SNS集客の特徴と効果的な運用ポイント|担当者の悩み解消

最終更新日: 2022/01/04 公開日: 2022/01/05

スマホの普及により、身近な情報収集ツールとなったSNSは、消費者の購買行動に大きな変化をもたらしています。

そこで、多くの企業が注力しているのが『SNS集客』です。

SNS集客は、大きな成果が生み出せるマーケティング施策である一方、成果が得られるまでに時間がかかり、取り組む担当者の負担は大きくなりがちです。

「モチベーションが維持できず更新頻度が下がる」「発信に悩んで投稿にブレが生じる」という悩みを抱える担当者も少なくありません。

本記事は、そんな悩みを抱えるSNS担当者に向けて、SNS集客の特徴や効率よく運用するポイントを解説します。ぜひ実践していただき、課題の解決に向けて対策につなげてください。

SNS集客でできること

まずは、SNS集客でできることを説明します。「どうしてSNS集客に取り組むべきなのか」が理解できるようになるはずです。

集客経路の増加

SNS集客の魅力的な特徴のひとつは、集客経路が増加することです。

さまざまなSNSで効果的に発信することで、多くの人の目に触れる機会が増えます。それは、多くの人に商品・サービスを認知させ、興味を持ってもらうことにに繋がります。

そうなると、必然的に増えるのが、SNSからホームページやオンラインショップへの流入です。また、生活圏内に実店舗があるとわかれば実店舗へ足を運ぶ可能性も増えるでしょう。

つまり、SNSを利用することで集客経路が増加し、売上アップが見込めるようにもなるのです。

SNSのプロフィール欄から、ホームページやオンラインショップへスムーズに移行できるよう、動線設計を構築しましょう。

商品・サービスの情報拡散

SNSは情報をリアルタイムで発信・拡散させられる特徴があるため、現代の集客背景にとても役立ちます。

SNSでの発信は、フォローされているユーザーのタイムラインに自動的に流れます。つまり、企業にとってベストなタイミングで、ユーザーに最新の情報を届けることができるということです。

届けたい情報が見落とされる可能性を減らし、効果的なタイミングでユーザーに情報を与えることで、集客に大きな成果をもたらすでしょう。

また、各SNSには「いいね」や「リツイート」など、ユーザー同士が情報をシェアする機能があります。多くのユーザーにとって興味深い発信ができれば、瞬時に拡散させることも可能です。

新商品発売やお得なキャンペーンなどは、SNSを使って効果的に発信しましょう。

見込み客の獲得

SNSにはそれぞれ、アカウントの『フォロー』という機能があります。

一般的には、アカウントの投稿する内容に興味を持ち、気に入ってフォローする流れなので、いわば『ファン』に近い感覚です。

フォロワーの中には、すぐに購買につながるファンもいれば、潜在的なファン、すなわち見込み客も多数含まれています。

SNSの投稿を通じて、定期的に見込み客へアプローチし、顧客へと成長させることが、SNS集客成功につながります。

SNS集客の必要性がわかる、顧客の購買行動『AISAS』とは 

SNSが集客に適しているという事実は、近年の消費者の購買行動『AISAS』でも明らかです。

『AISAS』とは、以下の英単語の頭文字を取ったものです。

  • Attention(認知)
  • Interest(興味)
  • Search(検索)
  • Action(行動=購入)
  • Share(共有)

具体的には、以下のような消費者行動をいいます。

企業やインフルエンサーの投稿によって、商品・サービスを認知する
            ↓
「より詳しく知りたい」と興味を持つ
            ↓
『ハッシュタグ』などを使って検索し、商品・サービスの口コミで比較検討する
            ↓
SNSのアカウントから、オンラインショップなどへ流入し、購入する
            ↓
ユーザー自身のアカウントで商品・サービスを共有する
            ↓
また別のユーザーが商品・サービスを認知する
            ・
            ・
            ・

このように、現代の消費者行動はどの段階をとっても、SNSマーケティングの知識が必要です。

顧客心理に寄り添った施策を実施することで、SNS集客は大きな成果を生み出せることが容易に想像できるでしょう。

SNS集客を効率よくおこなうポイント

大きな成果を生み出すチャンスが潜んでいるSNS集客。

しかし、SNS集客は即効性がないという難点があります。効果を実感できるまでは、発信のモチベーションが下がることも予想されます。

こういった問題を回避するためにも、事前に抑えておくべきポイントを説明します。

SNS運用の目的と目標を明確にする

集客のためのSNS運用について、目的と目標を明確にしましょう。たとえば、以下のようなものが挙げられます。

「新商品の認知度を上げる」
「SNSからオンラインショップへの流入を増やす」
「SNSで興味を持ってもらい、実店舗への来店を促進する」

最終目標は『売上アップ』であっても、そこにたどり着くまでのルートや、成し遂げるべき目標は数多く存在するでしょう。SNSはそれらの目標を達成するための集客ツールのひとつなのです。

集客のためにSNSを運用する場合、目的と目標が明確に定まっていないと、発信内容のブレや、担当者のモチベーション低下につながる恐れがあります。

これらを回避するためにも、SNS集客の目的と目標を明確にしましょう。

ターゲットを明確にする

SNS集客を効果的におこなうためには、ターゲットを明確にするのも重要なポイントです。

一見SNSの投稿は、不特定多数の人に向けて発信しているようにも見えます。しかし、ターゲットを明確にせず作成した投稿は、誰の心にも刺さりにくいものです。

まずは、ターゲットの性別・年齢層・職業など、人物像を詳細に絞り込みましょう。そして「どんな悩みを抱えているのか」「なにを必要としているのか」など、ターゲットのニーズを考察し投稿を作成します。

ターゲット選定は、集客する人を限定しているようで、そうではありません。

ターゲットを明確にした結果、より深い内容の発信ができ、より多くの集客が望めるようになるのです。

投稿内容は事前に決定する

SNS集客をおこなうにあたって重要なポイントは、投稿する内容を事前に決定することです。理由は以下の2つです。

ひとつ目は、「ネタが思い浮かばず、投稿できない」という事態を避けるためです。

SNS集客は、長期にわたって継続的に発信する必要があり、大きな労力を要します。その中で、ネタが思い浮かばないという日もあるでしょう。

そうなったとき、ある程度投稿のストックがあれば、アカウントの動きを止めることなく、コンスタントに発信し続けることができます。

ふたつ目は、SNSの『炎上』を回避するためです。

近年、誹謗中傷や差別的な発言など、不適切な内容の投稿によって、炎上した事例が数多くあります。

炎上を防ぐためには、投稿内容を複数の人でチェックすることが最重要です。

事前に投稿内容を決めておけば、複数の人でチェックする時間を設け、入念に確認をした上で投稿することが可能です。

時間に余裕がない状態での投稿は、ミスが発生しやすく、炎上のリスクを高める原因にもなりますので注意しましょう。

投稿時間帯を意識する

SNS集客は「何時に投稿をおこなうか」で、その効果に差が生まれます。ターゲットの生活スタイルを考慮して、投稿時間を設定しましょう。

たとえば、会社員をターゲットにする場合。朝夕の通勤時間帯は、スマホを手にしている人が多く、投稿がリアルタイムに読まれやすい時間帯といえるでしょう。

一方、主婦やお母さんがターゲットの場合は、朝夕の時間帯は家事に育児に忙しく、SNSを見る余裕もないことが予想されます。

このように、同じ投稿でも時間帯によっては、ターゲットの目に触れる確率に差が生まれるのです。ターゲットの生活スタイルを意識して、投稿時間を検討しましょう。

SNS集客のメリット

SNS集客のメリットは、以下のものが挙げられます。

低コストで情報発信ができる

SNS集客は、低コストで情報発信できるのが大きな魅力です。

SNSは企業であっても、アカウント内での宣伝や告知は基本的に無料。これとは別に有料の『広告』が存在します。

アカウント内で魅力的な投稿をおこない、その情報を拡散できれば、有料の広告に負けず劣らずの効果を発揮するでしょう。

情報拡散力が強い

SNSの情報拡散力は驚異的です。

SNSは、アカウントやタグをフォローしていると、関連した情報がタイムライン上に流れます。

それと同時に、情報に興味を持ったユーザーが「いいね」や「リツイート」をすると、別のユーザーにも瞬く間に広がっていきます

一方、企業のホームページ上で情報を発信しても、ユーザー側からアクセスしてもらわない限り読まれません。これらを比較しても、SNSの情報拡散力の強さは、集客に大きなメリットがあるといえます。

訴求力が優れている

SNSでの集客は、優れた訴求力を発揮します。

特にSNSで活躍する人気インフルエンサーには、目を見張る訴求力があり、大手企業もコラボに乗り出しています。

商品・サービスの強みを最大限引き出せるインフルエンサーとダッグを組めれば、SNS集客において大きな成果を生み出せるでしょう。

幅広いユーザー層に認知される

SNS集客をおこなうことで、幅広いユーザー層に認知させることができるのがメリットです。

企業のターゲット層はありつつも、SNSのシェア機能などにより、想定していなかったユーザー層の目にも止まる機会が増えます。その結果、新規顧客を獲得するチャンスが生まれるのです。

さらに、想定外の顧客層とのコミュニケーションが生まれれば、マーケティングの新規開拓にも発展するでしょう。

SNS集客のデメリット

情報拡散力も訴求力も抜群によいSNS集客。しかし、以下のようなデメリットもあります。

成果が出るまで時間がかかる

SNSでの集客は即効性がなく、成果が得られるまでには時間がかかることがデメリットのひとつです。

アカウント作成後、徐々に認知を広げ、最終的に購買行動を起こしてもらうという道のりは、一朝一夕には成し遂げられません。

中長期的な視野を持ち、地道に確実に投稿を続けていきましょう。

継続的な発信は負担が大きい

SNSは定期的に発信し続けないと、フォローを外されるケースが少なくありません。集客で成果を上げるためには、継続的に発信し続ける必要があります。

特に複数のSNSを運用している場合、それぞれのSNSに適した投稿を生み出し続けるのは、相当な忍耐を要します。SNS担当者の負担は、想像以上に大きいでしょう。

SNS投稿に集中できる環境づくりや、社内でのSNS運用ルールを明確にすることで、担当者の負担を減らしながら継続的な投稿を目指しましょう。

SNS集客に向いている3つのSNSとその特徴

総務省によると、スマホを所持している人のうち、SNSを利用している人は71.2%(2016年現在)に上り、年々増加傾向にあります。

引用:総務省情報通信政策研究所「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」

国内のSNS利用者が日々増加する中、SNSもまた、新しいものがどんどん開発されており、それぞれに魅力的な特徴があります。

商品・サービスの特性や、発信したい内容を考慮し、相性のよいSNSを選ぶことが重要です。ここでは、集客に向いている代表的な3つのSNSとその特徴を紹介します。

Twitter

Twitterは、140文字以内の文章をメインに投稿する形式のSNSです。

月間アクティブユーザー数が約4,500万人で、主に10~30代の若年層が利用しています。

Twitterには、気になった投稿(ツイート)を『リツイート』できる機能があり、ユーザーからユーザーへと手軽に拡散させられるのが特徴です。

他のSNSと比べて拡散力が抜群に良く、ニュースやトレンドなどの情報拡散と話題作りに適しています。

Instagram

Instagramは、画像や動画をメインに投稿する形式のSNSです。

月間アクティブユーザー数は3,300万人で、日本国内では最も勢いよく成長しているSNSです。利用しているユーザー層は、主に10〜30代女性ですが、30代以降や男性の利用も増加傾向にあります。

「インスタ映え」という言葉が生まれたように、魅力的な画像や動画を使って、ユーザーに対して効果的に体験欲求を与えることができるのが特徴です。

特にBtoCの業種では、集客や販促に大きな効果が期待できるでしょう。

LINE

LINEは10〜60代まで、幅広い年齢層に利用されているメッセージアプリです。

月間アクティブユーザー数は約8,900万人で、国内では驚異的なアクティブ率を誇ります。

アプリの特性上、他のSNSに比べて拡散力は劣ります。しかし、認知してくれている顧客とのコミュニケーションをおこなうには、最も適したSNSといえます。

キャンペーンの告知やクーポン配布など、アカウントを登録してくれている顧客に確実に届けられるメリットもあります。

SNSの特徴を理解して効果的に集客しよう

SNS集客は、現代の消費者行動パターンを考慮すると、必ず取り入れるべきマーケティング施策のひとつです。

SNS集客の特徴をしっかり理解し、運用のポイントを抑えれば、効率的かつ効果的な発信ができるようになります。

商品やサービス、発信したい内容とSNSの相性を見極め、より多くの集客を目指しましょう。

SNS集客において、最も重要なのは『ユーザーや顧客に寄り添った発信』です。

顧客のニーズを常に想像し、必要としているものを適材適所で提案していくことが、SNS集客を成功させる秘訣です。

本記事の内容を意識しながら、SNS集客を効果的かつ効率的に実施していきましょう。

セミナーズが行っているマーケティング講座無料体験会では、本質的なマーケティングを体系的に学ぶことができます。話を聞いたらすぐに持ち帰って、あなたのビジネスに即活用することが可能です。

三方よしマーケティング特別セミナー

「事業がなかなか拡大しない…」
「次にどうしたらいいか分からない…」
とお悩みの経営者さまのために、弊社では 無料で「三方よし」マーケティング特別セミナーを開催しています!

「本質的なマーケティングを体系的に学んでみたい!」
「ビジネスをもっと拡大したい!」
と感じている方はぜひご参加ください。

最終更新日: 2022/01/04 公開日: 2022/01/05