優秀な人材を採用するなら採用戦略が重要!戦略の立て方&成功事例

最終更新日: 2022/02/15 公開日: 2022/02/16

「求人を出してもなかなか応募がこない…」「自社に適した人材が集まらない」とお悩みの採用担当者も多いでしょう。

効率的に優秀な人材を採用するには、採用戦略を立てるのが一番の近道です。

今回は採用戦略の立て方や、注意点、成功事例を紹介します。

人材不足が叫ばれるなか、即戦力を採用して、自社の生産性アップを目指しましょう!

採用戦略とは?

採用戦略とは、自社の求める人材を採用するための戦略です。

日本では少子高齢化が進み、人材不足に悩んでいる企業が増えています。

そのため、これまでの採用活動では他社との差別化ができず、優秀な人材は大手企業や魅力的な企業に流れてしまうのが現状です。

優秀な人材を採用するためには、闇雲に採用活動を行うのではなく、自社が採用したい人材に向けて、適切なアプローチをする必要があります。

そこで重要となってくるのが、採用戦略の策定なのです。

採用戦略を立てるメリット3つ

採用戦略を立てることは、自社に適した人物の採用を目指せるだけではありません。

ここからは、採用戦略を立てるメリットを3つ紹介します。

応募者数を増やすことができる

採用戦略を策定し、自社が求める人物に対して適切なアプローチを行えば、求人に対する反応率アップが期待できるでしょう。

応募者が少ないと、当然選べる人材も少なくなってしまいます。

最悪の場合、「面接に時間を割いても採用に値する人物がいない」というケースもあるでしょう。

しかし、採用戦略を立てて求人募集がターゲットの目に触れる機会を増やせば、自社が求める人材の応募を増やす効果が期待できます。

入社後の認識のズレを防止する

採用戦略を立てて自社の現状や求める人物像を明確にすれば、採用後に「求めていた人物と違った」という事態を回避できます。

認識のズレは会社側だけでなく応募者側が感じるケースがあります。

入社後に「思っていた企業ではなかった」と感じれば、早期離職につながる可能性もあるでしょう。

このように入社後に認識のズレが生じて人材が去ってしまうと、ふたたび採用活動を行うことになってしまいます。

時間や費用などのコストを無駄にしないためにも、採用戦略の策定は有効なのです。

内定の辞退を防止する

自社が求める人材を採用できたとしても、ほかに魅力的な企業があれば内定を辞退されてしまう可能性があるでしょう。

採用戦略を立てて自社の強みや魅力を明確にし、ターゲットに情報を共有できていれば、内定の辞退を防ぐことができます。

競合に負けない魅力を創出し、採用競争を勝ち抜いていきましょう!

3ステップでOK!採用戦略の立て方

採用戦略を策定する際は、まず施策を行うのではなく、現状の把握や分析が重要です。

適切なステップで採用戦略を立てて、最適な施策を行いましょう。

自社や競合の分析を行って現状を把握する

正しい採用戦略を立てるためには、自社や競合の現状を把握する必要があります。

そこでおすすめなのが、2つの分析法で現状を把握すること。

客観的な視点と主観的な視点の両方を分析したい場合は「3C分析」が、自社の内部状況をより詳しく分析したい場合は「SWOT分析」がおすすめです。

では、2つの分析法について、詳しく見ていきましょう。

3C分析

3C分析は次の3つの項目の分析を行い、多角的に現状を把握する手法です。

  • Customer(市場・顧客)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社)

採用活動の場合、「市場・顧客」を有効求人倍率に置き換えて分析するのが一般的。

あわせて競合と自社の状況を調査し、他社の施策と自社の施策を比較してみましょう。

SWOT分析

SWOT分析は次の4つの項目を分析し、3C分析よりも深く自社の現状を把握する手法です。

  • Strength(強み)
  • Weekness(弱み)
  • Opportunity(市場機会)
  • Threat(脅威)

この4つの項目を正しく把握すれば、より適切な施策を行うことができるでしょう。

自社の強みを見つけて採用戦略を立てる

3C分析やSWOT分析で現状を把握したら、自社が採用活動で競合に勝利できるポイントを見つけましょう。

このポイントを明確しておけば、施策の方向性がブレません。

たとえば自社の技術力や環境、社内体制など、他社と差別化できる強みを持っておくと、採用率アップにつながるでしょう。

ペルソナを設定して施策を検討する

適切な採用戦略を立てるためには、自社が求める人物像である「ペルソナ」をきちんと設定しておくのがおすすめです。

ペルソナを設定するときは、自社の現状を分析した上で必要な人材やスキルを明確にします。

次に自社に適した人物がどんな生活を送っているか、どのような環境にあるかを想定しましょう。

より細かいところまで突き詰めると、ペルソナに合わせて求人広告や自社のアピールができるため、採用活動において余計なコストを減らすことができます。

気をつけたい!採用戦略を立てるときの注意点3つ

採用戦略を立てるときは、重要なポイントが3つあります。

より強固な採用戦略を立てるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

部署やメンバーの意見を参考にする

採用戦略を立てるときは、人材が不足している部署やメンバーの意見を参考にしましょう。

人事や経営陣だけで採用戦略を策定すると、現場が求める人材と誤差が出てしまう可能性があります。

そのため、人材を必要としている部署でヒアリングを行い、どんな人材を求めているのか、現場の声を聞くのがおすすめです。

また、面談時に各部署の社員に同席してもらい、質問をしてもらうのも、最適な人材を採用する手段として有効でしょう。

あくまでも採用する人材は現場が必要とする人物でないといけないことを、わすれないように気をつけてください。

PDCAを回して常に最適な戦略を立てる

採用戦略を立てて、採用活動を行った際は、必ず検証を行ってください。

採用活動の成功点や課題点を正確に把握しておくことで、次回、採用活動を行う際によりスムーズに最適な人材を採用できるようになるでしょう。

具体的にはPDCAサイクルを回して、採用戦略をブラッシュアップしていくのがおすすめ。

採用活動におけるPDCAサイクルは次のとおりです。

  • Plan:採用戦略の策定
  • Do:採用活動を行う
  • Check:採用活動の効果検証を行う
  • Action:採用戦略を改善する

このように、PDCAサイクルを回し、常に最適な採用活動を目指していきましょう。

快適な業務環境・社内体制を整える

採用活動は採用戦略を策定して、施策を実行し、人材を採用するまでがゴールではありません。

自社が理想とする人材を採用できたとしても、業務環境や体制が整っていないと、早期離職につながる可能性があるので注意してください。

入社後のサポートやフォローを行えば、内定者も新しい環境にスムーズに馴染むことができるでしょう。

たとえば、現社員とのコミュニケーションが取れる場を設ける、フォローアップ研修を行い、不安や疑問を解消する場を作るなどの施策が有効です。

採用戦略を成功に導くコツ

採用戦略を立てる際は、成功事例を参考にするのも一つの方法です。

ここからは、採用戦略の成功事例を2つ紹介します。

時代の流れに沿った手法なので、ぜひ自社の採用戦略に取り入れてみてください。

SNSで採用情報・自社の魅力を発信する

今後の採用活動で欠かせないのが、インターネット上でSNSなどを活用したPR活動です。

これまでの採用活動におけるPRは、自社のホームページやブログを使ったPR、求人サイトへの広告掲載が一般的でした。

しかし、最近では「SNSを使って企業の口コミを調べる」「SNSで先輩社員の意見を聞く」といった行動が新たなスタンダードになりつつあると言えるでしょう。

企業の認知度を高めるという点でもYouTubeやTikTok、Twitterなどを活用してPR活動を行う企業も多く、成果を出している事例がたくさんあります。

これからの時代は広報活動と採用活動を切り離して考えるのではなく、広報活動も採用活動の一環として考えて取り組むのがおすすめです。

オンライン説明会・面談を取り入れる

新型コロナウイルス感染症や働き方改革の影響もあり、オンライン説明会や、オンラインでの面談を取り入れる企業が増えました。

オンライン説明会・面談のメリットは、移動が必要ないため、より多くの参加者・応募者が見込める点です。

とくに地方出身者は、説明会や面談のたびに首都圏に赴くことが困難となるため、厳選した企業の説明会・面談を受ける方も多いでしょう。

しかしオンライン説明会や面談は気軽に受けられるため、優秀な人材を逃してしまうリスクを避けられます。

自社の現状を的確に分析するならマーケティングの知識を身につけよう!

「マーケティング」というと「商品を販売する技術では?」と考える方もいるでしょう。

しかし、マーケティングの知識は自社の現状を正確に分析し、最適な施策を行うために重要な知識です。

マーケティングの知識はビジネスの幅広い分野で活用できるので、会社経営に関わっている方はぜひ基礎知識を身につけるのがおすすめ。

ラーニングエッジ株式会社が開催している「三方よし」マーケティング特別セミナーは、たった3時間でマーケティングの本質を学ぶことができます。

無料で参加できるので、ぜひ申し込んでみてください!

https://lp.seminars.jp/mbs/pv3/

まとめ

採用戦略を立てて採用活動を行えば、無駄なコストを減らしながら自社に最適な人材を採用できます。

3ステップで採用戦略を立てて応募者を増やし、優秀な人材採用を目指しましょう。

ただし、採用活動を行う際に無視してはいけないのが、現場の声です。

現場の声を無視するとせっかく採用した人材が離職してしまう可能性があるので、注意してください。

自社の魅力をたくさんの方に理解してもらい、長期的に戦力になってくれる人材を採用しましょう!

最終更新日: 2022/02/15 公開日: 2022/02/16
社長の教養
朝ライブ
社長の教養
朝ライブ
セミナーバナー

おすすめ記事

絆徳経営のすゝめ| 100年続く一流企業は、なぜ徳と絆を大切にす...

社長の教養|今こそ学びたい3つの教養「経営」「歴史」あと一つは?

三方よしとは?売り手良し、買い手良し、世間良しの事業事例を紹介

20回も繰り返し学び、そして実行し続ける草間 淳哉氏が語る MB...

今、読まれている記事

社長が最低限おさえておかなければならないマーケティング

2022年11月7日(月)

プレゼン前日の最適な睡眠時間は?やってはいけない行動を解説

2022年11月8日(火)

心理学のグループワークのメリットとは?デメリットを防ぐ方法も

2022年11月4日(金)

Twitterマーケティングの手法!4種類の手法を具体例で解説

2022年11月15日(火)

企業のInstagram活用事例をご紹介!2つの重要ポイント

2022年11月29日(火)

資料ダウンロード

採用の悩みを解決する!

ヘッドハンティングを成功させるポイントをあの有名企業の実例をあげてわかりやすく解説しています。

院長先生におすすめ!

成功しているクリニックでは何をしているのか?どうしたら今の課題を解決できるか? その取り組み事例や成功事例をこの資料でお届けします。

カテゴリー

マーケティング 249
人事・組織 46
営業・販売 20
リーダーシップ 41
歴史・哲学 40
マネジメント 52
連載「飛躍の瞬間」 1
BIZ SPOT bantokupresent 2022