セミナー集客で顧客獲得!効果的な方法・成功に導く3つのポイント

最終更新日: 2022/03/28 公開日: 2022/04/15

「セミナーを開催したいけれど、集客できるか不安」
「セミナーを通じて、新規顧客を獲得したい」

このような悩みを抱える経営者、個人事業主の方は多いのではないでしょうか。

セミナー集客を成功させるためには、ターゲットの関心を引きつけ、ニーズを満たすことが重要です。しかしセミナーの存在が知られなければ、参加者を募ることは難しいでしょう。

セミナー集客にはターゲットやセミナーの内容を明確にするとともに、効果的な方法を取り入れることが大切です。

この記事では、新規顧客を目的としたセミナー集客の方法を紹介。セミナーを成功に導くポイントにも触れていきます。おもにオンラインでサービスを提供している方に向けた内容です。

最後まで読んで、「また参加したい」「サービスを利用したい」と思ってもらえるようなセミナーを開催する参考にしてください。

セミナー集客のコツ|ターゲットに合わせて開催する

セミナー集客を成功させるコツは、ターゲットを基準にしたセミナーを開催することです。

  • セミナーの趣旨・ターゲットを明確にする
  • ターゲットが使っている媒体を選ぶ
  • ターゲットが参加しやすい曜日・時間帯を選ぶ

くわしく見ていきましょう。

セミナーの趣旨・ターゲットを明確にする

人が集まるセミナーを開催するためには、セミナーのコンセプトとターゲットを明確にする必要があります。まずは「誰に何を伝えたいのか」、はっきりさせることからはじめましょう。

セミナーの参加者を募るためには、セミナーの存在を知ってもらうこと、関心をもってもらうことが大切です。

セミナーの趣旨やターゲットがぼやけていると、誰にも響かないセミナーになってしまいます。ターゲットがセミナーに魅力を感じなければ、告知を見ても他人事のように思え、参加の意欲が湧きません

セミナーに関心を抱く人は、自分の悩みを解決するために参加するもの。悩みを抱える人に「まるで自分のために開催されるセミナーのようだ」と思ってもらうことが、集客につながるのです。

ターゲットが使っている媒体で告知する

セミナーの集客に活用する告知媒体は、ターゲットが日頃から使っている媒体を選ぶことが大切です。

どんなに有益なセミナーだとしても、ターゲットの視界に入らなければ参加してもらえません。セミナーの存在や魅力を知ってもらうには、どのような媒体で告知をすべきか考えましょう。

セミナー集客を成功させるためには、ターゲットがどのような場所に集まるのか知ることが重要です。

たとえば20代の若年層をターゲットとするのならYouTubeTwitter。40代のビジネスパーソンに向けたセミナーを開催する場合は、Facebookがおすすめです。

どのような人に参加してほしいのか明確した上で、適切なセミナーの告知媒体を選びましょう。

ターゲットが参加しやすい曜日・時間帯を選ぶ

ターゲットが集まる媒体でセミナーを告知しても、思うように集客できないことがあります。この場合の敗因は、ターゲットの都合です。

たとえば、会社勤めの30代男性をターゲットとして仮定しましょう。休日は週末、平日は仕事で多忙です。このようなターゲットに対し、金曜日の14時から開催するセミナーを案内しても、参加してもらえません。

会社員をターゲットとした際、セミナー開催日の狙い目は土曜です。土曜であればセミナーに時間を割いても日曜の休日が残るため、心理的なハードルが低くなります。

ただしこの方法で確実に集客できるとはいえません。セミナーの開催日を決める際は、事前にアンケート調査を行い、参加しやすい曜日、時間帯をリサーチすることをおすすめします。

セミナーの開催は、ターゲットが参加しやすいタイミングで行いましょう。

セミナー集客の準備!告知用のWebページを作成する

どのような集客方法を実践するにも、申し込み受付の役割を果たすWebページが必要です。セミナー集客を成功させるために、該当セミナーの専用ページを作成しましょう。

TwitterやFacebookなどのSNSでリンクをシェアすると、多くの人に参加を促すことができます。

告知ページを公開する目安は、セミナー開催日の1ヶ月~2週間前。これは早い段階で公開しても、ページを見た人が忘れてしまう可能性があるからです。

公開までの期間は何度もDMやSNSでターゲットに呼びかけ、忘れられないように工夫しましょう。

セミナー告知用のWebページは、自社のホームページ内に特設ページを作る方法もありますが、LP(ランディングページ)の活用がおすすめです。

ランディングページに関しては、こちらの記事で紹介しています。

セミナー集客に効果的な方法4選

幅広くセミナー開催を告知するのであれば、ターゲットに合わせた集客方法を取り入れましょう。

新規顧客を獲得する目的のセミナーに集客するためには、以下の方法がおすすめです。

  • Twitterで集客する
  • Facebookのイベント機能を活用する
  • YouTubeで集客する
  • セミナーのポータルサイトに登録する

さっそく見ていきましょう。

Twitterで集客する

Twitterは拡散力が高いSNSです。ハッシュタグ、リツイート機能によって、発信情報が拡散されます。接点のないユーザーの目に触れる機会を作れます。

またTwitterにはスペースという機能があります。スペースは音声で参加者と交流できるシステム。アカウントさえあれば誰でも開催、参加可能です。

セミナーのターゲットを集め、関心をもってもらうきっかけが掴めるでしょう。

Facebookのイベント機能を活用する

ビジネスパーソンが使用する機会の多いFacebookは、セミナー集客にも活用可能です。Facebookにはイベント機能があるため、これをセミナー集客に役立てない手はありません。

セミナー開催が初めての方は、2~3名の少人数制セミナーから始めてみてはいかがでしょうか?

最初から大規模なセミナーに挑戦するのではなく、回を増すごとに定員数を増やすことも手段の1つ。定期的にセミナーを開催することで、認知度アップを図ることもできます。

Facebookでイベントを作成する際の注意点は、非公開イベントとして作らないこと。非公開イベントは招待制のため、集客効果が見込めません。誤って非公開にした場合は、公開イベントとして作り直す必要があります。

YouTubeで集客する

自社アカウントを作成し、セミナー集客用の動画を投稿する方法です。
YouTubeのアカウント登録、動画投稿は無料。動画作成に時間がかかるかもしれませんが、費用面を気にせず集客できます。

動画は視覚と聴覚を同時に刺激することで、見た人の印象に残りやすいもの。もし過去のセミナー動画が残っている場合は、雰囲気を伝えるために活用可能です。

また動画広告を打つ手段もあります。動画広告から前述したセミナー専用のWebページにつなげ、参加者を募ることも検討する価値があるのではないでしょうか。

セミナー集客サイトに登録する

初めてセミナーを開催する方には、セミナー集客サイトを利用する手段が有効です。セミナー集客サイトとは、セミナー開催を応援するポータルサイトのこと。

無料で登録、告知できるサイトがあるため、広告費がかけられない場合も集客媒体として活用できます。

ここでは代表的なセミナー集客サイトを3つ紹介します。

セミナー集客サイトそれぞれの特徴を見ていきましょう。

セミナーズ|知名度が高い

セミナーズは国内最大級のセミナー集客サイト。世界トップレベルの講師を招いたセミナーも開講されています。

セミナーズ経由の参加申し込みが生じた場合は手数料がかかりますが、基本的な登録、掲載料は無料です。

セミナーのジャンルが充実しており、起業家、経営者などのビジネスパーソンが集まりやすいため、大きな集客効果が期待できます。

主催者としてセミナーズに登録する際は、こちらを参考にしてください。

<
■ 関連記事
≫ 主催のみなさまへ

セミナー情報.COM|ユーザーの利便性が高い

セミナー情報.COMは、全国で開催されるセミナー情報を掲載しているサイトです。おもに投資家、起業家向けのセミナーが多い傾向があります。

セミナー情報.COMの特徴は、ユーザーの利便性が高いこと。ユーザーは人気順やカテゴリ、対象者別にセミナー検索が可能です。セミナー受講者の口コミ、評価から検索する機能もあります。

登録は無料です。掲載料金は無料プランや成果報酬プラン、プレミアプランまで揃っており、予算に合わせて検討できます。

≫セミナー情報.COMの登録はこちら

こくちーず|イベント告知に優れたサイト

こくちーずはセミナーや勉強会などの、イベント告知に優れたポータルサイトです。人気イベント特集、締め切り間近のイベントを検索できるシステムがあり、集客に活用できます。

本格的なセミナー集客を開始する場合は、機能が拡大したこくちーずプロもあります。

≫こくちーずのイベント登録はこちら

セミナー集客を成功に導く3つのポイント

セミナー集客は前述した方法に加えて、以下のポイントを押さえると効果が高まります。

  • 集客から開催まで充分な時間を確保する
  • セミナーの参加特典を付ける
  • セミナー開催後のフォロー・改善を欠かさない

これから紹介するポイントを取り入れ、集客に活かしてくださいね。

集客から開催まで充分な時間を確保する

セミナーを成功させるためには、スケジュールに余裕を持ち、充分な募集期間を確保することが重要です。

募集期間が短い場合は、思うように集客できないことがあります。たとえば3日後にセミナー開催を決め、募集をかけても参加者が集まりにくいでしょう。

ターゲットがセミナーに参加するかどうか決断するために、時間を要することもあります。募集から開催までの期間は、1ヶ月ほど設けておきましょう。

セミナーの参加特典を付ける

多くの人を集めたいのなら、参加特典を付けるとよいでしょう。とくに初めてセミナーを開催する場合は知名度がなく、参加者が集まりにくい傾向があります。

参加特典はターゲットが満足できるものを用意しましょう。たとえば、無料体験有益情報を盛り込んだ資料配布などが有効。「よい特典が付くなら参加してみたい」と、ターゲットに思ってもらうことが狙いです。

特典を付けることでターゲットの満足度を上げ、サービス利用につなげることも可能です。

「特典がよいから、サービスにも満足できるだろう」と考えた参加者は、自社のサービスを利用する確率が高まるでしょう。

セミナー開催後のフォロー・改善を欠かさない

セミナー終了後は、お礼のDM、メッセージを送信しましょう。集客とは無関係に見えるかもしれませんが、こまかな気づかいが次回のセミナー、サービスの利用に影響します。

セミナーをサービスの利用につなげるためには、ターゲットとの信頼関係を構築することが大切です。お礼メッセージには、参加者の関心を引くような有益な情報を添えるとよいでしょう。

またメッセージの開封率などを見て、反応のよい時間帯、曜日を探ることも重要です。次回のセミナー開催のために改善を重ねましょう。

セミナー集客は信頼関係の入り口!複数の方法を試そう

セミナー集客を成功させるためには、ターゲットに合わせて告知媒体を選ぶことが重要です。ターゲットにセミナーの存在を知ってもらい、興味を持ってもらいましょう。

「このセミナーに参加することで、自分の悩みが解決できる」と思ってもらうことで、セミナーの集客率が向上。やがてサービスの利用につながるのです。

もちろんセミナー参加者が、必ずしも自社のサービスを利用してくれるとは限りません。しかしセミナーを通して信頼を得ることで、良好な関係が始まります。

セミナーの参加がきっかけで関心を持った人が、後にサービスを利用することもあるでしょう。

もしセミナー集客の不安が拭えないのであれば、セミナーズが開催するマーケティング講座無料体験会の受講をおすすめします。

本質的なマーケティングを体系的に学ぶことで、集客力向上が目指せます。話を聞いたらすぐに持ち帰り、即実践することが可能です。

参加者に喜んでもらえるようなセミナーを提供し、サービス利用者を増やすためにもご参加をご検討ください。

「事業がなかなか拡大しない…」
「次にどうしたらいいか分からない…」

とお悩みの経営者さまのために、弊社では 無料で「三方よし」マーケティング特別セミナーを開催しています。

「本質的なマーケティングを体系的に学んでみたい!」
「ビジネスをもっと拡大したい!」
と感じている方はぜひご参加ください。

最終更新日: 2022/03/28 公開日: 2022/04/15
社長の教養
朝ライブ
社長の教養
朝ライブ