経験を活かせる!50代の主婦におすすめのオンラインビジネス5選

最終更新日: 2021/09/15 公開日: 2021/09/27

「子育てが終わり、新しいことにチャレンジしたい」「生きがいになることをはじめたい」

そんな50代主婦の方が起業を考えているなら、オンラインビジネスをおすすめします。

オンラインビジネスと聞くと、怪しい仕事だとイメージする方がいるかもしれませんが、それは違います。

オンラインビジネスは、時代に合った新しい働き方です。自宅で手軽にはじめられるため、低コストで低リスク。これまでの経験を活かせる仕事です。

本記事では、50代の主婦におすすめのオンラインビジネスを紹介。成功のコツや失敗しないための注意点にも触れていきます。

「日常に新たな刺激が欲しい」「経験を活かして自分らしく働きたい」という方は、ぜひ最後まで読んで、起業の参考にしてください。

オンラインビジネスは時代に合った新しい働き方

パソコンで仕事をする女性

オンラインビジネスに対して、怪しいイメージをもっていませんか。たしかに、かつてはオンラインを利用して高額な情報商材を販売したり、詐欺を働いたりする人がいました。

そのようなニュースがテレビや新聞で広まり、「オンラインビジネス=怪しいもの」という方程式ができあがってしまったのでしょう。

近年はオンライン化が進み、生活が便利になると同時に、仕事もオンラインでこなせる時代になりました。コロナ禍でテレワークを取り入れる企業も増加の一途を辿っています。

現代はサービスを提供する側も、自宅で仕事ができる世の中。また、密を避けるために外出を控える人も増えました。そのため、自宅でサービスを受けたいと感じる人に需要があります。

オンラインビジネスは、多額の資金をかけずに誰でもはじめられる新しい働き方です。

50代主婦はオンラインビジネスで活躍できる!

主婦が料理をしている様子

起業と聞くとお店や会社を営むイメージが強いため、「ハードルが高い」と感じる方が多いかもしれません。

オンラインビジネスの魅力は以下のとおりです。

  • 自宅で働ける
  • 経験を活かせる
  • ネット環境とパソコン1台で手軽に開業できる

オンラインビジネスは自宅で手軽にはじめられます。体力的な心配が少ないため、パートとして働くことがつらいと感じている方におすすめの働き方です。

50代の主婦なら、自分の趣味や特技、資格などをオンラインビジネスに活かせます。

たとえば趣味のヨガを教えるための教室。

「教室に直接通うのは密が怖い」「興味があるけれど、子供が小さいから教室に通うことが難しい」。そんな風に感じているお客さまに需要があります。

また人手不足で手がまわらない企業の雑務を、業務委託として請け負うなど、その仕事内容はさまざまです。

つまりオンラインビジネスとは、

サービスを受けたり提供したりする場所を、
直接対面式からオンライン上へ移しただけ
の仕事。

加えて、ネット環境とパソコン1台があれば開業できるため、莫大なコストがかからず低リスクです。

オンラインビジネスは起業を考える50代主婦の強い味方。オンライン上で、自分らしい働き方をはじめてみませんか。

50代主婦がはじめやすいオンラインビジネス5選

パソコンの画面の女性が黒板を使って説明している

50代の主婦がチャレンジしやすいオンラインビジネスを紹介します。

これから紹介する5つのオンラインビジネスは、どれも自宅ではじめられるものです。

あなたの特技や経験と照らし合わせながら、開業の参考にしてください。

  1. オンライン教室
  2. オンラインサロン
  3. オンライン秘書
  4. オンラインカウンセラー
  5. Webデザイナー

それぞれのビジネスを見ていきましょう。

1.オンライン教室

あなたの趣味を活かして教室をはじめてみませんか。

オンライン教室なら自宅で教室を開けます。対面のレッスンに抵抗がある人や遠方の人などに受けてもらえます。

50代の主婦におすすめのオンライン教室は、以下のとおりです。

  • 料理
  • ヨガ
  • 裁縫
  • 茶道・華道
  • 子育てのアドバイス

オンライン教室では、自宅の一部を教室に変え、zoomやSkypeなどを使用して、自宅から生徒に向けて配信。オンラインなら開催する教室がなくても問題ありません。

「いつか自宅で教室を開きたい」という夢をもっているなら、オンラインで実現しましょう。

2.オンラインサロン

オンラインサロンとは、オンライン上のコミュニティのことです。情報を提供したり、仲間との交流を楽しんだりできるサービスです。

Facebooknoteなどの機能を利用すると、費用や時間をかけずに開設できます。

オンラインサロンは会員限定のコミュニティです。共通点がある人たちが集まるため、会員同士が仲良くなりやすいでしょう。

オンラインサロン開設は会員の満足度を上げること、集客をすることが成功のカギです。

スキルアップや趣味など、あなたがどのようなジャンルの情報を発信するのか明確にして発信しましょう。

どのような人に利用してほしいのか、ターゲットを絞るとお客さまに響きやすくなるでしょう。

3.オンライン秘書

オンライン秘書とは、企業の業務をオンライン上でサポートする仕事です。

おもに開業したばかりの企業、少人数の企業は、外注によって人手をカバーしています。そのルーティンワークの一部を引き受けるのがオンライン秘書です。

オンライン秘書の業務は多岐にわたります。秘書としての業務だけでなく、経理や書類の作成などを担当。受注する企業によって業務内容が異なります。

以下は業務内容の一部です。

  • 取引先とのアポイントメント
  • スケジュール調整
  • メール対応
  • 宿泊先・食事会場の予約
  • 経理・書類作成

仕事を探す方法は、クラウドソーシングに登録したり求人サービスから探したりする方法があります。

経理や事務などの実務経験があるなら、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

4.オンラインカウンセラー

カウンセラーに興味をもっているなら、オンラインでカウンセリングルームをはじめてみてはいかがでしょう。

オンラインカウンセリングは、「カウンセリングを受けたいけれど、直接対面するのは抵抗がある人」に需要があります。顔が見えない方が話しやすいという人にも求められるサービスです。

zoomなどを使用したビデオ通話だけでなく、メールや電話でカウンセリングを希望する人もいるでしょう。

カウンセラーは資格がなくても法的には問題ありません。しかし集客するためには、お客さまに信頼や安心を与えられる資格保持者が有利です。

5.Webデザイナー

Webクリエイターとも呼ばれるWebデザイナーの仕事内容は、おもにメディアのデザインや制作です。

グラフィックデザインソフトのPhotoshopやIllustratorなどを使用し、Webサイトのビジュアルやレイアウトを決定。使いやすくわかりやすいWebサイトを手掛けます。

Webデザイナーは資格や経験がなくてもはじめられますが、広告代理店や印刷会社などの勤務経験がある方におすすめの仕事です。

集客方法には、SNSの発信やクラウドソーシングサイトの登録などがあります。

オンラインビジネスで失敗しないための注意点

頭を抱え両手で顔を覆う女性

オンラインビジネスで失敗する例として、開業当初から多額のお金をつぎ込むことが挙げられます。

たとえば起業するからといって、急いで資格を取得することは不要。資格がなくてもあなたがもつ経験だけではじめられる手軽さがオンラインビジネスの魅力です。

初期投資はできるだけ少額にとどめることが、失敗のリスク低減につながります。50代からはじめるオンラインビジネスは、背伸びせず自分に合った業種を選びましょう

資格取得を急がない

オンラインビジネスは、あなた自身が楽しいと思える業種を選ぶことが大切です。

せっかく開業しても、成功するかどうかは継続してみなければわかりません。モチベーションを維持するためにも、趣味や特技、経験などを活かしましょう。

「興味がある分野の資格を取得したい!」と意気込む気持ちもわかりますが、開業して間もない頃は、思うように集客できないことも。

形から入った場合、「こんなはずじゃなかった」とやる気が削がれる結果になるかもしれません。

資格を得るのは、開業して手ごたえを感じてからでも遅くありません。もっと知識やスキルを手に入れたいと思ってからでもよいでしょう。

初期投資はできるだけ抑える

オンラインビジネスには多額の初期投資が不要です。前述したとおり、ネット環境パソコン1台で開業できます。

業種によっては必要になるもの、便利なものあるかもしれません。しかしすべてを揃えるのは、開業して継続できるかどうかを判断してからでも遅くないでしょう。

個人事業主として開業するなら、コストを抑え、リスクを最小限にすることが大切です。支出の際は本当に必要かどうかを判断しましょう。

オンラインビジネス成功のコツは「お客様に選んでもらう」こと

パソコンのキーボードとカギ

どのようなビジネスも、お客さまに選んでもらわなければ成立しません。お客さまに選ばれるためには、1つに特化した専門家として活動しましょう。

お客さまから見れば、あなたはすでにその道のプロ。他の誰とも違うあなた独自の強みを提供してこそ、お客さまに響きます。

また、本当に必要な時間とお金を惜しまないことも、オンラインビジネス成功のコツです。

専門家として活動する

マルチプレイヤーではなく、その道を極めた専門家になることを意識しましょう。

お客さまが選ぶのは、何でもできる便利屋よりも専門家です。経験を活かし、1つに特化した専門分野をマスターしてこそ、あなたのサービスが選ばれます。

お客さまが、あなたをその道のプロとして認めた瞬間、あなたのサービスが売れるでしょう。

誰にも負けない強みを提供する

お客さまに選んでもらうためには、誰にも負けない強みを確立し提供することが大切です。あなた独自の強みが、オンラインビジネスを成功に導きます。

50代の強みは経験の多さです。50代の主婦であるあなただからこそ、提供できるサービスがあるのではないでしょうか。

世の中にはたくさんのビジネスがあり、すでに起業してリピーターを確保している人が大勢います。あなたが提供するサービスと類似した他のサービスもあるでしょう。

お客さまには、サービスを選ぶ理由があります。

安心感信頼「このサービスを受けたい」という気持ちにつながるのです。

もし特別な資格や経験がなくても問題ありません。

あなた自身が「自分には資格や経験が何もない」と感じているなら、客観的な視点で自分の半生を振り返ってみましょう。他人から見ると「すごい!」と思われている経験があるはず。

お客さまが「この人に頼みたい」と思うことが重要です。あなただけが提供できるサービスとは何かを考えましょう。

時間とお金を惜しまない

新しいことをはじめるためには準備が必要です。準備にはお金と時間がかかります。オンラインビジネスを立ち上げると、はじめは収入よりも支出が多くなるでしょう。

たしかに前述のとおり、失敗のリスクを回避するために、初期投資はできるだけ少額に抑えることがおすすめです。

しかし、直接売上に結びつく支出まで抑えると、思うような収入を見込めません

オンラインビジネスには、特技や経験だけでは補えないものがあります。

たとえば、マーケティングの知識。売上のために費やすお金や時間は、無駄なものではありません。大切なのは、必要なお金と時間を惜しまないこと

集客のためにマーケティングについて学ぶことも準備の一環です。集客に必要な知識を得て、あなたのオンラインビジネスを成功させましょう。

年齢制限なしのオンラインビジネスにチャレンジしよう!

笑顔でパソコンの前に座る女性

オンラインビジネスは年齢に関係なく簡単に開業できます。さまざまな経験をしてきた50代の主婦であるあなたなら、お客さまが納得できる価値をもつサービスを提供できるでしょう。

しかしどんなに質が高いサービスも、人に知られていなければお客さまはやってきません。

オンラインビジネスを開始する上で、効率よく集客するためには、

マーケティングの知識が必要

です。

マーケティングと聞くと、「なんだか難しそう」だと感じますね。

さらに「オンラインビジネス 開業」で検索すると、本や情報商材がたくさん出てきてどれを選べばよいのか迷ってしまいます。

それならまずは、無料で受けられるサービスを試してみてはいかがでしょう。

セミナーズでは個人事業主や経営者に向けた無料セミナーを開催しています。

講義はおよそ3時間です。オンラインビジネスを開始するための高額な情報商材を購入する前に、まずはあなたの3時間を投資してみませんか。

あなたのご受講をお待ちしています。お気軽にご参加ください。

最終更新日: 2021/09/15 公開日: 2021/09/27