なぜか心惹かれる!コピーライティングのコツとは?

最終更新日: 2021/09/23 公開日: 2021/09/15
  • コンテンツビジネスを始めたが目に留まる言葉をつくりたい
  • そもそもコピーライティングってなに?
  • キャッチーな言葉を作るためにコツはないのか?

このように思われている方は、こちらの記事をお読みいただくとコピーライティングのコツを詳しく理解することができます。

コピーライティングは、何か特別なスキルや技術を完全習得しないとつくれないと思っている方でも、コツを掴んでしまえば心惹かれるコピーライティングは誰でもつくることができます。

コピーライティングとは?

コピーライティングとは、広告・宣伝を目的とした「読み手の心理に働きかけ、購入を促すための文章のスキルのことです。

世間一般的には「コピー」は「複写」という意味がありますが、ビジネスなどで活用する時は「広告文」の意味です。WEBサイトやCM、看板、テキスト広告、ポスターなどで使用されていることが多いでしょう。

コピーライティングは、いかに短い文章で顧客の共感、深層心理に働きかけ商品やサービスの魅力を伝えることができるかが、売れる広告文をつくるための重要ポイントとなります。

コピーライティングのコツ

コピーライティングを考えるうえで、いくつか必ず案を出していきましょう。案を出したなかで、下記が当てはまっているかをもう一度、確認してみましょう。

  • 誰もが理解できる言葉で形成されているか
  • 自社(独自)のメリットを押し出せているか
  • 顧客の信頼を失う可能性がないか(オーバープロミスになっていないか)
  • 顧客価値が、さらに魅力的に感じることができる工夫はあるか

また、下記のポイントを抑えるとさらに覚えてもらいやすくなり、商品やサービスの購買意欲を刺激することもできるでしょう。

語呂がいい言葉

まずは、つくった言葉を口に出して読んでみてください。

語呂がいいと、つい口に出してみたくなるかと思います。よく、テレビのCMで口ずさんでしまうフレーズがあるのと同じように顧客側が耳に残ってしまうような語呂を取り入れてみましょう。

「手間がかかる」「恥ずかしい...」と思われる方も多いのですが必ず音読してみてください。

ポイントとしては、下記のように絶妙に「対」になっていることがわかると脳にインプットされやすくなります。(対句法)

  • 金持ち父さん、貧乏父さん
  • 注意一秒、怪我一生
  • 他人をほめる人、けなす人
  • 嘘つき男と泣きむし女

また、韻を踏むことを心がけてみましょう。人間は耳からの情報を覚えていることが多いといわれいます。

  • 「うれしい!たのしい!大好き!」→【i-i-ki
  • 「セブン、イレブン、いい気分」→【n-n-n
  • 「インテル入ってる」→【ru-ru
  • 「やめられない、とまらない(かっぱえびせん)」→【i-i

語尾の音が1音ではなく、2音、3音同じですと、さらなる効果が期待できます。

俳句で学ぶ

俳句(はいく)とは、季語(有季)及び五・七・五(十七音)を主とした定型を基本とする定型詩である。

引用:wiki/俳句

俳句は、十七音でできており短い言葉で、できるだけ「言葉ダイエット」をしなければなりません。

その短い言葉のなかで、読み手に「風景」をイメージさせ「発想」をしてもらいます。

そんな俳句には、言葉のヒントがたくさん詰まっているので参考にしながら、いかに短い文章で商品やサービスの魅力を伝えることができるているかを確認してみましょう。

また、「視点を変える」という考え方も参考になります。

例えば、「ポイントカード」と聞くと、頭のなかでは“カード”そのものを思い浮かべたり、レジ前で財布のなかを探している風景などをイメージすると思います。

しかし、俳句を作る際に「ポイントカード」がお題ですと、ポイントカードを使うシーンを想像し、ポイントカードを押してもらう「ワクワク感」を想像したり、そのワクワク感が「御朱印巡り」と同じようなワクワク感だと視点を移動させて俳句を作ることも可能です。

この「視点を変える」ことで「発想力」を磨き上げることにつながり、言葉自体が強くなります。

似たような商品やサービスでも「視点を変える」ことで作る言葉自体が競合との差別化になり顧客に印象を与えることができます。

話し言葉の取り入れ

書き手と読み手の関係性を表すのは「話し言葉」です。

  • 対話型 = 面と向かって話す
  • 寄り添い型 = 読み手の隣に立つ
  • なりきり型 = 読み手になりきる

話し言葉は、感情移入しやすいので、どの型を選んだとしても読み手側は自分ごととして関心を持ってもらえます。顧客側に関心を持ってもらえれば、購買意欲も上がります。

  • あなたは投資でこんな間違いをしていませんか?
  • 情報ビジネスをしたい、と思ってもなかなかスタートできない人へ
  • いつか会社を辞めたい諸君へ

上記のように話し言葉には、読み手を巻き込む力があります。文章を読むだけで「あ!自分のことだ!」と感じさせ、惹きつけるこができます。

商品やサービスの訴求力を磨くためには、顧客側にどれだけ共感してもらうかが重要となるので話し言葉を取り入れてLP率などもあげていきましょう。

ベネフィットを明確化

ベネフィットとは、直訳すると「利益」になりますがマーケティング用語で使われる時は、「顧客側が商品から得ることができる恩恵やプラス感」のことを指します。

  • ベネフィット=商品を購入すると何が変わるのか・顧客中心のメッセージ
  • メリット=商品を購入する条件(特徴)になるもの・商品中心のメッセージ

ベネフィットを明確化することによって強く関心を惹くことができ、商品やサービスを購入する際の大きな決め手になります。

瞬時に伝わる言葉

商品やサービスの魅力を、瞬時に正確に伝えるためには、コンテンツにピッタリはまる言葉を磨き上げましょう。

また「キャッチされる」「知名度をあげる」ためには、“強力”で”短く”簡潔な言葉を取り入れる必要があります

では、強力な言葉とは具体的にどんな言葉なのか?「伝えたいこと」が一瞬で伝わる言葉、届けたいことも含め正確に伝わる言葉が、結果「強力な言葉」といわれています。

「強力な言葉」を探すためには、「伝えたいこと」にマッチする言葉を探しましょう。

実際に、目の前に言葉をいろんな方法で置き換えてみてピッタリはまる言葉を選定して組み合わせしていきましょう。

擬人化とメタフォー

簡潔な言葉がいいですが、簡潔すぎてしまうと読み手によって捉え方が変わる場合があります。そんな時は、具体的に「メタフォー」「擬人化」と取り入れることで、言葉がわかりやすくなります。

メタフォーとは、比喩法のことをいいます。ある物事に相似している、また関係がリンクしている物事を使って例えることです。

  • パプリカは果物だ!(野菜なのに甘い)
  • 君は太陽のようだ(太陽並みに眩しく明るい人)
  • 人生はマラソンだ(人生、走り続ける)

上記のように、「〜ようだ」(直喩)「〜だ!」(隠喩)といったようにあえて直接的に伝えるより「太陽」といったような「明るい」「暖かい」を読み手にイメージさせるような言葉だと人を惹きつけやすくなります。

擬人化とは、人以外のものを人物や、人間の特性・特徴を与えることです。要は、人ではないものを、人の形にして言葉で表現することです。

  • 花が微笑む(花の美しさを人の笑顔に例える)
  • ペンが走る(スラスラと文字が書ける)
  • メキシコが呼んでいる(国から呼ばれているように例える)

上記のように、メタフォーや擬人化を取り入れることで一瞬「なんだ?」「ん?」と思ってもらうことができます。

まとめ

コンテンツビジネスを始めたが、なかなかCV率や視聴維持率などが上がらないのは、惹きつけるコツを知らないだけです。

商品やサービスを購入していただくためには、目をとめてもらい惹きつける言葉が必要です。強力で短く簡潔な言葉選びをして自社のメリットが伝わるようにしていきましょう。

また、オーバープロミスになっていないか再度確認をして、顧客視点で言葉選びをしていきましょう。

セミナーズが行っているマーケティング講座無料体験会では、本質的なマーケティングを体系的に学ぶことができます。話を聞いたらすぐに持ち帰って、あなたのビジネスに即活用することが可能です。

三方よしマーケティング特別セミナー

「事業がなかなか拡大しない…」
「次にどうしたらいいか分からない…」
とお悩みの経営者さまのために、弊社では 無料で「三方よし」マーケティング特別セミナーを開催しています!

「本質的なマーケティングを体系的に学んでみたい!」
「ビジネスをもっと拡大したい!」
と感じている方はぜひご参加ください。

最終更新日: 2021/09/23 公開日: 2021/09/15