人材マネジメントが苦手な経営者必見!本質とコツを解説

最終更新日: 2022/06/06 公開日: 2022/06/06

「マネジメントが苦手」
「部下をうまくまとめられない」

このようなお悩みを抱える経営者、リーダー層の方は多いのではないでしょうか。

マネジメントという言葉が本来持つ意味は、組織的に目標達成を目指す仕組みを指します。経営や管理、部下に対する指示ではありません。

組織全体の成果をあげるためには、人材の育成が不可欠です。

この記事ではマネジメントの本質、人材育成のコツを紹介します。マネジメントに課題を抱える方は、ぜひ最後まで読んで生産性を向上するヒントにしてください。

マネジメントとは「組織に成果をもたらす機能・機関」

経営者やリーダー層に求められるマネジメント能力。しかしマネジメント本来の意味を誤解している方が多いのではないでしょうか。

マネジメントとは、経営や管理を意味する言葉ではありません。その本質は、組織全体の成果をあげることを目的とした業務を示します。

経営学者のピーター・ドラッカーは、

マネジメントとは、組織に成果をあげさせるための道具、機能、機関である

と定義しています。

またマネジメントを行うマネージャーの定義は

組織の成果に責任を持つ者

です。

管理業務だけでなく組織が効果的な成果をあげられるように導く人を指します。

マネジメントの本質は、人と協力して成果をあげる仕組みです。部下を管理しても組織の目標を成し遂げることができなければ、マネジメントに価値があるとはいいがたいでしょう。

マネジメント業務が苦手な原因

マネジメントが苦手と感じるのは、以下の原因が挙げられます。

  • 自分ですべて処理する
  • 人材の配置を誤っている
  • 管理者と部下のコミュニケーションが取れていない

もし上記の3つに心当たりがあるのであれば、改善が必要です。

自分ですべて処理する

リーダー層のなかには、「部下に任せるよりも自分で行った方が早い」という理由で仕事を部下に振らない人がいます。

たしかに仕事に「不慣れな新入社員に任せるよりも、自分で片づけた方がラクだ」と感じるかもしれません。部下の負担やミスも軽減できるでしょう。

しかしこれでは部下が成長できません。長期的に見ると、企業が損をする結果となります。部下を戦力とするために育てることは、マネジメント業務の一環です。

1人で処理できる仕事量には限界があります。仕事量が増えると、業務が滞ることもあるでしょう。このような事態を回避するために、少しずつでも部下に仕事を振り、慣れさせましょう。

現在は時間がかかるかも知れませんが、仕事を任せられた部下は経験を積み、将来的に戦力として活躍してくれます。

やがて複数人のチームを組んで連携を取り、大きなプロジェクトを動かすことも可能です。目の前の業務よりも、先を見据えて積極的に部下を育成することを考えましょう。

人材の配置を誤っている

社員の配置を見誤ると、社員1人ひとりのスキルを引き出すことができません。結果として、組織全体の成果が見込めないでしょう。

社員の能力、知識は1人ずつ異なります。たとえばパソコン作業が得意でも、人と話すことが苦手なタイプの社員がいます。また違う社員はトークスキルに長けていても、パソコン作業が苦手かもしれません。

もし社員の個性を配慮しないマネジメントを行った場合、会話が苦手な社員に営業。パソコンが苦手な社員を、事務に配属してしまうことがあるのではないでしょうか。これでは作業効率が落ちてしまいます。

このように適切な人材を適した部署に配置できていなければ、全体的な作業効率の低下が否めません。組織的な成果をあげることが困難になってしまうのです。

管理者と部下のコミュニケーションが取れていない

マネージャーは日頃から部下とコミュニケーションを取ることが、マネジメントにおいて重要です。部下と向き合えていないマネジメント従事者は、マネジメントがうまくいかなくなるケースがあります。

全体をまとめあげることだけに着目し、部下個人と接触する機会を設けていない人は多いのではないでしょうか。

全体を構成するのは1人ひとりの人間です。その個人を知らずして、組織全体を把握するのは難しいでしょう。

日常的に部下とコミュニケーションを取ることで、彼らの能力や性格を知ることができます。前述した人材の配置ミスを防ぐことも可能です。

人材育成の効率化に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

完璧なマネジメントを心がけている

完璧を心がけることは素晴らしいことですが、完璧なマネジメントは現実的とはいえません。なぜなら完璧な人間はいないからです。

人にはそれぞれ性格があるため、対人関係で好き嫌いが分かれる事態は避けられません。マネージャーに対して不満を抱く人もいれば、満足する人もいるでしょう。

どんなに優秀なマネージャーであっても、パーフェクトなマネジメントは不可能です。

しかし対人関係において、可能な限り良好な状態を維持することは成果につながります。成果をあげるために、チームのメンバーと良好な関係を保つことを考えるのもマネージャーの役割です。

人材マネジメントのコツ

人材マネジメントのコツは、正当な評価により社員の成長を支えること。また彼らの意見を聞き入れる耳を持つことも、大切です。

成長を支える

マネジメントの基本は社員の成果を把握し、正当に評価することです。

社員が「どれだけ頑張っても評価してもらえない」というネガティブな感情を抱くと、不満につながります。せっかく育った部下が会社を去ることは、企業にとってマイナスです。

人には誰でも承認欲求を持っています。これは「求められたい」「評価されたい」という欲求のこと。これを意識して部下の頑張りに目を向け、正しく評価することが彼らの成長につながるのです。

意見を聞き入れる

一般的に、部下は上司に話しかけにくいと感じる傾向があります。部下は「もし自分の発言が否定されたらどうしよう」という不安を抱えているものです。

意見が否定された部下は、自分の考えを伝えることができなくなります。業務に対する意欲が湧かなくなってしまうかもしれません。

マネジメントにおいて重要なことは、彼らの声に耳を傾けること。これにより心理的安全性が確保された部下は、自主的に行動できるようになります。

個々の考えで業務を進められるように自立してもらうことで、さらなる生産性の向上が期待できます。

この状態を作るためには、マネージャー側からの積極的な声かけが有効。日頃から部下とコミュニケーションを取り、信頼関係を構築することが大切です。

マネジメント業務とは「目的遂行に導くこと」

マネジメント業務とは、単純に部下に指示を出し、目標達成に向けて管理する業務です。マネージャーには、企業の業績を左右する重要な役割があります。

その管理対象はおもに部下、責任が及ぶ範囲です。社員のスキルや個性を活かし、成果を発揮できるようにする重要な役割を担っています。

仮に部下にどんな逸材が揃っていたとしても、マネジメントがうまくいかなければ個人の能力を最大限まで活かせません。結果として、業績をあげることが難しいでしょう。

しかし1人ひとりの能力が平均的だとしても、うまくマネジメントすることで能力以上の成果へと導くことが可能です。

マネジメント業務には、おもに以下の5つが挙げられます。

  1. 目標を設定する
  2. 目標達成に向けた動機付け
  3. 業務の進め方を決める
  4. メンバーを正しく評価する
  5. 生産性の向上

くわしく見ていきましょう。

目標を設定する

マネジメントには目標の設定が不可欠です。

たとえば売上目標。仮に前年度が8,000万円の売上だったとするのなら、「今年度は1億円を目指そう」という設定を行います。

目標達成に向けた動機付け

設定した目標に対して、不満をもらすメンバーもいるでしょう。このような人に、目標を達成するためのモチベーションにつながる動機付けを行うことがマネージャーの仕事です。

目標達成に向けたモチベーションの維持として代表的なものに、金銭的報酬が挙げられます。「目標を達成したら報酬がもらえる」というような動機付けを行い、仕事に対する意欲を維持する方法です。

ただし金銭的報酬を継続することは得策とはいえません。長期的なモチベーションをキープしてもらうには、金銭的報酬以外に焦点を当てるべきです。たとえば貢献心、やりがいなどの非金銭的報酬に焦点を当てることをおすすめします。

「役に立てる」「やりがいを感じる」という気持ちによる動機付けを行い、チームを成果へと導きましょう。

業務の進め方を決める

目標達成のために、人材を適切な場所に配備しましょう。社員1人ひとりの個性に合わせて、能力やスキルが存分に発揮できるようにマネジメントします。

また属人的になっていた仕事を標準化することも大切です。もし誰かが抜けたとき、組織が回らなくなることを防ぐ必要があります。

長期的に最高のパフォーマンスが出せるように、誰が抜けても穴埋めできるようにマネジメントしましょう。

メンバーを正しく評価する

社員1人ひとりが業務に対するモチベーションを保ち、生産性を向上させることができれば組織の成果につながります。

そのためメンバーの成果は、しっかりと評価すべきです。同時に適切なフィードバックを行うことで、本人の意欲が高まります。

もし評価やフィードバックを怠ると、社員に不満が溜まりやすくなるもの。生産性が低下するばかりか、社員が退職を願い出るようになることも考えられます。

社員が常にポジティブな気持ちで業務に取り組めるように、マネジメントしましょう。

生産性の向上

現在の部下1人ひとりの生産性が高まれば、組織としてのパフォーマンスも向上します。この仕組みを作るためには人材を育成することが大切です。

これまでは1つの業務しかできなかった社員に、2つも3つも異なる業務を任せられるようになるでしょう。

組織全体の生産性向上には、人材育成が欠かせません。必要に応じてアドバイス、フィードバックを行い、企業全体で人材を育てることが大きな成果につながるでしょう。

もし人材リソースが不足している場合は、新たに採用することを検討してもよいかもしれません。人材採用に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

部下との良好な関係を構築して生産性を向上させよう

マネジメントを機能させるためには、社員1人ひとりの状況を把握することが大切です。単純に部下を管理し、指示を出すだけでは、組織全体の成果をあげることができません。

部下の意欲を向上させるためには、「自分が必要とされる存在だ」と実感してもらう仕組み作りが重要です。社員が業務に対してポジティブな気持ちになるように意識することが、成果につながります。

人材の育成はトップだけの関心事ではありません。社員一体となって組織の成長を目指しましょう。

セミナーズが行っているマーケティング講座無料体験会では、本質的なマーケティングを体系的に学ぶことができます。 話を聞いたらすぐに持ち帰り、あなたのビジネスに即活用することが可能です。

「事業がなかなか拡大しない…」
「次にどうしたらいいか分からない…」
とお悩みの経営者さまのために、弊社では 無料で「三方よし」マーケティング特別セミナーを開催しています!

「本質的なマーケティングを体系的に学んでみたい!」
「ビジネスをもっと拡大したい!」
と感じている方はぜひご参加ください。

最終更新日: 2022/06/06 公開日: 2022/06/06
社長の教養
朝ライブ
社長の教養
朝ライブ