セミナーへ集客するには?効率的に集客する方法11選とコツを解説!

最終更新日: 2021/12/14 公開日: 2021/11/28

セミナーは新規顧客の獲得や、それ自体が売り上げを生む営業方法で、最近人気が出ています。

セミナーから新しいビジネスチャンスを生み出すこともあり、セミナーをやりたいと考えている会社もあるのではないでしょうか。

しかし、セミナーに集客ができず、閑古鳥の鳴く会場も中にはあります。

「セミナーを企画したが、どうやって参加者を集めればよいのかわからない」

「効率の良い集客方法を教えてほしい」

などの悩みを持つセミナー担当者や講師の方々のために、この記事ではセミナーへの集客方法と集客のコツを解説しています。

セミナー集客方法11選

join us online on the laptop screen

セミナーへ集客するには、多くの方法があります。

最近はオンラインでの申し込みが増えていますが、オフラインの集客方法もあります。

セミナーのターゲットの年齢層やライフスタイルなどを鑑みて、どの方法が最も効果的なのかを考えましょう。

①新聞や雑誌に広告を掲載・折り込み広告

新聞や雑誌などに広告を載せたり、折り込みチラシを入れたりして、セミナーの告知・宣伝をすることができます。

マスメディアを利用することで大多数の人々の目に触れるチャンスがあるため、新規顧客を獲得できるかもしれません。

しかし、新聞の場合は特に、ターゲットの属性を絞れず、あまり広告が見られない可能性があります。

また、折り込みチラシは全く見られず古紙回収に回されることが多いので、効率はあまり良くありません。

雑誌に広告を載せるなら、セミナーの内容に近い専門誌を選ぶと、ターゲットとする人々の目に触れやすくなります。

②FAXでセミナーの告知

自社に顧客リストなどがある場合、FAXで告知する方法もあります。

FAXであれば、内容がプリントされてFAX機から出てくるので、必ず見てもらうことができます。

目立つようにデザインや文言を工夫すれば目に留まりやすいですね。

ただ、最近は固定電話の減少に伴い、FAXを利用している家庭も少なくなっています。

また、自社の顧客リストを使用する場合は、既存顧客にしかFAXすることができません。

新規顧客も開拓するなら、リストをレンタルする必要があります。

③集客代行業者の利用

集客の手間をかけられない場合は、集客代行業者を利用する手もあります。

集客を専門に行う会社なので、集客のノウハウを持っています。

業者によってピンからキリまであるので、しっかりと情報収集を行い業者を選びましょう。

④ホームページに掲載

自社ホームページにセミナーの告知を掲載し、集客することも可能です。

ホームページの目立つ部分にセミナーの申し込みページへのバナーを貼ると良いですね。

ただ、もしSEOの検索順位が低ければ、自社の顧客やよくホームページを見に来る閲覧者しか、告知を見ることがないかもしれません。

新規顧客の獲得を狙うなら、SEOの上位にいる必要があります

⑤ブログで告知記事を投稿

自社のブログがある場合、セミナーの告知記事を投稿することで、宣伝・集客が可能です。

ブログでホームページとリンクを貼って、ホームページの訪問者をブログに流すこともできるでしょう。

ブログでは、セミナーの内容を詳しく説明することもできるので、より興味を持ってもらいやすいですね。

ただし、ブログもSEOの上位にいないと新規顧客の獲得は見込めません。

⑥Google広告・Yahoo!広告

Google広告は、Googleで検索したキーワードから上位に表示される広告で、Yahoo!広告は、Yahoo!で検索したときに上位に表示される広告です。

検索結果は1番上に表示されたものが1番クリックされやすいため、集客に繋がりやすくなります。

また、特定のキーワードを検索したユーザーはターゲットに近い閲覧者であるため、セミナーに申し込む可能性が高いです。

有料ではありますが、どちらもクリックされない限りは費用が発生しないので、無駄な出費を防げます。

⑦Facebookアカウント・Facebook広告

Facebookは日本では若者離れがあると言われていますが、世界的にはアクティブユーザーが約23億人いる巨大なSNSです。

自社にFacebookアカウントがある場合は、セミナーの告知を投稿することで、フォロワーに対して集客できます。

フォロワーは自社のファンである可能性が高いので、申し込みに繋がりやすいです。

フォロワー以外のユーザーにもリーチしたい場合は、ターゲットを絞ってFacebook広告をフィードやストーリーズなどに掲載することができます。

Facebook広告はFacebookの他にも、Instagram、Messenger、Audience Network(Facebookと提携しているウェブサイト 例:SmartNews)にも広告を掲載できるので、1つのSNSに留まらず広くユーザーに届けられます。

また、Facebookアカウント開設時に、本名も含めてプロフィール情報を入力するので、その情報を基に正確なターゲティングができるのも魅力ですね。

⑧Twitter

自社がTwitterアカウントを開設していれば、ツイートでセミナーの告知をすることも可能です。

ツイートにいいねやリツイートをしてもらうことで、フォロワーの外へ拡散されます。

Twitterではツイートが流れやすく、約24時間でほとんど見られなくなってしまうため、定期的に告知をツイートすると良いです。

また、申し込みフォームへのリンクがついたツイートをすると、インプレッションが低くなるため、リプに返事をしたり、自分のツイートを自らリツイートするなどして、拡散に努めましょう。

⑨LINE公式アカウント

LINE公式アカウントでは、登録者に1対1でセミナーの告知ができます。

クローズドな場での告知となるので、「あなただけに」という特別感を出すと、セミナーへの申し込みが増えるでしょう。

LINE公式アカウントでは、タグを付けることで、ターゲティングができ、狙った登録者にピンポイントで告知ができます。

LINE公式アカウントでは登録者にしか告知ができないため、新規登録者を増やすには、他のSNSから登録してもらうなどの工夫が必要です。

⑩メールマガジン

メールマガジンでは、登録している読者にセミナーの告知が可能ですが、LINE公式アカウントと同じように登録者のみにしか告知ができません。

登録者は既に自社のサービスのファンになっている人たちなので、セミナーに興味を持ってくれる人は多いでしょう。

ただ、メールマガジンはLINEよりも読んでもらえる数が少なく、未読のまま放っておかれることが多々あります。

そのため、普段から登録者に興味のある配信をしておく必要があります。

⑪セミナーポータルサイト

セミナーポータルサイトはセミナーなどの告知、宣伝ができるポータルサイトです。

無料のもの、有料のもの、様々なポータルサイトがあるので、条件などをしっかりと確認して選びましょう。

主なポータルサイトをここで紹介します。

セミナーズ・日本最大級のビジネスセミナー情報サイト
・無料でセミナーの告知・掲載可能
・有料セミナーに申し込みがあった時点で手数料が発生する。
・セミナーの限定公開機能がある。
セミナー情報.com・無料プラン、成果報酬型プラン、定額のプレミアプランがある。
・告知の露出を増やすためのオプションプランが充実
・掲載のための審査が最大3日間かかる。
無料セミナー情報.COM・参加費が無料のセミナーのみ掲載
・セミナー情報.comの関連サイト
セミナーバンク・掲載費用や手数料が無料
・有料でメールマガジンでセミナーの告知ができる。
こくちーずプロ・登録料、手数料無料
・有料会員になればメール配信などが可能
・スマホだけでイベントの作成ができる。
BIZeeビジネスセミナー・日本最大級のビジネスセミナーサイト
・最短で即日掲載が可能
・掲載費用や成果報酬などがすべて0円のキャンペーン中(期限不明)
セミナーBIZ・参加費3000円未満のセミナーは掲載費用0円
・有料会員申し込み後、1か月間無料
ビジネスクラス・セミナー・年間18000件のセミナーを掲載
・セミナー受講でQUOカードなどの特典あり
ビジネスセミナーガイド・大手企業のセミナーの掲載が多い
・主催者、参加者ともに質が良い
・東京開催セミナーの掲載料が4400円
MAINICHIセミナー情報・毎月最初の1本が無料で掲載可能
・2本目以降の掲載料は、1週間あたり2200円
Peatix・700万人以上の会員の中からターゲットに合う人へ告知できる。
・申し込み状況の分析が可能
・有料イベントの場合、販売手数料4.9%とチケット代金99円が必要

効率的にセミナーに集客するための3つのコツ

seminar

セミナーはやみくもに集客しても人は集まりません。

集客と聞くと難しいイメージがありますが、コツをつかむことで効率的にセミナーの参加者を増やすことができます。

ここでは、セミナーに集客するためのコツを3点にわけて解説していきます。

①ターゲットとコンセプトを明確にする

そのセミナーは誰のために何を話すのかを明確に決めましょう。

セミナーは何らかの課題や悩みを抱えている人のために、その改善方法を伝えるものです。

例えば「セミナーを満席にしたい講師のあなたへ!トップ講師が集客の極意を教えます」や「なぜかコミュニケーションがうまくいかない。人間関係のモヤモヤを解決する方法」のように、セミナーが誰のどんな悩みを解決するのかを明確にして訴求しましょう。

②ターゲットに最適な集客方法を選ぶ

ターゲットによって年齢、性別、ライフスタイルなど、様々なことが違います。

例えば、1人暮らしの20代男性をターゲットに考えている場合、新聞を購読せず自宅にはFAXがなく、SNSで情報収集をしているという一般的な姿があります。

また、SNSはFacebookよりもTwitterを使用している人が多いというデータを基にすると、おのずとどの媒体で集客すれば良いかがわかりますね。

このように、ターゲットに最適な集客方法や媒体を選ぶことで効率よく集客が可能になります。

③セミナーの前後に参加者とコンタクトをとる

セミナーの申し込みがあれば、セミナー終了まで放置するのではなく、複数回コンタクトを取りましょう。

例えば、以下のようなメッセージを送ります。

  1. 申し込み時にお礼メッセージ
  2. セミナー開催日の2日前にリマインドメッセージ
  3. セミナー終了後に参加に対するお礼メッセージ

「申し込み時のお礼メッセージ」は、申し込みの確認メッセージです。

申し込み直後は申込者に熱意のある状態なので、機械的に送るのではなく、セミナーの内容や講師のプロフィールなどを入れて期待値を高めると、より興味を持ってもらえます。

「セミナー開催日の2日前にリマインドメッセージ」は、キャンセルを防ぐ意味合いもあります。

せっかく熱意をもって申し込んでも、時がたつとその熱意が薄れていき、申し込んだことすら忘れてしまう人もいます。

そのようなキャンセルを防ぐためと、再度熱意をかき立てる役割も果たします。

「セミナー終了後に参加に対するお礼メッセージ」は、参加者からセミナーに対する感想や口コミを聞ける絶好の機会となります。

また、次のセミナーが予定されているなら、その宣伝もできますね。

このように複数回申込者にうまくコンタクトをとることで、単純接触効果により良い印象を与えることもできますし、今後のセミナーのリピーターにもなってくれるかもしれません。

セミナーに集客するなら「セミナーズ」がおすすめ

多くのセミナー集客の方法を紹介しましたが、初めてセミナーを開催し集客するなら、「セミナーズ」がおすすめです。

「セミナーズ」は、成果報酬型のため、申し込みが入らない限り掲載手数料がかからず、リスクなしで掲載が可能です。

また「セミナーズ」は日本最大級のビジネスセミナーの情報サイトであるとともに、決済プラットフォームでもあります。

有料セミナーの場合、「セミナーズ」が参加者からの入金をまとめて主催者側に支払うため、申し込みがあったけれども、支払いが済まされないという悩みがなくなり、とことんセミナーに打ち込むことができますよ。

登録は無料なので、セミナーをしようと考えているなら先に登録しておきましょう。

セミナーズに無料登録する>>

最終更新日: 2021/12/14 公開日: 2021/11/28
UPW202207 UPW202207