【人物と思想が分かる】ビズ・ストーンの全貌をご紹介

最終更新日: 2021/08/20 公開日: 2021/08/24

「ビズ・ストーンの人物について知りたい」

「ビズ・ストーンについて知り、自分のビジネスに生かせることを吸収したい」

ビズ・ストーンは小さなブログ会社を起業し、多くの道を経てやがてtwitterの事業へと羽ばたいた人です。決してそこまでの道のりはまっすぐなものではありませんでした。

今回は、ビズ・ストーンを学ぶ理由や、ビズ・ストーンの半生、書籍や名言についてご紹介します。

これを読めば、ビズ・ストーンの人物や考え方についてよく分かるでしょう。

ビズ・ストーンを学ぶ理由

私たちがビズ・ストーンについて学べることは多いでしょう。すべての始まりは、彼自身がブログを書いていたことがきっかけでした。

ブログ事業で起業をしたことがきっかけで、次々とチャンスや機会を自分で作りだし、つかんでいきます。

ビズ・ストーンについて知ることで、私たちが学ぶことは多くあるでしょう。

ビズ・ストーンを学ぶメリット

ビズ・ストーンを学ぶメリットは、主に以下の4点があることを確認しましょう。

  • 常識にとらわれず、主体的に行動することの大切さが分かる
  • 物事を諦めないことの大切さがわかる
  • イノベーション的なアイデアが生み出されるときの様子が分かる
  • 創造性とは何かが分かる

ビズ・ストーンとはどんな人物?

ビズ・ストーンは、創造力と常識にとらわれない実行力で自分自身で道を切り開ていった人物です。

ビズ・ストーンがどんな人物であるかを知るためには、彼の経歴や書籍に触れることで、理解が深まるでしょう。

また、ビズ・ストーンが発信した言葉を見ると、彼自身の信念や人生において大切にしていることが分かるようになります。

ビズ・ストーンの経歴や書籍、また名言についてご紹介しましょう。

経歴について

ビズ・ストーンの経歴について以下にまとめますので、まずはご覧ください。

・1992年 イースタン大学へ入学。(地元で集めた奨学金を利用。)
・1993年 マサチューセッツ大学へ転学。(アート分野で成績優秀者向けに支給される全額免除の奨学金を利用。)
・大学期間中は、アルバイトで出版社(リトル・ブラウン社)の荷物運びをする。出版社の中で何気なくつくった本のデザインが、アートディレクターの目に留まりスカウトを受ける。
・1994~1997年 大学を中退し、リトル・ブラウン社でデザイナーとして働く。その後、独立して本のデザインの仕事を始める。
・1999年 友人と一緒に「ザンガ」を立ち上げる。(ブログサービスの会社)
・2003年 グーグルがエヴァンウィリアムズの会社「ブロガー」を買収。
・2003年~2005年 仕事で親交のあったエヴァンへの声かけがきっかけでグーグルへ入社する。(ビズ・ストーンから思い切ってエヴァンへ連絡をしたのがきっかけ)
・グーグルを退社後、エヴァンとポッドキャストの会社「オデオ」を立ち上げる。その後、twitterサービスを開始。
ビズ・ストーンの年表

ビズ・ストーンは、安定を維持するよりも、自分の情熱にしたがって主体的に生きることを大切にしていました。

与えられた環境で満足するのではなく、常に自分がどうしたいかということを大事にして、情熱が持てる選択肢を選び続けます。

与えられた選択肢に対して、自分の意志で道を作り上げ、着実にチャンスをつかんでいきました。

グーグル入社へのきっかけとなったビズ・ストーンのブログ

出版社の独立後に、立ち上げた「ザンガ」ではブログ事業を行っていました。ビズ・ストーンはそのころの生活が大変貧しく、また自分に自信がもてなかったそうです。

しかし、自身のブログだけは違いました。自分の理想とした人物を演じ、ブログの中では自身を「天才 ビズ・ストーン」と名付けていました。

彼の書いたブログは、自分自身を鼓舞し元気づけられる大切なものだったのでしょう。

グーグル社が買収した「ブロガー」の創始者エヴァン・ウィリアムズがビズ・ストーンのブログ見ていたことをきっかけに、グーグルへの入社が決まりました。

書籍

ビズ・ストーン自身が、残した自身の伝記ともいえる著書に、「ツイッター社で学んだいちばん大切なこと 共同創業者の「つぶやき」」という本があります。

ビズ・ストーンの半生を自身の信念や考え方を織り交ぜながら、描いた一冊。ビズ・ストーンのユーモアを交えながら書かれたこの一冊は、思わずくすっと笑ってしまう場面も多いです。

行動するうえで大切にしていること、仕事の進め方や姿勢を学べるでしょう。

ビズ・ストーン自身は、自身の書籍のことを本の中で以下のように述べています。

この本は、単に無一文から大金持ちになった男の話、というわけではない。

まったくのゼロから何かを創造すること、
自分の大望と能力を一致させていくこと、
可能性は無限だという目で世界を見ると何が見えてくるのかということ、

そういう話だ。
ビズ・ストーン「ツイッターで学んだいちばん大切なこと」より

この書籍で学べることは以下の通りです。

  • ビズ・ストーンが生きるうえで大切にしていることが分かる
  • ビズ・ストーンの仕事や物事に取り組むうえで大切にしていることが分かる
  • 彼の物事の判断に迷ったとき、大きな決断に迫られたときの決断の仕方
  • ビズ・ストーンの経歴について
  • ビズ・ストーンの半生について
  • ビズ・ストーンの仕事への姿勢

名言

ビズ・ストーンの特徴として、大切にしていたと思われる信念は

「創造性」と「自分の情熱に従うこと(挑戦すること)」でしょう。

ビズ・ストーンの「創造性」と「情熱力」が分かる名言をご紹介します。

  • ビズ・ストーンが考える「創造性」が分かる名言

創造性は再生可能な資源だといえる。
日々、自分に挑戦することだ。
いつでも思う存分、創造力を発揮してみればいい。創造性はつきることがない。
好奇心と経験が思いがけない、過去になかったような型破りのアイデアを生み出す。こうした一直線ではない試行錯誤こそが、偉大な仕事につながっていく。

引用元:ビズ・ストーン「ツイッターで学んだいちばん大切なこと」より
  • ビズ・ストーンの「自分の情熱に従うこと(挑戦すること)」に対しての考え方

僕の定義する機会やチャンスとは、何かの行動を起こせる環境が整った状態のことだ。
僕たちは、チャンスがめぐってくるのを待ち、めぐってきたらすぐに気づいて、機が熟したところでつかむ、というやり方に慣れている。

だがチャンスとは単に環境が整うことだと考えれば、なぜただ星が巡ってくるのを待つ必要があるだろう?

失敗する可能性も高いチャンスをただ巡ってきてから飛びつくのなら、行動を起こすのに適した環境を自分で動いて整える方が良いのではないか。

あとになって、この「自分が動いてみずからことを起こす」精神は起業家精神の真髄だとわかってきた。

起業だけでなく、人生のあらゆる場面の、様々な成功にもあてはまる。成功には努力と運が必要だと言われている。

そう考えると、運は自分ではどうにもできない要素ではある。
だが、チャンスを自分の手で作りだせば、運をつかむ確率も上がるのだ。

引用元:ビズ・ストーン「ツイッターで学んだいちばん大切なこと」より

twitterへの考え方

ビズ・ストーンは、twitterの創始者の一人です。ここではtwitterの投稿文字数が140文字であった理由、ビズ・ストーンの会社の文化への考え方についてご紹介します。

投稿文字数が140文字であった理由

twitterは140文字以内でしか投稿ができないため、私たちは伝えたいことを140字の制限の中で投稿をします。(2017年11月より、日本語・中国語・韓国語以外は240文字に変更。)

140字以内でしか投稿ができないことが、話題となりそれをきっかけにtwitter川柳や、140文字の制約を使った独自の文化が生まれました。

きっかけは、国際的なメッセージの規約が160文字であったこと。これに、自分の名前が含まれる分を抜いて、140文字分に決まったそうです。

会社の文化への考え方

twitterを創業して初期のころ、会社の文化に関してビズ・ストーンが学んだことがあるそうです。

twitterが開設された当初、サーバーがダウンすることが多かったそう。サーバーダウンの理由がわからず、復旧するのにとても時間がかかっていました。

ビズ・ストーンはある日、仕事場の中で、

「もううんざりだ!何をやってもうまくいかない!」

とネガティブな気持ちを叫んでしまったことがあるそう。

このとき、CEOであったジャック・ドーシーから「前向きな態度でいてほしい。僕たちはいつも正しい方向に進んでいると思わせてくれる存在でいてほしいんだ。」と言われます。

ビズ・ストーンは前向きであることの大切さに気付きました。上に立つものは会社の文化を作っているものであると。

この出来事からどんな時でも物事に対して明るい側面を見つけるようになったそうです。

まとめ

ビズ・ストーンで大事なポイントを以下にまとめますのでご覧ください。

  • ビズストーンを学ぶメリット
・常識にとらわれず、主体的に行動することの大切さが分かる
・物事を諦めないことの大切さがわかる
・イノベーション的なアイデアが生み出されるときの様子
・創造性とは何かについて分かる
  • ビズ・ストーンの大まかな経歴
・ビズ・ストーンはブログサービスの会社「ザンガ」を立ち上げる
・その後ブログを見ていたグーグルに買収された会社「ブロガー」の創始者であるエヴァンに誘われグーグルに入社
・エヴァンとポットキャストの会社「オデオ」を立ち上げる
・twitterを開発する
※ビズ・ストーンは、ブログからすべてがはじまりました。過去の出来事が未来につながっていることが分かります。

ビズ・ストーンは、自分の人生に対して常に主体的に生き、自分の情熱を持てる方へ常に舵をきってきました。そして、自身の感性と経験から創造的なアイデアを出してきました。

彼を特徴づけるとしたら、

「創造力」×「挑戦すること(情熱を持つこと)」=ビズ・ストーン

であると言えます。

ビズ・ストーン自身が書いた書籍「ツイッターで学んだいちばん大切なこと」は、ビズ・ストーンの考え方がよく分かる一冊です。

ビジネスに生かせる考え方やマインド、仕事への考え方など、参考になることばかりなのでぜひ読んでみてください。

自社のマーケティング講座無料体験会では、具体的な手法を事例を交えて分かりやすくかみ砕いてご紹介します。講座で学んだマーケティング手法を実際の業務で生かせるようになるでしょう。ぜひ、ご参加していただけたら幸いです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: top45.png

「事業がなかなか拡大しない…」
「次にどうしたらいいか分からない…」
とお悩みの経営者さまのために、弊社では無料で「三方よし」マーケティング特別セミナーを開催しています!

「本質的なマーケティングを体系的に学んでみたい!」
「ビジネスをもっと拡大したい!」
と感じている方はぜひご参加ください。

参考図書:ツイッターで学んだいちばん大切なこと 共同創業者の「つぶやき」

最終更新日: 2021/08/20 公開日: 2021/08/24