億万長者がマネしまくるアンソニー・ロビンズの独自マーケティング!富の仕組み化

最終更新日: 2021/08/20 公開日: 2021/08/24

まず最初にとても重要なお話があります。

マーケティングの仕組み化にはコツがいります。

理由はとても簡単です。

この記事でお伝えしているアンソニー・ロビンズが、一人で自分のマーケティングモデルを完成させたのであれば、それをマネするだけかもしれません。

しかしながら、セミナーに参加した方であればわかると思いますが、アンソニー・ロビンズのセミナーはスタッフの実力も世界トップレベルです。

アンソニー・ロビンズの脇を固めるスタッフ陣がいるからこそ、アンソニー・ロビンズのビジネスは成り立っており、同時に仲間の実力もどこまでも上がる。

ビジネスで参入している人もいれば、ボランティアスタッフもおり、国籍も多種多様。

けれども彼の周りには人が集まる。そこにアンソニー・ロビンズのマーケティングのヒントがあります。

今日のお話は、そんなアンソニー・ロビンズが独自のマーケティングを構築するために気をつけていること、そして、ビジネスを指数関数的に成長させる手法についてお伝えしたいと思います。

ビジネスを指数関数的に成長させ続ける思考法

指数関数的成長をすごくわかりやすくお話すると、よくある右肩上がりのグラフのことを言います。

それも、一定の増加率ではなく、成長幅がどんどん大きくなっていくグラフです。

参考となる情報がこちらのウィキペディアです。

ウィキペディア”指数関数的成長”から引用
緑色の曲線

ビジネスの成長幅において、指数関数的に成長するには、適切な目的を持って的確に目標を達成し続けていかなければなりません。

成長のために学び続けることが大前提になりますので、日々成長し続ける姿勢がなければ、成長どころか現状維持すら難しくなります。

すでに経営していらっしゃる方なら共感してくださると思いますが、マーケティングを育て続けるというのはそれほどまでに難しい。

日々の問題解決はもちろん、マーケティングは一度構築したらそれで良いと言うわけではなく、育て続ける価値観が大切です。

「もうこれくらいでいいかな」と思ってしまった瞬間から、下降曲線を描くようになります。

そのために最も大事になってくるものが、未来を描くための基盤となる”現在地の把握”となります。

未来を描いてステップを組んで競争を勝ち抜く秘訣

競争を勝ち抜く秘訣についてお話すると、多くの人が勘違いしてしまいがちなことがあります。

今どこにいるかわからないうちから未来を創ろうとするのです。

これは絶対にうまくいかない順序です。

一つ、失敗するマーケティング構築の例を出させていただきます。

「昨年時は大幅な赤字を背負ってしまった。これからなんとかしなくてはいけないけど、赤字の理由が見つかってない。でも売上を上げるために新規事業に取り組むよう取締役会で指示があった。何か考えて展開しなくてはいけないけどどうしたらいいかわからない」

誰がどう客観的に見てみても、この考え方で成功する企業はまずないですよね。

この考え方で新規事業を組み立てようとしたり、目先の売上アップのためにこの事業を強引に育てようとしたりしてもうまくいかないです。

ではいったい、どうしたらうまくいくのでしょうか?

重要な要素としては、これまでの経歴、つまり赤字の要因です。

アンソニー・ロビンズのセミナーでは次のようなことを各人へ質問されることがあります。

  • 個々・企業の体験
  • 過去の経歴
  • ビジネスにおける目標
  • 達成したいビジョン

多くの人や企業が本当の大きな課題ではなく小さな目標からアンソニー・ロビンズに相談します。

しかし、マーケテイングとは過去から現在を客観的に見た、達成したい未来を現実化するための戦略のことです。

現実に目を背けている人はマーケティング構築するための土台にすら立てていません。

マーケティングとは一過性の考え方では完成しないということです。

マーケティング構築において気を付けるべき点としては、

  • 新しく始めるビジネスがどれくらい生き残れるか
  • 自社で構築している現状のマーケティングと相性
  • 市場価値がどれくらいで、競合はどこがあるか
  • 勝ち上がるためのプランは組めているか
  • 構築した後のリスクを過小評価していないか

学べば学ぶほどマーケティングは奥が深いです。

だからこそ、アンソニー・ロビンズのセミナーが高額だとしても、自分の思考を改善するだけで利益が何倍に膨れ上がるならば投資する価値があるということになり、世界各国から参加者が殺到するということです。

利益の最大化とビジネスの最適化をするために

ちょっとマインド的な発想になってしまいますが、ビジネスの最大化を行うためには投資も必要不可欠です。

どんな投資かというと、

  • 事業拡大投資
  • 人材育成
  • 環境改善
  • 最新情報の取得

一般的に投資というと、不動産投資や株式投資、事業投資、今時はエンジェル投資家などもありますが、あくまでも「企業のマーケティングに注力」することを今日はお話していますので、それらは置いておきます。

一つの企業を大きくするということは、ビジネスの基礎を大きくするということになります。お金でお金を大きくする「投資」とは、大きくみれば同じですが、今日のお話とはちょっと感覚が違います。

では利益の最大化とビジネスの最適化とはどういうものか?

それは、基本に立ち返った中で、余分にお金をかけず、どれだけ利益を上げられるかです。

その基本となる利益を大きくするために施策していくものがマーケティングです。

つまり、人間と企業は本質的に同じといえます。

企業も人間と同様に、生まれてから年をとり、成長して死んでいく。人間が作るものなので人間と同じ

このようにとらえることも出来るということです。

私たちのように自分の生き方やビジョンを叶えていく人は、企業といういきものを作る以上、あらゆる試練に向き合っていくことになります。なので、

ビジネス構築=子育て

こう考えるとわかりやすいかもしれません。

マーケティングとはそれを効率よく構築していくものであり、アンソニー・ロビンズのマーケティングの学びは、これを世界一と言っても過言ではないクオリティで、最短最速で実現していくことができるものとなっております。

つまり、アンソニー・ロビンズのマーケティングを学べば世界最速の成功が達成可能だといえます。

そのために大事になってくるのが次の章です。

すべては戦略

マーケティングを学ぶ時、どこまで吸収してビジネスを育てることができるかどうかは、その人、その企業によってスピード感も規模も全く違います。

それぞれに適した成長戦略があり、システムや環境、パートナーなど、二次三次的不確定要素がマーケティングに影響を及ぼします。

つまり、

どんなコミットメントも”絶対成功”はありえない 

ということです。

達成すべき未来があるとき、コミットメントを明確にすることで達成しやすくなることはあります。

ですが、確実に100%ピッタリの数値を実現することはあり得ません。

120%達成することもあるし、97%くらいのところで未達になることもありますし、どんなに努力しても70%くらいしか達成できないこともあります。

だからこそ起業家や経営を担う人たちは、達成すべき目的に向けた習慣化が大事だと言われているということであり、それをサポートするコーチの存在も大きいものになっていきます。

ではいったい、世界トップ企業のマーケティングはどんなものがあるか?

業界最先端を走るApple社を例にしてお伝えしたいと思います。

Apple社による差別化戦略

Apple社と言えばスマホのiPhoneとパソコンのMacです。

しかし、iPhoneが始まったころはApple社がここまで大きくなると誰も予想もしませんでした。

まだまだandroidが強かったですし、ガラケーの必要性も大きかったです。

Macにおいても同様です。

では何が一体ここまでApple社を大きくしたのか?

それは以下の3点の要素です。

  • 独自性
  • デザイン性
  • 操作性

これらを他社比較すると、当時はそこまで目立っていなかったApple製品ですが、今となっては他社がApple社をマネするようになりました。

”シンプルなオシャレ”を作り出し、独自の路線を効果的なマーケティングや販売戦略を持っており、操作性も快適。

ですが、Apple社の強みは商品の良さではありません。

最も重要なのは販売戦略です。

もしまだ通販でApple商品を購入したことがない人は、ぜひ一度下記サイトを見てみてください。

メッセージ性やデザイン性など、クオリティの高さがもはや異次元です。

https://www.apple.com/jp/iphone-12-pro/

世界最高のマーケッターによるストーリーを今、手に入れよう

マーケティングを構築するために重要なことは、いかに成功者のストーリーを吸収するかです。

弊社では参考図書の情報を社内で展開していますが、学ぶだけでなく吸収して実践することを意識しています。

セミナーも本も、学んだことをアウトプットする。つまり、

学んだことを成功者の目線で見て、自分の脳で解釈して自分のストーリーをアウトプットする

これを実践すると、自分の独自性が鍛えられていき、より深く成功者のマインドがインストールされ、マーケティングの幅も広がっていきます。

つまり、アンソニー・ロビンズのマーケティングを体験することで、

アンソニー・ロビンズ×自分(自社)のマーケティングが始まる

ということです。

これを実践出来ているからこそ、弊社ラーニングエッジのビジネスは成長し続けているし、「共に成長したい!」と言ってくださるパートナーさまが増え続けています。

弊社はアンソニー・ロビンズの学びの場には、経営幹部自ら海外にまで足を運びます。

下記のUPW(Unleash The Power Within)にも、主催者でありながら積極的に参加します。

ビジネス成長の最も大きなチャンスは価値ある学びの中にしかありません。

当日、ご一緒できることを楽しみにしております。

今すぐアンソニー・ロビンズのセミナーに参加を確定させて、ビジネスを飛躍的に成長させよう!

最終更新日: 2021/08/20 公開日: 2021/08/24