デジタルマーケティングは事業拡大に必要!メリットやコツ・活用方法

最終更新日: 2021/09/27 公開日: 2021/09/27

「デジタルマーケティング」の意味を知っていますか?改めて聞かれると「デジタル機器を利用したマーケティング?」「WEBマーケティングと一緒?」と認識があいまいな方もいらっしゃるでしょう。

実はインターネットやSNSが主流になっている現在、デジタルマーケティングを理解し、活用することは今後のビジネス拡大において重要です。なぜなのでしょうか?

そこで本記事では、デジタルマーケティングの概要や必要性、具体的な活用例を解説します。ビジネスをより発展させたいなら、ぜひ知っておくべき内容です。

デジタルマーケティングとは?概要を解説

まずは、概要をくわしく見ていきましょう。

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとは、一言で表すと「ビジネスにおける、顧客データを用いたマーケティング」を指します。

ここで扱う顧客データとは、イベントでの顧客の声や来店状況などの「オフラインでの情報」と、WEBサイト、SNSやメールマガジンなどの「オンラインでの情報」から収集した顧客のデータです。こうしたデータを数値化(デジタル化)して分析し、ビジネスに活用することをデジタルマーケティングといいます。

デジタルマーケティングの収集データ例

具体的にはどのようなデータを集めるのでしょうか?顧客データと聞いても、ピンとこない方もいるでしょう。

集める顧客データには、

  • アクセス履歴
  • 年代や性別などの個人情報
  • 商品の購入履歴
  • 位置情報

などがあります。

こうしたデータを多数集めて分析することで、顧客の1人ひとりのリアルな行動や傾向が見えてきます。すると、顧客のニーズや興味にマッチした営業活動ができるのです。

似ているようで違う!WEBマーケティングとの違い

似たような語句に「WEBマーケティング」があります。「WEBマーケティングとは違うの?」と疑問に感じている方もいるでしょう。

WEBマーケティングとは、「WEBサイトを活用したマーケティング活動」です。例えば、サイトのアクセスの解析や検索エンジン最適化(SEO対策)、WEB広告の活用など。

対してデジタルマーケティングとは、「WEBサイトだけにとどまらず、あらゆるオンラインでの媒体やオフラインから収集したデータを活用したマーケティング全般」です。

つまりWEBマーケティングとは「WEBサイトのみ」でおこなう営業活動の全般を指します。デジタルマーケティングの中に「WEBマーケティング」が存在しているイメージです。

言葉だけ見ると違いが分からず、混同しやすい語句ですね。せっかくなので、この機会に違いを理解しておきましょう。

デジタルマーケティングの目的やメリット

そもそも、目的やメリットは何なのでしょうか?本質の理解を深めることで、実際に自分のビジネスに活かすための方法が分かります。

詳しく見ていきましょう。

デジタルマーケティングの目的とは

目的を一言で表すと、「マーケティングを効率的におこない、より有効的に営業活動をおこなうこと」です。

情報をデータ化することで、マーケティングの過程で問題点や課題が発生した場合、情報を分析してスピーディーに検証・改善することができます。感覚ではなく数値として「見える化」し、業務改善に活かせるため、生産性の高いマーケティング活動ができるのです。

結果として顧客のニーズに沿った活動ができ、ビジネスの発展に繋がります。

なぜ必要?現代のビジネスに必要な理由

デジタルマーケティングは、現代のビジネスでは必要不可欠な存在だといえます。なぜなら、「インターネットが社会全体に浸透しているから」です。

現代は、あらゆる市場でインターネットが使われています。顧客は商品の購入前にインターネットでの評判などを調べてから、購入を判断するのが一般的です。よって、インターネットが浸透する前よりも、商品の質はもちろん、インターネット上での効果的な情報発信や商品設計が重要だと考えられるのです。

市場でインターネットが浸透しているということは、デジタル化への連携ツールを利用したり、ホームページのアクセス数、SNSやインターネット上の口コミなどを分析したりすることで、リアルタイムに顧客の反応や動向が分かるといえます。

よって現代では、顧客の動向やニーズを理解するにはインターネットを活用し、オンライン・オフライン両方で顧客データを分析・改善することが効果的。今後のビジネスの発展には必要だといえるのです。

デジタルマーケティングをおこなうメリット

以下では、活用する主なメリットを3つにまとめました。メリットを理解して、あなたの事業でも取り入れられることを考えてみるとよいでしょう。

①顧客の多様なニーズに対応できる

ホームページやECサイトでのアクセス数や、インターネット上の口コミ、SNSでの反応を見ると顧客の動向や潜在ニーズが見えてきます。分析して商品開発や発信に活かすことで、顧客の求める商品提供ができ、売上の向上に繋がるといえます。

②商品やサービスへの接点を増やせる

データを活用することで、顧客が反応しやすい発信媒体が見えてきます。また、それらを複数同時に使用することで顧客の認知が広がり、売上アップに繋がります。

③顧客のデータが管理でき効率的

顧客の情報をデータ化することで、アナログでは難しい莫大な数のデータを管理できます。多数のデータを蓄積することで、あらゆる視点で情報を分析でき、営業活動に活かすことができます。また、比較的リアルタイムで顧客情報が得られるため、PDCAを早く回せて、改善や検証を効率的におこなうことができます。

デジタルマーケティングの例を一部紹介

ビジネス拡大には重要とはいえ、「自分の事業に取り入れるには、どのようなことをすればよいのか?」「どの方法を取り入れたらよいのか?」と疑問に感じた方もいるでしょう。

事業にピッタリの方法を実施するには、事前に「目的を明確にすること」が重要。集客なのか、認知を広げるためなのか……など目的により、効果的な方法が変わってくるからです。

参考にデジタルマーケティングの一例を5つ紹介します。自分の事業に置き換えて、効果的に顧客データを活用できる方法を考えてみましょう。

①WEBサイトの運用

ホームページや公式サイトなど、WEBサイトの運用です。運用することで、アクセス数や記事のクリック率、記事の閲覧数などのデータがリアルタイムで分かります。また、SEO記事の作成などをおこなうことで、認知を広めたり、ニーズを分析したりすることができます。

②広告の配信

インターネット上に広告を配信し、認知を広げる手法です。

  • SNS広告:YouTubeやInstagramなどのSNS上に表示させる広告
  • ディスプレイ広告:検索エンジンの広告枠にランダムに表示させる広告
  • リスティング広告:顧客が検索エンジンで検索した語句の広告を表示させる
  • 純広告:広告枠を購入して一定期間掲載させる

など、複数の広告配信方法があります。

③SNSの運用

InstagramやTwitter、YouTubeなどのSNSの運用です。各コンテンツを配信することで、商品や事業の認知を広げることができます。またWEBサイト同様、アクセス解析などのツールと連携でき、閲覧情報やクリック数などのデータが得られます。

④Eメールの配信

メールマガジンやステップメールの配信です。専用の配信ツールを使用することで、多数の見込み客や登録者に一斉に情報を配信ができます。メールの開封率や登録者数などを分析することで、顧客の動向やニーズが分かります。

⑤マーケティングオートメーションの活用

マーケティングオートメーション(マーケティングの自動化ツール)の導入です。上記で紹介したようなEメールの配信やアクセス解析などが、まとめて1つのツールで自動的に実施できるイメージです。顧客情報を1つのツールでまとめられるため、多角的に顧客情報を分析できたり、効率的に業務をおこなえたりします。

まとめ

本記事では、デジタルマーケティングの概要や現代で活用すべき理由、活用例などを解説しました。

デジタルマーケティングとは、一言で表すと「ビジネスにおける、顧客データを用いたマーケティング」です。マーケティングを効率的におこない、ビジネスの拡大のために市場で多く取り入れられています。

インターネットが浸透している現在、顧客データを分析・改善するプロセスはこれからのビジネスの発展に必要不可欠です。

あなたの事業でも、情報をデータ化したりデジタル化ツールを取り入れたりしてみてはいかがでしょうか?

また弊社ラーニングエッジ株式会社では、マーケティングについて無料で学べる3時間特別セミナーを開催しております。実務やSNSで長期的に使える営業手法やマーケティングについてわかりやすく学べますよ。

マーケティングを知り、売り上げを効果的に上げたい方、自分のビジネスを発展させたい方はこの機会にぜひご参加ください。

最終更新日: 2021/09/27 公開日: 2021/09/27
社長の教養
朝ライブ
社長の教養
朝ライブ