アンソニー・ロビンズから学んだ、マネーリテラシーを高めるために絶対必須な基本概念

最終更新日: 2021/08/20 公開日: 2021/08/23

人を動かすものは一体何なのか?

現代人に限らず、生きている以上私たちは突き動かすものの正体を知る必要があります。

マーケティングや経営をしっかり学んでいる人であれば、その正体が「感情」だということは周知の事実だと思います。

ではその感情とは、一体どうやって察知したらいいのでしょうか?また、感情をどうやってビジネスに活用するのでしょうか?

「感情が大事」だとは言われながらも、感情を具体的に使う方法を知らない人が大半です。

弊社はすでにアンソニー・ロビンズを始め、多くの学びを社内で徹底しておりますので、「感情の受け取り方」は深く研究しております。

もちろんどこまでも終わりなく学び続けるべきテーマなのですが、大事なことはその先だと思っております。

今日のお話は、”その先”にいるアンソニー・ロビンズどのようにして感情を受け取り、投資を行い、お金も守り、マネーリテラシー、つまりお金の教養を深めてきたのか?

その部分について、深く掘り下げつつお話をしていきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

アンソニー・ロビンズ式 資産投資を成功させる秘訣

アンソニー・ロビンズは多くの著書を残しています。

まだ出版されてから新しい「UNSHAKEABLE~揺るがない力~」にでもそうですし、成功について聞かれると、いつも決まってこう答えます。

「成功について研究し、実践しただけだ」

アンソニー・ロビンズ 名言集より

つまりアンソニー・ロビンズの学びはいつもシンプルだと言えるのです。

ではこの世の全ての人がアンソニー・ロビンズという大人物レベルの成功を収めることができるかといえば、弊社としては「可能ではある」と言えます。

シンプルだけどとても奥が深いです。

誰でも必ずできるとは言えません。

理由は以下の3点です。

  • お金の本質を先に知る必要があるから
  • 人生観によって稼げる金額は変わるから
  • ビジネスモデルによって動き方が変わるから

こうして俯瞰してみると、お金の稼ぎ方って”ある意味単純”だと思えてきませんか?

難しいテクニックやスキルはもちろん大事な要素ではありますが、重要なのはこの価値観だとアンソニー・ロビンズは言っています。

なぜコーチやセミナー講師がマネーリテラシーを高めなければならないのか

マネーリテラシーとは、簡単に言えば「お金の教養」です。

日本ではお金についての学びは忌み嫌われがちですが、企業の経営層や独立して自らビジネスを構築していく場合は絶対に避けては通れない分野です。

「お金の管理は部下に任せる」という人がいますが、大事なところはキチンと自分で管理するようにしてください。

そうしなければ、いざという時が来てしまった場合、何も対処できなくなってしまいます。

では仮に、いざという時とはどういうときか?

  • 法律による税金問題の摘発
  • 部下や仲間による横領
  • 家族など身内による不祥事

いつどのタイミングでこうした問題が発生するかはわかりません。

「ウチに限って、そんなことはあり得ない」という考え方の方があり得ません。

「気が気ではない」というのはこういう時に使う言葉だなと思います。

兆候はあれど、結局は管理する人間にすべてが返ってくるということですね。

お金を扱うのが人ですし、ビジネスは必ずお金の管理が必要不可欠です。

アンソニー・ロビンズの価値観は、お金=人生を感じさせる

ビジネス構築において、本当に大事な価値観になると思います。

起業家だからこそ学ぶべし!運命を切り開く投資哲学の極意

お金は誰が運んできてくれるのか?

株式投資やFX、仮想通貨など、お金の流れを追っているだけになってしまうと、この重要な価値観が抜け落ちてしまいがちです。

お金を運んできてくださるのは、どんな状況、どんな環境においても「人」です。

人がお金を使って経済を回してくれるし、サービスを購入してくださるし、稼いでくれるのですね。

なので、人の動きをどこまでも大事にします。

とはいえ、人の動きを大事にすると言いつつも、何をどう参考にすればいいのかがわかりにくいと思います。

参考にすべきところとしては、

  • 人そのもの
  • 商品やサービス
  • 市場

という流れです。

そのため、正直に言ってしまうと、

一般的なマーケティングの流れと大差ない

と、思われることでしょう。

それもそのはず。

マーケティングも経営も”人を知る”ことが最優先

弊社が推し進めている絆徳哲学ばんとくてつがくも人をとにかく大切にします。

参考記事はコチラから

投資においても人でして、人の動きを過去から未来に渡って客観的に掴める人が豊かさを手にします。

現実的かつ身の丈にあったお金の価値観をしっかり理解できているか?

不確かな未来ばかり見ていると、確かではない未来のために投資をし過ぎたり、自分が使うべきものではないものに投資をしてしまったりと、間違った方向にいってしまいがちです。

絆徳哲学は、それを客観視するために活用しやすい価値観だと思っております。

孤独な投資家に成功格差が出る本当の理由

人の動きを知るということは、人の動きに敏感になるということになります。

世間的にトレンドの動きや政治、国家間の紛争など、ありとあらゆる要因が経済に影響を及ぼします。

つまり、引きこもっている人ほど人の感情に過敏に反応する傾向にあるので、影ながら稼いでいる人はたくさんいます。

逆に全く稼げていない人も大勢いますので、この”引きこもり”という人たちにおいていえば完全に二極化します。

当然ですがこの二極化は引きこもりの人だけに限りません。

人の感情を受け取るのが上手な人は稼ぐのも上手な傾向にあります。

弊社で推しているこのアンソニー・ロビンズUPWUnleash The Power Within)は、生きていくために最も重要な自分を深く知ることができるプログラムとなっております。

重要な要素としては、やはりマインドセットで、「自分を大事に出来ているかどうか」だと言われています。

不確実性こそ儲けることができるアンソニー・ロビンズ独自のマネープラン

実は、投資やコーチ、ビジネス全般においてすべてがゲームだと言えます。

ですが、一般的にいうと、

投資=ギャンブル

そう言われることもあります。

パチンコや競馬などを”投資”と捉えてしまう人もいるし、自己投資も実はギャンブルの域を出ません。やればやるほど糧にはなりますが、”やれば確実に結果が出る”というものではないからです。

近頃は”日々の積上げ”という活動も流行っているようですが、勝率を上げるための活動だと言えます。

なのでつまり、

投資やコーチ、セミナー講師などあらゆるビジネスすべて=ゲーム

こう捉えることができれば、あらゆる出来事がスッと身に入ります。

ゲームに100%勝つことなんてありえません。

”マネーゲーム”とはよく言ったもので、いかに勝率を高めるかがビジネスの醍醐味だと言われています。

ビジネスで勝つためにコンサルをつけると「絶対に勝てますか?稼げますか?」と聞く人がまれにいらっしゃいますが、当然答えは不可能です。100%稼げるコンサルなんていたら、その人にだけ仕事が集まります。

ですが、勝つまで、稼ぐまで、勝率を上げていきながらサポートすることはできます

アンソニー・ロビンズもそこをすごく大事にしております。

  • 「一度のセミナーで人生が変わるなんてありえない」
  • 「このセミナーで受け取るギフトは”新しい自分”だ」

セミナーの全体の場で、ここまで明言しています。

ビジネスは人の役に立つかどうかが重要ですし、アンソニー・ロビンズも「人々が理想の生活を送れるよう手助けする」ことだと明言しております。

人生において起こったことすべてを教訓とし、活用しきることでようやくビジネスが円滑に回ると。

そう言っているようにも聞こえますね。

弊社としても重要な価値観の一つです。

80ヵ国以上も渡り歩いてきたからこそわかるマネーリテラシーの源泉

この生き方はアンソニー・ロビンズにしか達成できないんじゃないか?

そう思うことはもちろんあります。

弊社としても、アンソニー・ロビンズの学びはとても深く全社浸透しておりますし、企業として全面に押し出して向き合っておりますので、彼から直接学ぶことによるメリットは計り知れません。

だからこそ、アンソニー・ロビンズのキャラクターの偉大さも全社で周知しています。

ではアンソニー・ロビンズのマネーリテラシーは彼しか達成しえないものなのか?

答えは「ノー」です。

十人十色と言いますし、成功のカタチは人それぞれなのはもちろんです。

しかしながら、アンソニー・ロビンズのマネをして同じような成功を収めることは不可能ではないです。

その代わり、世界各地に赴いたり、年間で何回もDWDデート・ウィズ・ディステニーのようなセミナーをしたりして愛をくばることは必要かもしれません。

ですが、彼が発信している学びを自分ごとのように捉えて吸収することで、30年もかからずに成功を収めることは可能かもしれません。

お金と愛の価値は同じ

一度でもアンソニー・ロビンズのセミナーを参加した人はもうお分かりだと思います。

アンソニー・ロビンズといったら、起業家やコーチ、セミナー講師、投資家と、ビジネスの面で見ればあらゆる視点がありますよね。

ですが、もっと深い部分を見ると、アンソニー・ロビンズは人生を通して相当な苦労をしています

貧困家庭における少年時代実母による虐待ビジネスにおける失敗談など、その体験の重みは簡単に人が受け入れられるものではありません。

だからこそ言います。アンソニー・ロビンズの中心にあるものは分け隔てない愛だと。

今回はマネーリテラシーに関する記事でしたが、アンソニー・ロビンズはお金の教養を身につけるときに重要になるのが愛だと説きます。

理由はすごく簡単です。

人に対する愛がないと、お金に対する愛が生まれないからです。

何のためにお金を稼ぐのか、運用するのか、また育てるのか、それが明確になっており、イメージが固まっていないと、どれだけお金を稼いでも泡と化します。

このUPWUnleash The Power Within)では、アンソニー・ロビンズの中心にある愛とお金の教養を深く体験できるものです。

参加することで人生の転換点になる人も多いと思います。

一人でも多くの人が、人生をよりよく進化させる瞬間に立ち会えることが、弊社の喜びです。

当日お会いできることを楽しみにしております。

アンソニー・ロビンズの学びを直接受けるなら今すぐここから!
最終更新日: 2021/08/20 公開日: 2021/08/23