTube動画の再生回数の仕組み
  • YouTubeアナリティクスの活用
  • ショート動画機能を活用する
  • 再生リストを作る
  • 視聴者に高評価・コメントを残してもらう

くわしく見ていきましょう。

再生回数の仕組みを理解する

チャンネル登録者、再生回数を増やすには、クリックしてもらうように工夫することが大切です。

再生回数がカウントされる仕組みは、以下の3ステップです。

  1. 視聴者が動画のサムネイル・タイトルを発見する
  2. 視聴者が動画をクリックする
  3. 再生回数としてカウントされる

基本的には上記の3段階を経て、再生回数がカウントされます。

ただし注意事項があります。

投稿したアカウントで動画を何度視聴しても、再生回数には反映されません。YouTubeでは一定期間中、1つのアカウントでは1回しかカウントされない仕様になっているのです。この一定期間に関しては、公式では公表されていません。

またユーザーに依頼し、お金と引き換えに視聴してもらうことはYouTube規約違反です。動画の削除、チャンネル停止措置の対象となるため、注意しましょう。

≫YouTube利用規約|YouTube公式

YouTubeアナリティクスの活用

YouTubeアナリティクスとは、投稿した動画やチャンネルのアクセス解析ツールです。チャンネル登録者であれば、無料で活用できます。

YouTubeアナリティクスでは、以下のようなデータを数値として確認できます。

  • 視聴者の年齢・性別・地域
  • 動画までの流入経路
  • 最後まで再生された割合
  • アクセスされた時間
  • クリック回数

さっそく自社の投稿動画を分析し、どのような視聴者層が再生しているのかチェックしましょう。

YouTubeアナリティクスの使用方法に関しては、こちらの公式ヘルプページをご参照ください。

≫YouTubeアナリティクスの基本|YouTubeヘルプ

ショート動画機能を活用する

YouTubeには、最大60秒のショート動画機能があります。

ショート動画とはチャンネル登録に関係なく、ランダムに表示、再生される動画のこと。たくさんのユーザーの目に留まるため、自社の投稿動画の存在を知らない人にアプローチ可能です。

ショート動画機能に関しては、こちらのYouTubeショート動画公式ページをご覧ください。

≫ショート動画機能|YouTube CREATORS

公開再生リストを作る

再生リストを作成することで、関連性の高い動画として表示されやすくなります。

同ジャンルの動画を視聴するユーザー層は、類似しているもの。自社が投稿した他の動画に関心を持ったユーザーが、視聴してくれる確率が高まります。

再生リストは投稿動画数が少なくても作成可能です。作成方法はこちらの公式ページをご確認ください。

≫YouTubeヘルプ|YouTube Studioで再生リストを管理する

視聴者に高評価・コメントを残してもらう

動画の高評価、コメントが増えると視聴者のおすすめ欄に掲載されやすくなります。

視聴者からのコメントは、客観的な気づきを与えてくれます。評価してもらうことで、改善点を見出すきっかけにもなるでしょう。

動画の中で視聴者に「コメント・評価をお願いします!」と積極的に呼びかけることも効果的です。

YouTube集客を成功に導くコツ

YouTube集客を成功させるためのコツを紹介します。

  • 信頼感・知名度アップのために顔出しする
  • 複雑な内容にしない
  • 広告を貼らない
  • 2つの戦略を連携させる|マーケティング&ファン・顧客獲得

前述した施策とともに取り入れ、集客を成功させましょう。

信頼感・知名度アップのために顔出しする

企業の代表、担当者が動画に出演することで、視聴者の信頼感が得られます。ネットでは顔が見えないため、魅力を感じる商品、サービスだとしても購買を躊躇する人もいるでしょう。

顔出しは必須ではありませんが、顧客と対面して話しかけるような動画なら、商品、サービスの雰囲気が伝わりやすくなるでしょう。

顔を覚えてもらうことも、企業の知名度アップにつながります。

複雑な内容にしない

動画内容はターゲットによって異なりますが、わかりやすい伝え方が基本です。ターゲットのリテラシーに合った動画を作成しましょう。

できる限り専門用語を控え、簡潔に伝えることが、ファン獲得につながります。

動画の中で疑問を投げかけ、ホームページやランディングページに誘導する方法もあります。しかしユーザーの手間が増えると離脱される可能性が高くなり、思うように集客できないケースも考えられます。

動画を視聴するだけで解決できるように心掛けましょう。

集客用の動画には広告を貼らない

YouTubeには、広告を貼ることで収益が発生するシステムがあります。「集客と同時に広告収入を得ることができれば、一石二鳥!」という考えが浮かびますよね。

しかし動画の視聴中に広告が流れると、煩わしさを感じたユーザーが離脱する可能性が高まります。

YouTubeで集客を狙うのなら広告を控え、動画を最後まで視聴してもらえるように努めましょう

2つの戦略を連携させる|マーケティング&ファン・顧客獲得

YouTube集客に役立つ戦略方法は、以下の2つです。

  • 動画をマーケティングの一環として活用する
  • 動画コンテンツからのファン化・顧客を獲得する

これら2つは、連携することで効果を発揮する戦略です。どちらも動画ビジネスには欠かせません。

2つの戦略に関しては、こちらの記事で紹介しています。ぜひご参照ください。

YouTubeの動画サービス

YouTubeで集客した見込み客を顧客に育てるための手段の1つとして、他の動画サービスも検討してみてはいかがでしょう?

たとえばVimeo(ヴィメオ)という動画配信サービス。Vimeoは動画クリエイター、映画監督など、熟練した動画のプロが活用しているプラットフォームです。

Vimeoは動画再生中に広告が流れないため、スムーズに視聴できる点がメリット。有料の動画の販売も可能です。

以下のように、2つのプラットフォームを使い分けてもよいでしょう。

  • YouTube:見込み客の集客
  • Vimeo:自社の濃いファン向けのコンテンツ配信

Vimeoに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

今からでも遅くない!有益なYouTube動画で集客しよう

YouTube集客では、ターゲットが求めているコンテンツを提供することが重要です。

集客を目的とするのなら、アクセス数は二の次。視聴者を飽きさせず、有益な情報を発信し続けることが大切です。

YouTube集客は、今からスタートしても遅くありません。スマホの普及により、すき間時間が活用できる動画サービスは需要が高まっています。

さっそく紹介したポイントを取り入れ、ターゲットに自社のチャンネルを視聴してもらい、集客を成功させましょう!

セミナーズ通信

年商5億円を超えさらなるスケールアップを目指す経営者必見!
あなたのビジネスをスケールアップさせる集客と組織作り、
さらに、成功事例やここだけのお得な内容をお届け致します。

最終更新日: 2022/11/23 公開日: 2022/11/23
ワンデー講座
社長の教養
朝ライブ
社長の教養
朝ライブ
ワンデー講座 セミナーバナー

おすすめ記事

絆徳経営のすゝめ| 100年続く一流企業は、なぜ徳と絆を大切にす...

社長の教養|今こそ学びたい3つの教養「経営」「歴史」あと一つは?

三方よしとは?売り手良し、買い手良し、世間良しの事業事例を紹介

20回も繰り返し学び、そして実行し続ける草間 淳哉氏が語る MB...

今、読まれている記事

社長が最低限おさえておかなければならないマーケティング

2022年11月7日(月)

プレゼン前日の最適な睡眠時間は?やってはいけない行動を解説

2022年11月8日(火)

心理学のグループワークのメリットとは?デメリットを防ぐ方法も

2022年11月4日(金)

Twitterマーケティングの手法!4種類の手法を具体例で解説

2022年11月15日(火)

Instagramでブランディングを確立させる運用方法を紹介!

2022年11月21日(月)

資料ダウンロード

採用の悩みを解決する!

ヘッドハンティングを成功させるポイントをあの有名企業の実例をあげてわかりやすく解説しています。

院長先生におすすめ!

成功しているクリニックでは何をしているのか?どうしたら今の課題を解決できるか? その取り組み事例や成功事例をこの資料でお届けします。

カテゴリー

マーケティング 248
人事・組織 46
営業・販売 20
リーダーシップ 41
歴史・哲学 39
マネジメント 52
連載「飛躍の瞬間」 1
BIZ SPOT bantokupresent 2022