起業前に学びたい!ビジネスモデル構築に役立つセミナーの選び方

最終更新日: 2022/06/22 公開日: 2022/06/22

「ビジネスの収益を上げるためにも、ビジネスモデルを学びたい」「ビジネスモデルセミナーに参加したい」と考えている方も多いでしょう。

起業を検討している方にとって、ビジネスモデルを構築することはとても重要です。

そこで今回は、ビジネスモデルセミナーに参加するメリットや、ビジネスモデル構築に役立つセミナーを紹介します。

会社経営を安定させるためにも、ぜひビジネスモデルを学べるセミナーに参加してみてください!

ビジネスモデルとは

ビジネスモデルとは、ビジネスで利益を出し、事業を継続していくための仕組みです。

ビジネスモデルを構築するときは、おもに「Who(誰が)」「Who(誰に)」「What(何を)」「How(どのようにするか)」を深掘りして検討します。

成功している企業のビジネスモデルを参考にしたり、市場を分析して、オリジナルのビジネスモデルを構築したりするのが一般的です。

企業の軸ともいえるため、ビジネスモデルの構築は企業経営において重要な役割を担っています。

事前にかなりのリサーチが必要になるのがビジネスモデルの構築です。

さまざまなリサーチの手法をご案内しておりますので、ぜひこちらの記事もご覧ください。

ビジネスモデルセミナーのメリット5つ

ビジネスモデル構築を考えているなら、ビジネスモデルの事例や構築の方法が分かる「ビジネスモデルセミナー」に参加するのがおすすめです。

ビジネスモデルセミナーに参加するメリットは、おもに次の5つです。

  • 事業の詳しいデータを得ることができる
  • 課題や問題が見つかりやすい
  • 事業の軸がブレにくい
  • ブランディングに役立つ
  • ターゲットに正しくアプローチできる

それぞれ詳しく解説します。

事業の詳しいデータを得ることができる

ビジネスモデルセミナーに参加すると、ビジネスモデルの構築方法の詳しい手順を知ることができるため、始める事業の詳しいデータ分析ができるようになります。

たとえば商品やサービスを提供するときに、顧客のニーズを理解しないと売れる商品やサービスを作ることができません。

また、競合のデータを収集しないと、他社との差別化や魅力的な商品・サービス提供が難しくなるでしょう。

データを分析する力はビジネスモデル構築だけでなく、会社を経営していく上でも重要なスキルです。

事業を始める前にビジネスモデルセミナーで身につけるのがおすすめです。

課題や問題が見つかりやすい

セミナーでビジネスモデル構築のステップを学べば、事業に関する課題問題点が浮き彫りになることがあります。

課題や問題を放置したまま事業を始めてしまうと、最悪の場合、事業が失敗する可能性もあるでしょう。

ビジネスモデルは「事業の設計図」ともいわれています。

事業の設計図を作成するためには、経営戦略や収益構造など細かい計画が必要です。

事業を始める前に課題や問題を把握すれば、早めの対処や方向転換も可能です。

ビジネスモデルセミナーに参加する場合は、なるべく早めの参加をおすすめします。

事業の軸がブレにくい

セミナーに参加し、起業前にビジネスモデルを構築しておけば、起業後の経営で迷ったときに原点に帰ることができます。

事業の軸がブレてしまうと、ビジネスモデルから外れてしまい、方向性を見失ってしまうケースもあるでしょう。

ビジネスモデルは会社の指針として重要な役割を果たします。

トラブルが起こったときにビジネスモデルを再確認することで、会社としてベストな解決策を見出すこともできるでしょう。

ブランディングに役立つ

ビジネスモデルの構築は、他社と差別化して独自の魅力を確立する「ブランディング」に役立ちます。

どんなに人気のある商品やサービスを真似しても、「この商品やサービスだから」という魅力がないと消費者は購入しません。

ビジネスモデルを明確にしておけば、自社の強みを活かした経営を続けていけるでしょう。

また、ビジネスモデルがあると、役員や従業員が仕事の方針に迷わずに業務を進めていけるというメリットもあります。

ターゲットに正しくアプローチできる

ビジネスモデルの構築は、具体的な販売戦略を策定する際にも役立ちます。

商品やサービスが消費者の手に渡るまでの流れが明確になるので、ターゲットへのアプローチ方法もはっきりするでしょう。

抽象的な販促活動ではターゲットに響かず、「商品やサービスが売れない」「広告の費用対効果が見込めない」といった結果になるケースも少なくありません。

ビジネスモデルを明確にすることは、マーケティング活動にも役立つといえます。

またこちらの記事では、よりビジネスを発展させるために役立つ情報を載せてあります。

ビジネスモデルとマーケティングの違い

簡単に説明すると、マーケティングとビジネスモデルの違いは次のとおりです。

  • マーケティング:集客から販売までの仕組み
  • ビジネスモデル:事業で利益を出すための仕組み

どちらも経営を安定させるために欠かせない知識ですが、どちらか一方だけを学んでも会社はうまく機能しません。

まずは事業を始める前にビジネスモデルをしっかりと構築しておき、ターゲットや提供する商品・サービスを明確にします。

「販売するもの」が決まってから生きてくるのが、ターゲットに商品やサービスを知ってもらうための仕組みである「マーケティング」なのです。

ビジネスは何か1つの知識やスキルを身につけたからといってうまくいくとは限りません。

経営には多角的な知識やスキルが必要であると覚えておきましょう。

セミナー以外でビジネスモデルを学ぶ方法

もしも独学でビジネスモデルを学ぶとしたら、次の2つの方法があります。

  • 事例を調べる
  • 書籍から学ぶ

事例を調べる

成功した企業のビジネスモデルは、インターネットで検索することも可能です。

調べるときは、始めようとしている事業に近い業態のビジネスモデルに絞って検索すると、参考になるポイントが多いでしょう。

また会社の規模もチェックしておくのがおすすめです。

精鋭社員数人のベンチャー企業を始めようとしているのに、社員が数千人いる大企業のビジネスモデルを調べても、参考になる点が少ないからです。

成功している事例=自分に合ったビジネスモデルではないということを、覚えておいてください。

書籍から学ぶ

ビジネスモデルの書籍は多数販売されているので、独学で学びたい方は参考にしてみてください。

ビジネスモデル関連の書籍は次のように、さまざまな種類があります。

  • ビジネスモデルの事例集
  • ビジネスモデル構築の考え方
  • ビジネスモデル構築の手順
  • 経営全般に関する知識

どれもビジネスモデル構築に役立つ知識ですが、場合によっては求めている情報が記載されていないケースもあるので、書籍選びには注意してください。

まとめ

ビジネスモデルは事業を継続していくための仕組みづくりであり、起業後も経営の軸となる大切な指針です。

そのため、成功企業のビジネスモデルを参考にしたり、自分の事業に近いビジネスモデルの事例データを収集してみましょう。

デジタルマーケティングなど、現代におけるビジネスで重要なスキルを身につけるためには、まずマーケティングの基礎知識を身につけておく必要があります。

セミナーで基礎知識を身につければ、その後のマーケティング学習もスムーズに進められるほか、最新の情報が手に入るのが大きなメリットです。

セミナーズが行っているマーケティング講座無料体験会では、本質的なマーケティングを体系的に学ぶことができます。話を聞いたらすぐに持ち帰って、あなたのビジネスに即活用することが可能です。

三方よしマーケティング特別セミナー

社員一人一人が自律的に動き、経営者と同じような判断基準で動けるようになる「秘訣」があります。

  • 組織が成長していない
  • 社員になかなか任せられない
  • 社員が成果を出せない

そう悩んでいる経営者の方は、この「秘訣」を知ることで会社が大きく飛躍する可能性があります。
今回、特別にこちらの無料講座でその「秘訣」を公開します。
今の状態から抜け出し会社を別次元に成長させたい。
そう考えている経営者の方は必ずご参加ください。
ただし、日程・参加人数には限りがありますので、こちらをご確認ください。

最終更新日: 2022/06/22 公開日: 2022/06/22
社長の教養
朝ライブ
社長の教養
朝ライブ