【初心者向け】Web集客の方法!種類と特徴を分かりやすく解説

最終更新日: 2022/02/14 公開日: 2022/02/14

Web集客はそれなりの知識や経験が求められますが、インターネットが爆発的に普及している現代では、初心者でも取り組むべき効果的な集客方法です。

こちらのサイトでは、

これからWeb集客を始めたいが具体的にどんなやり方があり、それぞれどのような特徴があるのか分からない

という経営者向けにWeb集客の基本をお送りしていきます。

  • GoogleやYahoo!などの検索結果ページから集客する「自然検索」について
  • より高い集客効果を出しやすい「有料広告」の種類や特徴
  • その他のWeb集客方法

これらを丁寧に解説します。

Web集客の方法にはさまざまな種類がある

Web集客の方法には無料で対策できるものや有料広告を使う方法など、さまざまな種類があります。

インターネットが普及する以前は、

  • 折込チラシや看板広告
  • 雑誌や新聞に広告を掲載
  • テレビやラジオCM

などが主な集客方法でした。現在主流となっているのは次のような集客方法です。

  • 検索エンジンからの集客
  • Web有料広告からの集客
  • SNSからの集客
  • 外部サイトや直接流入からの集客

集客に伴う必要な費用や人的コストは手法によって変わります。

Web集客方法の「自然検索」とは

自然検索は「オーガニック検索」「ナチュラル検索」とも呼ばれています。有料広告を使わず自社サイトを多くの人に見てもらうためには、GoogleやYahoo!などを使う自然検索は活用すべき集客方法です。

有料広告を使わず集客対策ができる

自然検索とはGoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した際、表示されるページの中の広告枠を除いた検索結果を指します

GoogleやYahoo!では検索エンジンがアルゴリズムによって評価したサイトが、ランキング形式で表示される仕組みとなっています。ユーザーは検索結果ページからサイトを訪問しますが、この流れを「自然検索からの流入」といいます。

適切な対策を講じれば広告費をかけず売上まで結びつくため、多くの企業がこの自然検索からの流入を増やそうと力を入れています。

上位表示させるにはSEO知識が必要

検索エンジンのアルゴリズムによって表示される順位が決定されるため、上位表示のためにはSEOの知識と正しい対策が必要となります。

SEOとは「検索エンジン最適化」のことで、Googleなどの検索エンジンが理解しやすいように最適化することです。

ホームページや、自社で保有するオウンドメディアが検索で上位に表示されると、自然検索からの流入が増え低コストで集客が実現できます。

上位表示の条件はSEO対策以外では、ユーザーの求める情報のコンテンツを継続的に投稿することも肝心です。一般的には最低でも100以上のコンテンツ記事が必要と考えられています。

自然検索からの流入で集客するには、

  • Webサイトに検索エンジンが読み取りやすくなるようなSEO対策
  • ユーザーを満足させるためのコンテンツ制作
  • 運用は中長期的で考える

などがポイントです。

もし集客力を上げるためにWeb集客に限らず、マーケティング戦略から見直したい人はこちらもご覧ください。

自然検索のメリットとデメリット

上位表示のための努力は必要ですが、SEO対策と継続的なコンテンツ制作を行うことは、ユーザーを満足させられるサイトとなり、時間が経過しても利益を生み出す資産となるなどのメリットもあります。

FacebookやTwitterなどのSNSはサービスが終了すればすべてを失うこともありますが、オウンドメディアではそのリスクは低く、継続的に利益を生み出す仕組みを構築できます。

一方で近年ではGoogleの検索アルゴリズムがアップデートされると、これまでは上位検索であった記事コンテンツも順位が変動しやすくなっているという指摘もあります。

まずは自然検索のメリットから解説します。

・広告費をかけずにユーザーにサイトを訪問してもらいやすい
・SEO対策を講じた記事コンテンツのサイトは資産にもなる

次に自然検索のデメリットを解説します。

・SEO対策には明確なルールは無いため対策に失敗すると上位表示がされない
・コンテンツの作成から集客につながるまで時間がかかる
・自社のSEO対策では不十分であると外部のSEOコンサルに依頼するため費用がかかる

これら自然検索のメリット、デメリットを踏まえた上で読み進めてください。

Web集客に使う有料広告の種類

有料のWeb集客方法を使っても、正しい知識と運用ができないと成果につながらないこともあります。少しでも早く集客したい場合は有料のWeb広告を検討するのがおすすめです。

有料広告には次のようなものがあります。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • アフィリエイト広告
  • アドネットワーク広告
  • 動画広告
  • キュレーションメディア広告

などがあります。それぞれの特徴を解説いたします。

リスティング広告

リスティング広告とは「有料検索広告」「PPC広告」とも呼ばれています。

自然検索と同じGoogleやYahoo!などの検索結果ページに表示されますが、自然検索より上位に表示されるため、ユーザーの目にとまりやすくなっています。

キーワードや配信の時間帯、地域など細かい設定や、アカウントを発行し設定が済めば、即日広告を出すことも可能です。

予算の目安は入札によるオークション制のため月1,000円程度からでも出稿できますが、一般的には20~30万円から始める企業が多いとされています。

留意点としてはリスティング広告内にも順位があるため、必ずしも最上位が獲得できるわけではないということです。

運用には専門知識も必要となり、検索キーワードの人気度が高いと入札が多く単価が高くなるなどのデメリットも存在します。リスティング広告の特徴は以下の通りです。

  • 自然検索からの流入が見込めない初期の段階だけ使うこともできる
  • 特定のターゲティングに対してなら費用対効果が期待できる
  • 集客の成果にスピード感を出したい場合は有効活用できる
  • 検索結果の順位は入札価格と広告の品質で変わる
  • 費用対効果の測定や広告の内容を改善するためには専門知識が必要

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、検索画面だけでなくあらゆるページの広告枠に表示される画像広告、動画広告、テキスト広告のことを指し「バナー広告」とも呼ばれます。

リスティング広告のように検索単語を設定しないため、ターゲットへの訴求力は劣りますが、サービスや商品を知らない潜在層ユーザーにまで広く配信できることが特徴です。

テキストのみのリスティング広告と違い、画像や動画を使うことで目に留まりやすいのもメリットです。

基本的には高い単価を設定した広告が優先して掲載されます。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とはWebサイト・SNS・ブログサイトなどの一部のスペースに広告を掲載して、そのページに訪問したユーザーに会社や商品をアピールする仕組みです。

成果報酬型という、ユーザーがそのリンクを通じて商品を購入したら、Webサイトやブログサイトの運営者に報酬を支払うシステムが一般的です。

商品やサービスに合ったサイトに掲載できるため費用対効果が高いというメリットはありますが、アフィリエイターに知ってもらうための投資が初期段階で必要となります。

アドネットワーク広告

アドネットワークとは、WebサイトやSNS、ブログなど複数の広告媒体を集約して作られた広告配信ネットワークです。複数の広告媒体にまとめて広告を配信できるのがメリットです。

主なサービスにはGoogleが提供している「Google AdSense」や、Yahoo! JAPANが提供する「Yahoo! ディスプレイアドネットワーク(YDN)」があります。

費用相場は、クリック課金型は1クリック10円~数百円、インプレッション方式では1000回表示あたり10円、が相場となっています。

動画広告「TrueView」

TrueView広告は、YouTubeなどの動画サイトで動画の前後や途中に挿入されている動画広告です。

YouTubeは運営がGoogleのため、TrueViewの設定や編集はGoogle広告の管理画面から行うことが可能です。

動画作成には費用と時間がかかるもの、年齢・性別・興味など細かいターゲティングが可能で、低予算から始められ費用対効果も高い広告手法といえます。

キュレーションメディア広告

キュレーションメディアとはインターネットに投稿されている膨大な記事を、ユーザーの興味関心に合わせ、まとめて配信しているサイトを指します。

代表的なものではスマートフォン向けニュースアプリ「スマートニュース」や「グノシー」などがあります。

毎日の習慣としてキュレーションメディアを利用するユーザーが多く、その特性を生かした広告がキュレーションメディア広告です。この有料広告を使うには、出稿したいメディアを選ぶことから始めましょう。

その他のWeb集客方法

ここからは自然検索からの流入、有料広告からの流入以外のWeb集客方法を解説します。

SNSを使う

多くの人が利用しているSNSには主に下記のようなものが主流です。

  • LINE
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube

無料でできるSNSは企業でも積極的にアカウントを運用して集客に活用していますが、有料のSNS広告を導入することも可能です。

SNS広告とは特定のSNSのプラットフォームに広告を出稿する施策です。無料の発信に加えて有料で広告を打ち出すサービスを導入することで、より高い集客効果が期待できます。

SNS広告を利用するメリットは

  • リターゲットユーザーを絞り込みやすく、より訴求力の高い広告発信ができ
  • 10代20代のSNS利用率は高いため若い世代へのアプローチに強い
  • 広告費用は運用方法によってコストを抑えることも可能
  • ターゲットユーザーを絞り込みやすく、より訴求力の高い広告発信ができる
  • 10代20代のSNS利用率は高いため若い世代へのアプローチに強い
  • 広告費用は運用方法によってコストを抑えることも可能

費用をかけても投稿するコンテンツに魅力がなければ、クリックされることは少ないため、ターゲットにあった魅力的なコンテンツにすることも課題となります。

SNS広告の効果をより高めるには、目的やターゲットに合った媒体(Instagram・Facebook・Twitterなど)を選ぶことも重要で、それぞれのSNSの特徴や運用方法のコツも把握することが求められます。

外部サイトを使う

外部サイトからの流入は、自社Webページのリンクを貼ってもらった別のサイトからユーザーが訪れることを指します。このように別のサイトにリンクを貼ってもらうことを「被リンク」といいます。

例えば

  • 特定の商品やサービスを紹介する「ポータルサイト」
  • 自社と関連する他企業のサイト
  • SNSやブログ

などで被リンクをしてもらいます。

被リンクが多くなるとサイトの信頼性や権威性が上がりSEO順位の向上にもつながると言われています。ターゲット層に近いユーザーが集まりやすいため、集客後も売上アップへの影響が大きい手法です。

注意したいことは、質の高いコンテンツでないと被リンクの獲得ができないことや、質の低いサイトの被リンクをすると自社のサイトの評価にも悪影響となるなどのデメリットも存在することです。

被リンクを増やすには、無料でできるものもありますが、有料なものほど効果が期待できます。

直接流入を使う

直接流入とは次のようなものです。

  • URLを直接入力
  • ブラウザのお気に入りやブックマーク
  • アプリから訪問
  • ファイルやメールに記載されたリンク
  • QRコードを読み取ったリンク

などからサイトへ訪問したものを指します。ユーザーが検索エンジンを使って検索しなくても、そのままサイトに訪問できるよう、こちらも戦略に加えましょう。

  • メールマガジンにリンクを貼る
  • チラシなどの配布物にQRコードを掲載する
  • サービスのPR動画、プレスリリース、アプリストア、SNSなどのあらゆるマーケティング・チャネルにURLを記載する

これらの方法を使うことで、ダイレクト流入の集客を目指せます。取りこぼしのないよう表示URLは、全てのチャネルで必ず統一するようにしましょう。

もし集客にキャンペーン性を持たせたい場合は、こちらの記事もオススメです。

最後に

GoogleやYahoo!などの検索エンジン経由で集客できるまでには、専門的な知識だけでなく時間も必要となることや、有料広告でも思うような集客がすぐに実現できる訳ではありません。

弊社では競合が激しい業種でも差別化できる方法や見込み客の増やし方など、集客数を上げるための講座をご用意しております。オンラインにて無料で受講できますのでお気軽にお声がけください。

最終更新日: 2022/02/14 公開日: 2022/02/14
社長の教養
朝ライブ
社長の教養
朝ライブ