ファンを生みビジネスを加速させる情報発信の方法とは?

最終更新日: 2021/08/05 公開日: 2021/08/12

「ビジネスで情報発信してもなぜ反応が鈍いのだろう?」
「どうすれば効果的な情報発信ができるだろう?」
このような疑問を抱えていませんか?

情報発信といっても、SNSなどで闇雲に投稿しても効果は得られません。なぜなら、情報発信の本質はフォロワーを増やすことではなく、あなたの「ファン」を生み出していくことにあるからです。

どうすればファンを生み出す情報発信が可能になるのか、具体的にどのような行動を意識すればいいのか、詳しく見ていきましょう。

なぜ情報発信が必要なのか?

「商品を作って売る時代は終わった。今は商品を作る前にオーディエンスを集める時代になった」

これは、コンテンツマーケティングの専門家として世界的に知られるジョー・ピュリッジの言葉です。

情報発信と聞くと
「ここに魅力的な商品があります」
「その魅力を知ってください」
という構図をイメージしがちです。

しかし、これには致命的な欠陥があります。
情報を届ける相手が、その情報を聞きたがっているわけではないという点です。

商品が魅力的かどうか以前に、商品に関する情報を心から聞きたいと感じているオーディエンスを用意しておくことが求められます。

独自に確立した概念や価値観を持っている人の話を、多くの人は「聞きたい」と感じます。つまり、自分という人間はどのような思いや価値観を持っているのかを多くの人に知ってもらう必要があります。

商品ありきで情報を届けようとするのではなく、オーディエンスありきの状況を作っておく上で、情報発信が重要な役割を果たすのです。

情報発信を続けるメリット

自身の思いや価値観を発信し続けていくことによって、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

私たちは、強く印象に残ったエピソードや心を動かされた出来事に行動を促される傾向があります。

ある人の個人的な体験や過去のエピソードを聞いて、相手の人となりに対する理解が深まったと感じた経験は誰にでもあるでしょう。そのエピソードが現在の仕事や活動に深く結びついていると分かれば、仕事に対する思いの深さや強さを知るきっかけにもなるはずです。

「なぜ私はこの仕事に携わっているのか」を語り続けている人には、多くの人が信頼を寄せ、力になりたいと感じるものです。

情報発信を続けることで、あなたのことを信頼し力になりたいと考える人が増えていきます。

こうした人のことを「レイヴィングファン(熱狂的なファン)」を呼びます。レイヴィングファンを生み出せることこそが、情報発信を続ける大きなメリットといえるでしょう。

ファンを生む情報発信

コンテンツマーケティング6原則

1.ニーズを満たす

自分が言いたいことではなく、相手にとって知りたい情報・解決したい情報は何かを考え、自分が持っている知識や情報を変換していくことが大切です。

たとえば、SNSのフォロワー数が多いという事実は自慢話と受け取られかねませんが、どうすればフォロワーが増えるのかを発信することで「知りたい」と感じてもらうことができるでしょう。

2.定期的に配信する

情報発信は単発ではなく、定期的に継続する必要があります。

常に配信され、しばしば目にする機会があるからこそ、発信している情報が信頼され、認知されていきます。

3.人間味を出す

少し調べれば誰でも入手できるような情報ではなく、その人だからこそ発信できる情報に希少性があります。弱点や失敗談をさらけ出す姿勢には人間味があり、親しみを感じやすいでしょう。

また、ポーズではなく本音で発信していることを伝える効果もあります。

4.独自の視点を持つ

これまで考えたことのなかった切り口による情報であれば、他の人からではなくあなたから情報を得る理由になります。新しい切り口で情報を届けるには、独自の視点を持つことが大切です。

5.セールストークを避ける

ファンを作っていく段階では、セールストークは避けましょう。売り込まれていると感じると、多くの人は本能的に身構えてしまいます。

まずはファンになってもらい、「この人の話は聞く価値がある」と感じてもらうことを優先しましょう。

6.自分が選んだ分野で一番になる

その分野において自分が一番であると自信を持って伝えられれば、信頼感は必然的に高まります。情報発信を行う分野が自分にとって得意分野であることは必須条件といえるでしょう。

ラディカルコピーの使い方

情報発信においては、見る人に強烈な印象を与え記憶に焼きつけることが重要です。

過激で強い言葉や独特な表現をあえて使うことで、見る人を惹きつけ印象に残すことができます。このような言葉を駆使したコピーを「ラディカルコピー」といいます。

たとえば「PDCAが速い」では平凡な表現ですが、「鬼速PDCA」と表現することで他にはない独自性を持たせることができます。あるいは「誕生日」と言うところをあえて「おじさんへの階段」と呼ぶことで、インパクトは倍増するでしょう。

ラディカルコピーを情報発信に盛り込むには、言葉の1つ1つを吟味し、届けたいメッセージの核心となるキーワードをブラッシュアップしていく必要があります。

SNSの投稿ボタンやメールの送信ボタンを押す前に、独自性のある表現が盛り込まれているかどうか確認しましょう。

サブスクリプションの導入

レイヴィングファンを生む仕掛けとして、サブスクリプションの導入は非常に効果的です。

あなたが発信する情報に関心を持った人は、定期的に届く情報をチェックするようになります。発信される情報に価値があると判断すれば、有料の情報であっても対価を払って得たいと考えるようになるでしょう。こうしてファンの層が形成されていくのです。

サブスクリプションを導入するには、情報発信の意図を明確にしておくことが重要です。一貫した意図で発信を継続し、フォロワーをファンに変えていきましょう。

発信する際には
「あなたはどう思いますか?」
「いいね!やコメントをお待ちしております」
と働きかけ、オーディエンスに反応してもらうことを意識します。

こうして、あなたが発信する情報を「お金を払ってでも話を聞きたい」という状態になったオーディエンスは、有料の情報やセミナーの申込みをしてくれるようになります。

届いた情報に対して反応することが習慣化されていれば、有料メルマガの購読やセミナーへの申込みといった具体的な行動に対するハードルを下げることができるのです。

今すぐできること

ターゲットが利用しているSNSを見定める

まずやっておくべきこととして、ターゲットとなる層が日常的に利用しているSNSをリサーチしましょう。

発信した情報が届くチャンスの多い媒体を利用することが重要です。Twitterなのか、Facebookなのか、あるいはInstagramやYouTubeなのかによって、アプローチを変える必要があります。

ターゲットの年齢層や性別、生活パターンなどを総合的に考え、最も利用されているSNSを見定めましょう。

発信を継続する

活用するSNSを決めたら、定期的な情報発信を継続しましょう。

一貫した意図に裏打ちされた情報が定期的に届くことで、オーディエンスはあなたが発信する情報への関心を強め、信頼を寄せていきます。情報を発信する頻度だけでなく、発信する曜日や時間帯を固定することで、オーディエンスは情報が届くのを待つようになります。

継続的に発信できるよう、情報発信の運用方法についても決めておくほうが望ましいでしょう。

真剣な努力をする

発信する内容は、毎回が「渾身の情報」であるべきです。

価値あるものを価値あるものとして伝えるために、真剣な努力をすることは欠かせません。とくに次の点を常に確認するよう習慣化し、発信する情報を隙のないものにしていきましょう。

  • 発信する情報に不確かな点はないか
  • 意図が伝わる書き方になっているか
  • 読みやすさや誤字脱字のチェックをしたか
  • ラディカルコピーを意識して表現の吟味をしたか
  • オーディエンスの反応を促す一言を添えたか

発信する情報に緩みが感じられると、せっかくファンになったオーディエンスが離脱してしまいます。情報発信は1回1回が真剣勝負と心得ましょう。

情報発信のポイントまとめ

これまで情報発信で十分な効果を実感できていなかった方、いまいち反応が鈍いと感じていた方は、見過ごしていた点を発見できたでしょうか。

情報発信は地道な活動ですが、継続していくことで着実にファンを増やし、ビジネスを加速させる強力なツールとなり得ます。ぜひ有意義な情報発信を実践して、あなたのファンを1人でも多く獲得してください。

ラーニングエッジのマーケティング講座無料体験会では、具体的な手法を事例を交えて分かりやすくかみ砕いてご紹介します。講座で学んだマーケティング手法を実際の業務で生かせるようになるでしょう。ぜひ、ご参加していただけたら幸いです。

「事業がなかなか拡大しない…」
「次にどうしたらいいか分からない…」
とお悩みの経営者さまのために、弊社では無料で「三方よし」マーケティング特別セミナーを開催しています!

「本質的なマーケティングを体系的に学んでみたい!」
「ビジネスをもっと拡大したい!」
と感じている方はぜひご参加ください。

最終更新日: 2021/08/05 公開日: 2021/08/12
社長の教養
朝ライブ
社長の教養
朝ライブ