社員のモチベーション低下の理由|生産性をアップさせる方法

最終更新日: 2022/02/09 公開日: 2021/12/27

「社員のモチベーション低下が気になる」
「仕事の質がよくない」
「生産性が上がらない」

このようなお悩みを抱える経営者、人事担当者は多いのではないでしょうか。

社員のモチベーションが下がる理由は、職場環境のストレスが原因かもしれません。業務の生産性に影響を及ぼす原因を突き止めれば、改善策が見えてくるでしょう。

この記事では社員のモチベーション低下の原因をひもとき、解決方法を紹介します。上がったモチベーションを支えるポイントについても触れていきます。

モチベーション低下の原因は「職場環境のストレス」

社員のモチベーションが下がる原因として考えられるものが、職場環境のストレスです。

たとえば、以下の内容に対する不満が引き金となるケースがあります。

  • 業務
  • 働き方
  • 待遇
  • 人間関係
  • 物理的な労働環境

このような職場環境のストレスがモチベーション低下につながり、結果として業務の生産性に影響します。

まずは社員のモチベーションが下がる原因を、くわしく見ていきましょう。

働き方に対する不満

社員のモチベーション低下につながりやすい原因の1つとして、働き方に対する不満が挙げられます。

たとえば以下のような理由です。

  • テレワークの制度がない
  • 勤務時間の柔軟性が乏しい
  • 残業規制により、思ったように仕事が進まない

フレキシブルな働き方が導入されておらず、働きにくいと感じる人がいるのではないでしょうか。近年の働き方改革による残業規制も、仕事の進捗に影響します。

業務に対する不満

モチベーションが低い社員は、担当業務そのものに不満を感じている傾向があります。

  • キャパシティ以上の仕事を与えられる
  • 適正な仕事を任せてもらえない

たとえば「能力以上のノルマを課せられている」と感じた社員は、モチベーションが下がってしまいます。「頑張っているのに成果が出ない」という思いから焦りが生じ、モチベーションが低下しやすくなるのです。

人手不足によって1人ひとりの作業量が多い状態も、精神的な余裕がなくなるでしょう。

また仕事に対する意欲が高い社員は、「やりたい仕事を任せてもらえない」「自分のスキルを存分に発揮できない」と感じやすいもの。

成長欲求が削がれ「自分に合う会社が他にあるかもしれない」という考えから、離職してしまう可能性も否定できません

待遇に対する不満

社員が不満を抱きやすいものとして給与、福利厚生に対する不満が挙げられます。待遇に不満を抱えた社員は「期待していた金額に満たない給与だった」「会社から大切にされていない」と感じやすいでしょう。

また残業が多く、休日が少ない場合も社員の負担になるため、モチベーションが低下する可能性があります。

人間関係に対する不満

職場の人間関係に対する悩みや不満から、社員のモチベーションが低下することがあります。社員同士のコミュニケーションが少ない状態も、業務の進捗に影響しやすいでしょう。

たとえば上司や先輩社員からのアドバイスが小言のように感じられ、仕事が捗らないケースがあります。

人間関係が悪化すると「この人と一緒に仕事をしたくない」と感じ、会社への貢献意欲が低下。結果として休みがちになったり離職したりする原因になるでしょう。

物理的な労働環境に対する不満

業務や待遇、人間関係に不満がなくても、物理的な労働環境が整備されていないことが社員のモチベーション低下につながります。

たとえば「空調設備が整っておらず、業務に集中できない」「休憩室が狭いため、リラックスできない」というケース。居心地のよくない環境は、働く意欲が低下する要因となります。

社員のモチベーションを上げる方法

下がってしまった社員のモチベーションを上げる方法を紹介します。

  • 現場の環境を見直す
  • 成長のチャンスを用意する
  • 本人の努力を評価する

くわしく見ていきましょう。

現場の環境を見直す|ワークライフバランスの実現

まずは現在の労働環境を見直しましょう。社員の給与や手当、福利厚生などの整備が十分に行われているか確認します。残業や有給休暇の取得なども、フレキシブルに対応することが大切です。現場の管理職と協力しながら、労働環境を改善しましょう。

また社員がライフスタイルに合った働き方ができているかどうかも重要です。近年は働き方が多様化し、多くの人材はワークライフバランスの充実を求める傾向があります。

ワークライフバランスとは、生活と仕事の調和を意味する言葉。仕事とプライベート、どちらか一方を優先させるのではなく、両方を充実させるための相乗効果のことです。

画像引用元:ボーグル|ワークライフバランス(WLB)とは?定義と取り組み事例を解説

仕事が円滑に進むことで生活が潤い、プライベートの充実によって仕事が捗ります。仕事とプライベートを共に充実させることで、社員の満足度向上が期待できるでしょう。

成長のチャンスを用意する|達成感を与える

社員が本来持っているスキルを活かし、達成感が得られるチャンスを用意しましょう。

モチベーションは本人の達成感に影響します。なかでも自分から積極的に取り組む性格の人は、仕事に対してやりがいを求める傾向があります。

やりがいのある仕事を任せることで、自分の仕事に価値を見出し、目標達成に喜びを抱くでしょう。

たとえば以下の方法が有効です。

  • 新たなプロジェクトのアイデアの募集
  • 業務に役立つスキルの取得

このように社員が自分のスキルを伸ばし、能力を発揮する機会を作りましょう。

大切なのは「自分が会社の未来を担っている」と実感してもらうことです。

成長の機会を与えることで、「自分のアイデアでプロジェクトを動かせる」と感じた社員のモチベーションが向上します。成長した社員は、自社で活躍する存在になってくれるでしょう。

本人の努力を評価する

社員の取り組みに対する適正な評価は、本人の承認欲求を満たしモチベーションを向上させます。

自分の努力が認められることは嬉しいものです。自分の考えや取り組みが褒められ、「会社の役に立っている」という気持ちが生じます。

社員の承認欲求を満たすためには、成果を出した人に対する表彰、昇給が効果的です。

また思うような結果が出せなかった社員に対しても評価が必要。努力した結果、誰からも認められないままでは「頑張ったのに報われなかった」というネガティブな気持ちになってしまいます。

ポイントは成果を出した社員を評価するだけでなく、その結果にいたる過程にも目を向けること。結果にいたるまでの取り組みに付加価値を与え、仕事に対する情熱を持ってもらいましょう。

社員のモチベーションを支える3つのポイント

社員のモチベーションを維持するポイントは以下の3つです。

  1. 明確な目標を持ってもらう
  2. 仕事にメリハリをつける
  3. 社員の意見を尊重する

本人が無理なく自分のペースを掴めるように、職場環境を整えてサポートしましょう。

明確な目標を持ってもらう

社員のモチベーションを支えるには、明確な目標を持ってもらうことが有効です。自分の目標を立てることで仕事の意義が感じられ、やる気につながります。

どのような姿になりたいのか目標を掲げ、今できることは何かを考えてもらいましょう。目標達成に向けたアクションを促すことで、長期的に社員のモチベーションを保つことができます。

ただし、人の意識は移ろいやすいもの。そのため目標や取り組みは、定期的に見直す必要があります。

あまりにも長期間を要する目標は、社員が士気を喪失する原因になります。目標達成が難しい場合は、課題を見つけて解決策を講じることが大切です。

また目標が達成され仕事に対する情熱が冷めると、モチベーションが下がるかもしれません。この場合は目標達成を祝福し、評価するとともに、新たな目標を立ててもらうとよいでしょう。

仕事にメリハリをつける

社員のモチベーションを支えるには、仕事にメリハリをつけることが大切です。無理矢理モチベーションを上げると社員が疲れてしまいます。リラックスしてもらえる制度を取り入れてみてはいかがでしょうか。

たとえば昼寝制度の導入。適度な仮眠を取り入れ、頭がスッキリとした状態で業務を行うことで生産性アップが見込めます。

また有給休暇の取得により、心身ともにリフレッシュしてもらう方法も有効です。業務と向き合うために一度仕事から離れ、ワークバランスを取ってもらいましょう。

社員の意見を尊重する

社員から業務の改善点、提案を持ちかけられたことはありませんか?

自分よりも目上の人に意見を伝える社員の行動は、仕事に対する意欲が高い証拠です。もちろんすべてを受け入れるのは難しいことですが、まったく相手にしないようでは社員のモチベーションが下がってしまいます。

社員の言葉がきっかけで固定概念が取り払われ、新たな発見があるかもしれません。社員の意見は、できる限り尊重しましょう。

社員の現状を把握して生産性アップを目指そう

社員が常に高いモチベーションを維持しながら業務を遂行するのは難しいことです。

彼らのモチベーションを維持するには、社員1人ひとりと向き合い、不満を解決し、適性に評価することを意識しましょう。

給与や福利厚生などの待遇も重要ですが、社員の成果を祝い、取り組みを褒めることもモチベーションアップの要因となります。まだ目に見える成果がない場合も、本人の努力を認めることが大切です。

社員のモチベーション維持は成果を生み出します。仕事に対して意欲的に取り組んでもらうために働く環境を改善し、業務の生産性につなげましょう。

セミナーズ通信

年商5億円を超えさらなるスケールアップを目指す経営者必見!
あなたのビジネスをスケールアップさせる集客と組織作り、
さらに、成功事例やここだけのお得な内容をお届け致します。

最終更新日: 2022/02/09 公開日: 2021/12/27
社長の教養
朝ライブ
社長の教養
朝ライブ
セミナーバナー

おすすめ記事

絆徳経営のすゝめ| 100年続く一流企業は、なぜ徳と絆を大切にす...

社長の教養|今こそ学びたい3つの教養「経営」「歴史」あと一つは?

三方よしとは?売り手良し、買い手良し、世間良しの事業事例を紹介

今、読まれている記事

社長が最低限おさえておかなければならないマーケティング

2022年11月7日(月)

プレゼン前日の最適な睡眠時間は?やってはいけない行動を解説

2022年11月8日(火)

脳を休める睡眠法!睡眠中に脳や身体で起きていることとは?

2022年12月2日(金)

心理学のグループワークのメリットとは?デメリットを防ぐ方法も

2022年12月1日(木)

Twitterマーケティングの手法!4種類の手法を具体例で解説

2022年11月15日(火)

資料ダウンロード

採用の悩みを解決する!

ヘッドハンティングを成功させるポイントをあの有名企業の実例をあげてわかりやすく解説しています。

院長先生におすすめ!

成功しているクリニックでは何をしているのか?どうしたら今の課題を解決できるか? その取り組み事例や成功事例をこの資料でお届けします。

カテゴリー

マーケティング 250
人事・組織 46
営業・販売 20
リーダーシップ 41
歴史・哲学 40
マネジメント 53
連載「飛躍の瞬間」 1
BIZ SPOT bantokupresent 2022