セス・ゴーディンとは?マーケティング用語や名言を紹介

最終更新日: 2022/03/24 公開日: 2022/03/24

「セス・ゴーディンのマーケティングの考え方を知り、確実な成果がほしい!」

「セス・ゴーディンのマーケティングを取り入れ、売上を伸ばしていきたい!」


時代の流れにそったマーケティングの本を多く出版するセス・ゴーディン。

セス・ゴーディンは、マーケティングに関するスピーチや執筆家として有名です。

マーケティングを有利に進めるうえでは、理解しておきたい人物。

セス・ゴーディンの実績や、名言、またセス・ゴーディンが説くマーケティング理論をご紹介しましょう。

この記事を読めば、セス・ゴーディンという人物がよく分かります。

そして、セス・ゴーディンがとくマーケティングをおこなううえでの大事な考え方を理解できます。

セス・ゴーディンを学ぶべき理由

セス・ゴーディンは、マーケティングをおこなううえで大事にすべき考え方を教えてくれます。

それは、真に消費者が幸せになる、現状よりよくなるためのマーケティング。

マーケティングは、SNSのフォロワー数を伸ばすこと、多くの広告を出すといった表面的な行為ではありません。

セス・ゴーディンは、特に下記の方に学んでいただきたいです。

  • マーケティングに難しいイメージのある人
  • マーケティングをただ売上を伸ばすための手法であると思う方
  • マーケティングに行き詰まっている、売上が思うように伸びない方

セス・ゴーディンの考え方を学べば、消費者が思わず商品やサービスを買う心理を理解できます。

セス・ゴーディンを学ぶメリット

セス・ゴーディンを学ぶメリットは以下の通りです。

  • マーケティングの本質の考え方を学べる
  • 会社経営で大切なことを学べる
  • 変化の速い時代でのマーケティングの心構えが分かる
  • 消費者心理を理解できる

セス・ゴーディンの実績や経歴

セス・ゴーディンは、著作家のほか、経営者や講師としても活動しています。

精力的に活動するセス・ゴーディンの実績をご覧ください。(※1)

  • Squidoo」と「Yoyodyne」のふたつの会社を設立した
  • マーケティングに関する本を執筆していて世界で20冊がベストセラーとなっている
  • 出版された本は36の言語に翻訳されている
  • パーミッション・マーケティングを提唱した
  • セス・ゴーディンの公式ブログには、7500以上の投稿と100万人以上の読者がいる。
  • マーケティングセミナーの講師としても活動する

セス・ゴーディンの著名な本

セス・ゴーディンは、時代に合わせたマーケティングの考え方を伝えるのが得意です。

セス・ゴーディンの書籍の中で、知りたい事項別におすすめの3冊をご紹介しましょう。

  • This is marketing:マーケティングの考え方を知りたい人
  • パーミッション・マーケティング:インターネット時代のマーケティングの具体的手法を知りたい人
  • セス・ゴーディンの出し抜く力:セス・ゴーディンの仕事に対する考え方を知りたい人

1.This is marketing:マーケティングの考え方を知りたい人

20を超える国で出版されたベストヒット本。

この本は、マーケティングを進めるための具体的な手法が書かれた本ではありません。

  • 消費者が商品を買うときに考えること
  • 消費者が商品を買う際に何を重視するか
  • 消費者の心をつかむためにどのような心構えを持つべきか

など、消費者視点での商品・サービスの価値の良しあしを発見できるようになる

消費者はどのようなことに心を動かされるのかがよく分かります。

セス・ゴーディンはこの本の前書きで、マーケティングの意味を述べています。

消費者の夢や望み、コミュニティに、ビジネスを根付かせる方法について書いている。人々をより良い方向に変え、誇りに思える仕事をつくり、ただ市場に流されるための本ではなく、市場を動かすための本である。(省略)マーケター、もしくはアイデアを出す仕事についている人なら本書が必ず役に立つだろう。

This is marketing P5より抜粋
This is marketingは以下の方におすすめです。
  • 事業を大きくしていくための方法が分からない人。消費者に価値を提供したい人
  • 消費者に真に満足してもらう商品のマーケティングをおこないたい人

2.パーミッション・マーケティング:インターネット時代のマーケティングの具体的手法を知りたい人

インターネット時代に参考にすべきマーケティングの具体的手法が示されています。

パーミッション・マーケティングとは、消費者に同意を得るという考え方。

セス・ゴーディンは、パーミッション・マーケティングは、3つの考え方からなると本書で述べています。

  • 期待されている
  • パーソナルである
  • 適切である

セス・ゴーディンは、本の概要を以下のように述べています。

この本でマーケティングとは何か、広告とは何か、そしてこれからどうあるべきかというみなさんの固定観念を突き崩したいと思う。そしてネットワーク時代に機能する新たなマーケティングのあり方を示したい。

パーミッション・マーケティング P19より抜粋
パーミッション・マーケティングは、以下の方におすすめします。
  • インターネット時代のマーケティング手法を知りたい人
  • 従来のマーケティング手法に限界を感じている人

3.セス・ゴーディンの出し抜く力:セス・ゴーディンの仕事に対する考え方を知りたい人

セス・ゴーディンの固定観念にとらわれない仕事への姿勢やマーケティングへの思想が分かる本。

ひとつひとつのセンテンスが、短いのが特徴で、目次で気になった箇所を開いてすぐに読めるでしょう。

  • 失敗をエネルギーに変える方法
  • 人の逆の行動をすること

など、セス・ゴーディンならではのシンプルな鋭い視点の言葉には学びが多いです。

セス・ゴーディンの出し抜く力は、以下の方におすすめします。
  • 自分の常識を覆したい人
  • セス・ゴーディンの先見性のある考え方を取り入れたい人

セス・ゴーディンの名言

セス・ゴーディンのブログから見られる、マーケティングに関する名言をご紹介しましょう。

Don’t waste the good days
If you’re feeling creative, do the errands tomorrow.
If you’re fit and healthy, take a day to go surfing.
When inspiration strikes, write it down.
The calendar belongs to everyone else. Their schedule isn’t your schedule unless it helps you get where you’re going.

良い日を無駄にしないでください
あなたが創造的だと感じているなら、やるべき用事は明日にしてください。
あなたが元気で健康だと感じるなら、その1日をサーフィンに行くことにあててください。
インスピレーションが湧いたら、それを書き留めてください。
決められたスケジュールは他の人のものです。彼らのスケジュールは、あなたがやりたいことと一緒ではない限り、あなたのスケジュールではありません。

2021年12月31日のセス・ゴーディンのブログ(https://seths.blog/2021/12/dont-waste-the-good-days/)

Zero percent market share
If you have a million Twitter followers, that means that 99.9% of the people on Twitter are ignoring you, which, with a little rounding, means you have 0%.
If you write a book and it sells a million copies, it will be one of the bestselling books of the year. It will also reach far fewer than 1% of the country’s population, never mind the world.
There are very few things that ever rise to 1% of the market. (省略)
Zero (rounded) is enough.

ゼロパーセントの市場シェア
Twitterのフォロワーが100万人いる場合、それは、Twitterのユーザーの99.9%があなたを無視していることを意味します。これは、少し丸めると、0%であることを意味します。
あなたが本を書いて、百万部を売れたら、その年のベストセラーの本の1つになるでしょう。それはまた国の人口の1%よりはるかに少ないでしょう、世界を気にしないでください。
市場の1%に達するものはほとんどありません。(省略)
ゼロ(四捨五入)で十分です。

2021年10月15日のセス・ゴーディンのブログ(https://seths.blog/2021/10/zero-percent-market-share/)

セス・ゴーディンが注目したマーケティングに関する用語

セス・ゴーディンは、著書の中でさまざまなマーケティングの考え方に焦点を当てています。

現在、いくつかの単語がビジネスで使用されるようになっています。

セス・ゴーディンが注目したマーケティングに関する用語を見ていきましょう。

バイラルマーケティング 

「バイラル」は「ウイルス性の」という意味。

ウイルスのように広がるほど感染力が高いマーケティングという意味です。

バイラルマーケティングとは、口コミを利用して、コストを低くして商品の普及をめざすマーケティング方法

実際に商品を使用した消費者が、口コミを投稿し、その口コミを見て次の消費者が生まれる流れです。

メリット
  • 低コストである。
  • 口コミによって評判が広がりやすい。

デメリット
  • 口コミが広がる速さの予測が難しい。
  • 商品の生産予測や、供給・需要の管理がしにくい。

2001年に日本で出版された「バイラルマーケティング」という本で詳しく書かれています。

気になる方は読んでみてください。

トライブ

トライブは、リーダーが中心となりその周りをメンバーが緩やかにつながる関係であると言います。

従来の組織は、階層のように権威があるヒエラルキーが生ずるものが一般的でした。

トライブの考え方を知ると、新しい時代の組織のメリットやそこから生まれる思想を理解できます。

トライブの考え方は、2012年に日本で出版された「トライブ 新しい“組織”の未来形」という本に記載されています。

詳しくは、本を読んでみてください。

まとめ

セス・ゴーディンは、マーケティングに関する多くの本を出版し、さまざまなマーケティング用語を生み出しました。

インターネットが生まれてから、時代の流れがますます速くなっています。

時代に合わせたマーケティングを学ぶことで、真にお客様に喜んでいただけるような価値を提供できます。

セス・ゴーディンの人物を通して、さまざまなマーケティング手法や考え方を知っていただけたら幸いです。


(※1)参考サイト:https://www.sethgodin.com/

最終更新日: 2022/03/24 公開日: 2022/03/24
社長の教養
朝ライブ
社長の教養
朝ライブ